2018年10月30日

口が滑った?墜落したインドネシア飛行機が見つからない!

口が滑った?墜落したインドネシア飛行機が見つからない!


ここのところ世界中で色々な事件や事故などが目白押しです。

ブラジルでは第二のトランプと言われる大統領が誕生したかと思えば、ドイツではメルケル首相が引退表明しました。

また日本では突然のようにテロリストから解放されたジャーナリストの自己責任について話題になったと思ったら、戦時中に工場に動員された韓国人の元徴用工4人が、新日鉄住金に損害賠償を求めた訴訟で、韓国の最高裁が、同社に1人あたり約1千万円を支払うよう命じた判決が出たとのニュースが飛び込んできました。

一方で世界中の株式市場がいかにも低め低めを目指して、予定調和のごとき乱高下も目立ちます。

今何かが変わろうとしていると直感ですが感じます。
しかし事実は何なのか、どんな因果関係があるのか?わかりません。

やはり、いま世界で起こっている不条理な出来事は悪徳権力者たちの最後のあがきがだと思えます。

アメリカではトランプ大統領の信任投票といわれる中間選挙が迫る中、事件が頻発しています。

先日にはオバマ前大統領や、トランプ政権に批判的なCNNテレビなどに爆弾を送りつけたとして、トランプ大統領の熱烈な支持者とされる男が逮捕されました。

なんかすぐばれるヤラセだよね!とぷんぷん

OWNER-PC - punn.jpg


さらには、中米・ホンジュラスなどから、7,000人以上といわれる移民の大集団が、アメリカを目指して北上していて、トランプ大統領は国境封鎖のために軍を出動させるとか、つい先日にはユダヤ教礼拝所への銃の乱射事件なども起こっていています。

これらのことはいつものアメリカ奥の院たちによるでっち上げフェイク事件の可能性が大です。
何しろ中間選挙でトランプ氏にダメージを与えたい連中はいまや何でもありの最後の悪あがきだと思えるからです。

一方わが国総理に置かれては、もういったい何をしているのか単に右往左往し敵も味方も一緒くたにして、単に金をばらまき気が狂ったとしか思えない外交もどきをしていますね。

敵であるトランプにも尻尾を振り、中国の習近平氏には薄ら笑いで握手をしながら、事実無根の三原則などと平気で国民には嘘をついたことを外務省から否定されたり、国会では野党から「憲法を理解しているのか?」と問われへらへらするしかない、痴呆症一歩前の安倍でんでんです。

たまたま今日の午後もテレビ朝日の情報番組を見ていたら、飛び立ってから10分ほどで音信不通になり墜落したとされるインドネシアの飛行機は、墜落した海付近の捜索にもかかわらず、機体が見つかっていないと女性アナウンサーが話していました。

「いくらなんでもあんなに大きな機体が見つからないはずはないので、おかしいですよね?」とは言いませんでしたが、妙に納得がいかない風なのです。

確か以前にもマレーシア航空機が墜落したまま、いまだに発見できない飛行機事故の謎が話題になっていました。

いったい何が起きているのでしょう?

考えられるのは、
事故は嘘でそれらしいフェイク映像だけ流して何かを隠そうとしている。

本当のところは事故を装いながらどこかほかの場所に隠された。
もしくは攻撃され、跡形もないほど木っ端みじんに爆発されてしまった。

でもなぜ?

悪徳権力者たちに都合の悪い情報をしゃべるかもしれない人物が搭乗しているか、もしくは証拠品などがあったのでしょうか?

やはりさっぱりわかりません。
しかし事故に巻き込まれた罪もない人たちやその家族は一体どうしたらこの理不尽を乗り越えられるのか、本当に気の毒です。

こんなわけのわからない理不尽な世界が一刻も早くなくなるように、もはや祈るしかないのでしょうかね。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:50| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

(続)米軍はトランプと米国を悪徳権力者から守っている!?

(続)米軍はトランプと米国を悪徳権力者から守っている!?


ところで皆さんもご存じの南北朝鮮の平和が実現する条件は、朝鮮半島からの核廃絶です。
そうであるなら核装備を持つ米軍も韓国から撤退するのは自明の理です。

たぶん次回のトランプ大統領、カリアゲ君の二回目の首脳会談時には既に米国の中間選挙の結果が出ていますから、トランプ大統領の信任が行われれば、一気に米軍の撤退と核の廃絶に向けた具体的な道筋が見えるのではないかと思います。

ところが一方で、いま各国から批判されている、アメリカとソ連の冷戦終結の象徴と言われた中距離核全廃条約をトランプ大統領が破棄するというニュースがあります。

シロートの私には、一瞬平和を目指すトランプ大統領はなぜ軍縮に逆行することをするのだろう?と思ってしまいました。

漏れ聞こえてくるのは、あくまでもロシアとの二国間の条約である中、ロシアが条約違反をしているので、不公平だということと、中国やイランなど他国がどんどん中距離核兵器の開発・装備を進めており、安全保障上この条約に縛られていてはまずいとの判断からだ、とも言われているようです。

最も、悪徳権力者たちに対抗し、自力で国を守るためには、まず自国ファーストに徹し、ロシアはもちろん中国もそしてイランなども軍備を固める必要性はあります。
そして米軍に守られているトランプ大統領も自国を守るためにも、軍はもちろんアメリカ奥の院の仲間である軍産企業ともある程度協力体制を保たなければならないのでしょう。

しかしどちらにしてもこれまでの世界中の紛争や戦争は悪徳権力者たちが仕掛けてきたことで、彼らがこの世から消えれば、世界は最低限の自国防衛で大丈夫なのです。

いつの時代も旧権力と新権力の交代時には理屈よりも力、暴力がお金とともに必要なのでしょうね。ヤクザの抗争と基本何もかわりません。

仁義なき一般人も平気で惨殺する悪徳権力者のほうが究極の悪!とぷんぷん

ぷんぷん31日4.jpg


そもそもアメリカ奥の院たちやヨーロッパのお歴々たちは世界中で、理不尽な戦争や紛争をCIAやMI6などの情報機関を使って起こしてきました。

他国のエネルギーを盗んだり、他国の金融、経済を自在にコントロールしたりするため、世界中の手下のメディアを使ってうその情報や価値観をばら撒まいて、他国の富を奪ってきました。日本が買わされている膨大な米国債など返済する気がありませんしね。返済してもらえば消費税なんか0%でおつりが来ます。

時には人種間や宗教上の軋轢を意図的に煽ったり、民主主義という名の幻想を植え付けたり、環境問題をでっちあげたりと、自分たちに都合のよい世論を大手メディアによって創造し、世界中を支配してきました。

しかし、冷静に考えれば、誰も世界の警察などと言いながら世界中に争いの種をまき散らすこれまでのアメリカ主義的なものを望んでいないこと、むしろ人々の善意や助け合い、そして共存といった価値観を否定してきました。

戦争という儲かるビジネスのために死んでいった多くの兵士やその家族、また大義ない戦争を指揮してきた軍人たちもいい加減うんざりしているはずです。

国防上必要な軍備と他国を征服する軍備では考え方も他国への脅威も全く違います。

悪徳権力者たちは金融やメディアで優位に立つだけでなく、自在に世界をコントロールするための軍を利用していたにすぎないということをアメリカの軍関係者は悟ったのだと思います。

ですから世界中に展開しているアメリカ軍は、他国の安全を守る世界の警察という理屈でしたが、実態は支配、監視しているにすぎません。

日本もそうです。

これだけ原子力発電所が多い日本を葬ることは非常に簡単です。
通常兵器のミサイルをぶち込めば一瞬で日本は終わります。

しかしそんなことをしたい、それほど日本を憎んでいる国があるのでしょうか?

もしいるとすれば、原爆を二度も落とし日本を占領したアメリカ奥の院だけです。

やったらやり返す、冷酷な人種であるアメリカ奥の院の連中は、自分たちと同じように日本人はいつか必ず自分たちに仕返しするはずだと、内心疑っているのだと思えます。

彼らは人間の仮面をかぶった悪魔なのですね。

こんなとんでもない悪徳権力者の正体をさらして裁判にかけようとしているのがトランプ大統領です。
何としても、今度の中間選挙を乗り越えて、ぜひ世界中からアメリカ奥の院およびヨーロッパのお歴々を追放してほしいと願っています。

そのためには何としてもケネディ元大統領のようにならないように、CIAやFBIなどの暗殺計画は米軍に、大手メディアによる人格攻撃などからはメディアリテラシーに目覚めた国民とネットジャーナリズムに頑張ってもらいたいと思うのです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:04| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

米軍はトランプと米国を悪徳権力者から守ろうとしている!?

米軍はトランプと米国を悪徳権力者から守ろうとしている!?


前回のブログに

「でもどういうわけかトランプ氏の暗殺が起きないのが不思議ですが、CIAやFBIよりも強力な用心棒がいるのでしょうかね。

米軍?」と書きました。

昔から悪徳権力者の金融力の源泉である連邦準備制度理事会や軍需産業の利権を正常な国の機関として取り戻そうとした政治家は必ずスキャンダルや暗殺の対象でした。

ですから「長いものには巻かれろ」を合言葉にほとんどの政治屋や厄人は、自分の保身のために、国民のための為政にはほっかむりを決め込んで、蓄財や出世競争に明け暮れていたため、アメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々がのさばって来ました。

しかしトランプ大統領を選んだアメリカ国民の多くは大惨事となった9.11をきっかけに、大手メディアが報じていたニュースのウソに気づき、ブッシュやクリントン、そしてその背後にいるロックフェラーなどの悪徳権力者たちの存在とその正体の恐ろしさを実感したのです。

1%の悪徳権力者サイドの大金持ちがこの世の春を謳歌している一方で、相も変わらず金融システムをコントロールされ、世界各地で憎まれる戦争もどきによるアメリカへの批判や国内のテロリスクなどの実態にうんざりというよりも、恐怖を感じているのだと思います。

また、戦争の悲惨さや怖さを一番実感しているのは軍人です。

後方の安全なところで軍需産業の天下りや利権を享受している一部の制服組や政治屋たちとは違い、実際に戦地に出向き、24時間、日々恐怖と戦っている兵士やそれを指揮する司令官などが一番戦争、特に大義のないビジネス戦争を忌み嫌っているはずです。

そんなアメリカ軍の多くがトランプ大統領の戦争反対の姿勢を支持するのは当然です。

米軍内部でも悪徳サイドの軍人の抵抗はあるだろうけどね!とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


沖縄の海兵隊がグアムへ移転する計画が日本サイドの軍事ビジネス利権に巣くう、自民党の清和会や高給役人どもの強烈な反対でつぶされました。

しかしいまだにこの事実を多くの日本人は知りません。アメリカのせいだと信じています。

先日の沖縄県県知事選を含め、先日の那覇市市長選挙など自民党は三連敗、しかも惨敗しましたザマアミロ!です。
沖縄から日本の支配構造が明らかになり、現状を打破する動きがますます大きくなる予感がします。

話を戻しますが、せっかくアメリカ軍のグアム移転の動きをアメリカからの真の独立を目指すタイミングとして捉え、沖縄の基地を県外に移すとした当時の民主党の鳩山総理大臣はメディアから総攻撃を食らいました。

ほとんどの日本国民はメディアに騙され本当の事を知りません。実態は、中国や北朝鮮の脅威をあおり、しかも日米安保を背景にアメリカの要望だと平気でうそをつき、自分たちの利権を守ったのが自民党清和会系の政治屋や防衛省の一部、三菱などを中心とした軍需企業どもです。

戦争ビジネスの分け前をアメリカ奥の院からもらい続けるために、そして安倍でんでん悪徳・犯罪一味にとって目障りな民主党政権をぶち壊すことにまい進した、大手メディアの売国報道でした。

とくに最近では殊勝なトーンでテレビに出まくっていますが、読売新聞の橋本五郎、朝日新聞の星浩、毎日新聞の倉重篤郎、日本経済新聞の原田亮介などは売国奴そのものです。民主党代表候補公開討論でも小沢一郎候補へのまるで悪人に対する尋問のような、やくざのごとき無礼な質問をしたのをテレビで見て唖然としたのをいまだに強烈に覚えています。
続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 11:27| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする