2019年05月27日

ジジイ達よ!たまには書を捨て町に出よう

ジジイ達よ!たまには書を捨て町に出よう


昨日12時から知人が主催する「キレイな日本人プロジェクト・カンタン味噌づくり」&「食の感謝祭」というイベントに参加しました。

味噌つくりIMG_1222.JPG

自分に付着している常在菌で味噌を作るという趣旨で、主催の一人 城さんがご用意いただいた味噌つくりのキットのようなもので作りました。まず塩と米麹をジブロックの中で丁寧に混ぜ、その後ゆでた大豆を投入し豆をつぶしていき、最後にカビが生えないようにしっかり空気を抜き、完成。あとは自然発酵で数か月待つ、というものです。
作業は豆をつぶすのが結構面倒でしたが、一番難しかったのは空気を抜く最後の工程でした。ジジイとしては頑張ったのですが、疲れて中途になってしまいました。
しかし時々発酵の様子や味噌の変化を見るのは興味深く、数か月後の味が楽しみです。
城さんたちは10000人の参加者を目指すそうです。興味のある方は⇒ カンタン味噌つくり10000人プロジェクト

午後2時過ぎには、お誘いくださった食の感謝祭を主宰する村上さんと宮崎(間違えていたらごめん!)さんが用意してくれた、有機野菜を中心にとてもおいしい料理を頂きながら参加者との交流がありました。
味噌つくり2IMG_1231.JPG

村上さんも次回は、6月2日13時から南アフリカのワインや食など大使館の人たちも交えながら異文化交流イベントを予定しているそうで、興味がある方は前回の様子の紹介をご覧ください⇒ 食の感謝祭
         

今回のイベントを主催するのは女性たちです。とてもフレンドリーでフェイスブックで様々な人とつながり、とても軽やかな方々です。
ぜひイベントに参加することをお勧めします。

参加者の中で男性は私と大学二年生の二人でした。

みなさん参加動機はいろいろで、病気や健康などさらには日本の食文化など、男には気が付かない視点や熱心さをお持ちでした。そんな中、私は目の前の美味しいものを食しながら、つい「ビールはないの?」と口走る始末でお恥ずかしい限りでしたが、とても和やかでしかも興味あふれる話を聞くことができました。

参加人数が十人ほどというのも、気持ちや関係が近くなりとてもいい規模だと実感しました。
効率の良い講義式のイベントなどが企業では多いのですが、やはり本当のコミュニケーションや理解を図り、実感を持つためには規模というのが重要だと再認識した一日でした。

世間ではトランプ大統領の来日の話題でいっぱいですが、たぶん新天皇に会いに来ただけでしょうから大したニュースはありませんね。

寺山修二の言葉ではありませんが、たまには本やネット世論などはわきに置いて、町に出ると、いろいろな人と出会い過ごすことの良さを実感できます。

特に女性の行動力、実践力には本当に頭が下がり、文句ばかり言っているジジイの一人としてはとても刺激を受け、そして美味しい日曜日に感謝した次第です。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 13:13| Comment(4) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

続 報道という言葉が死語になってしまった日本

続 報道という言葉が死語になってしまった日本  


俳優の佐藤浩市氏が映画における総理の役作りに「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。」と話したことへ、その筋が烈火のごとく怒り批判したことが注目を集めているとネットメディア リテラが報じていました。

まさに誰かさんそっくりな想定に、本当のことを言われて似非右翼の産経新聞記者や作家の百田某、幻冬舎の見城某、そしてさもしいお調子者のホリエモンが佐藤浩市氏を罵倒したのですが、この事態にブログやツイッター等で言論人や俳優、映画監督などが反論しています。

ネット上には既存メディア以上に安倍でんでん悪徳・犯罪一味の応援団を凌ぐ、多くのまともで素晴らしい言論人が存在しています。しかし残念ながら、多くの日本人はまだまだネット世論に接することが少なくそのことを知りません。

さらに悪いことに、大手メディアでは国民サイドに立った素晴らしい見識を持った言論人はほとんど排除され、安倍でんでん悪徳・犯罪一味の応援団である文化人や言論人を装った連中が重用され、安倍でんでんを必要以上に持ち上げ視聴者を洗脳しています。

しかし一方で、皆さんもよくご存じの以前は全国紙の一角を占めていた産経新聞は、売り上げの落ち込みから、というよりもあまりにもひどい編集方針がたたり販売維持ができなくなり、全国紙の看板を下ろしました。

これからは安倍でんでん悪徳・犯罪一味のためのカルト新聞を目指すようですが、いずれ消えてしまうのは目に見えています。
ご愁傷さまです。しかし日本国民には朗報の一つです。
できれば多くの日本人がなぜ産経新聞は潰れそうになっているか?ということを考えてほしいですね。


さらにいい兆候が続いています。

ここに来て、悪徳・犯罪の限りを尽くしまるで日本を劣化させ、亡国の悪事にまい進するた安倍でんでん命の連中ですが、さすがにそのあさましい素性が炙り出され、綻びが出始めました。

先日の池袋母子ひき殺し殺人運転者 元高給厄人飯塚幸三への国家権力やメディアのあまりの見え透いた忖度が、上級国民という言葉を生み出し、スルーしたい既存メディアもさすがに多くの国民が関心を持っていることに気づき、またネット世論を無視できなくなり、事件の状況を放送し始めました。

これもとてもいい兆候です。

いくらお人よしで穏やかな人たちでも、人を殺しても肩書や経歴でその罪が問われないのはおかしいと感じるはずです。

???と自問し始めた証拠です。

なぜ?どうして?とは子供だけの特権じゃないよ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0027.JPG



自分ごと化できる出来事、事件はやはり貴重ですね。

前年には元検事が白金で同様に人をひき殺したのに逮捕されていません。また「総理」というヨイショ本を書いた元TBSの強姦男山口某なども逮捕を免れています。そのほかにも似たような事件は多々あります。

しかし多くの国民は大手メディアが報じてこなかったことで知るに至らなかっただけです。

どだい無理筋なのです。

バカはバカなのですからね。

いくら周りが担いでも、また隠そうとしても、自らほとばしるような、下品さや無教養、不勉強を自慢げにアピールしてしまうのですからね。

周りが「よいしょ」をすればするほど本人とのギャップがひどく、鈍感な人でも気が付いてしまいます。
どんな育て方をしたのか、親の顔を見てみたいものです。

大手メディアの牙城を崩すのは至難の業ですが、先日の安倍でんでんのお仲間である維新の会の丸山某の戦争容認発言はロシアの知るところになり、さすがにかばうことができずメディア報道せざるをえない状況に追い込まれています。

この件もいい兆候です。
なかなか自分事として実感できないテーマかもしれませんが、戦争放棄を憲法で謳っている国の国会議員にふさわしいのか?という点だけでも疑問や関心を持つ機会になればいいなあと思うのです。

きっとこれからいたるところで大手メディアも無視できない状況が出てくるはずです。
策に溺れるというよりも、それほど賢くない連中しか安倍でんでん悪徳・犯罪一味には人材がいないということなのでしょう。

しかも決定的だと思う、いや思いたいのですが、もうすぐ日本人もアメリカ国民がトランプ大統領を選んだ時のように、大手メディアのウソ、ペテンに気づく事態が起きます。

それはアメリカでは旧支配者たち(安倍でんでん悪徳・犯罪一味の親分たち)の不正・悪徳の実態が浮き彫りになり、バー司法長官により証拠に基づいた法の裁きが始まるといわれているのです。

そうなれば芋づる式に安倍でんでん悪徳・犯罪一味に連なる日本の司法・立法・行政、そして大手マスコミなどのウソ・悪徳も必ず露見します。

そして一気に日本人も覚醒します。
続きます
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 11:48| Comment(2) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

報道という言葉が死語になってしまった日本

報道という言葉が死語になってしまった日本


以前、「報道と書いて 道に報いると読む」というタイトルでブログを書きました。

報道とは単に物事を知らせるだけでなく、

「人の道に報いる」

という使命があるから、やりがいのあるそして尊い職業であり、一般の人にとってなくてはならないものであると。

その筆頭が公共放送を標榜するNHKだと思っていました。

専門家でもなくまた知見も情報も少ない私たちに代わり、生活に必要な情報はもちろん、国民にとって重要な政治や行政について、しっかり国民に寄り添ったわかりやすいニュース、解説を放送するのがNHKの最も優先される仕事のはずです。

ほとんどの国民はそう思い信頼して受信料もほとんどの人が払ってきたのです。

しかし現在は司法、立法、行政の報道に関しては、全く国民不在の、極論ですが政権の宣伝機関と化し、ウソ、ねつ造、不平等のオンパレードです。

最近でも池袋での母子二人をひき殺した飯塚幸三、覚せい剤使用の経済産業省キャリア西田哲など、取材対象が元・現高給厄人というだけで、ごまかすがごとき、腰の引けた報道姿勢であり、ニュースとして扱いもしない大手メディアもあります。

覚せい剤がらみの芸能人について、「もういいよ」というぐらいとことん非難し時間を割くのに、本当にうんざりです。

私などNHK7時のニュースを見る時は「今日はどんな嘘を放送するのか、何を隠そうとしているのか」などをチェックするために見るようなものです。
ところで、実直そうな男女のアナウンサーたちは実態を知っているのでしょうか?知っていて放送しているとすれば大した玉です。

何度もこのブログで書いていますが、NHKが本来の公共放送の務めを果たせば、安倍でんでん悪徳・犯罪一味の犯罪などすぐに露見します。
また世界の権力構造や動向なども多くの国民はすぐに理解できるのです。

その力があるのにやらないNHKは百害あって一利なしです。

実直そうな に〜ちゃんとね〜ちゃんで誤魔化すイヤラシサ!とぷんぷんOWNER-PC - IMG_0151.JPG



ジャーナリストとは好奇心旺盛で知識と行動力があり、しかも童心のような純真さを持ちながらも権力に動じない人しか務まらない職業だと思っていました。
今でも東京新聞の望月記者などその代表だと思います。

彼らは、様々な分野の専門家ネットワークやこれまでの情報資産を駆使し、取材によって事実を突き止め、我々にわかりやすい記事を書き世論を盛り上げてくれます。

特に権力に対しては常に監視の目を忘れず、場合によっては身の危険を冒してでもジャーナリストとして真実を追い求め、まことに頼もしく、またそれがゆえに尊敬の念を抱かせる職業だと考えるのです。

しかし、今はどうでしょう。

大手メディアは今では単なる安倍でんでん悪徳・犯罪一味の太鼓持ち、宣伝・洗脳機関に成り下がっています。

「今だけ、金だけ、自分だけ」の風潮を戒めるどころか、吹聴しているといっても過言ではありません。

しかしちょっとした吉兆のサインも出てきました。
続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:33| Comment(2) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする