2019年06月25日

トランプ大統領「アメリカ奥の院と手を切り、自立・独立せよ日本人!」と

トランプ大統領「アメリカ奥の院と手を切り、自立・独立せよ日本人!」と


今日通信社のブルームバーグがトランプ大統領の二つの重大なメッセージを伝えています。

一つは、日米安全保障条約の破棄について検討していることを側近が漏らしていると。

もう一つは、今回のイランとの一発即発の事態に対し、日本を含め各国は自分の国のタンカーは自分で守れ、と述べています。

まさに風雲急を告げる出来事です。

どちらも、先年なくなったロックフェラーを中心とする、アメリカ寄生虫悪徳・軍産集団であるアメリカ奥の院と、ロスチャイルドを中心とした悪徳金融ロイヤルファミリーのヨーロッパのお歴々という、二大勢力による世界支配から出しよう、というメッセージだと受け取りました。

トランプ大統領はビジネスマン出身らしく、事をコストパフォーマンスで評価しているようにも見えます。

確かになぜアメリカが世界の警察官として自負し、もめ事に顔を突っ込んで、自国の若者が犠牲にならなきゃいけないのか?
その人的ロス・軍事費を他国のために出さなきゃいけないのか?おかしいだろう、というのはもっともです。
もちろん表向きの理由ですけどね。

トランプ大統領は聖人君子ではもちろんありません。がしかしやはり本当の狙いは、いままで一番儲かる悪徳ビジネスで、我が世の春を謳歌してきた悪徳連中の世界構造を破壊しようとしているのだと思います。

彼のいうアメリカンファーストとは一部の悪徳連中の利益ではなく、多くのアメリカ国民にとっての利益、大事なことは何か、という強烈な理念を込めた言葉だと思います。

喧伝されている保護主義や単なるエゴという意味ではないのです。しかし既存大手メディアは彼を貶めることに必死で、本当のメッセージの解釈を捻じ曲げています。

世界平和のための戦争などありえません。

これまでのアメリカの支配者たちが行ってきたアフガン、イラク、クエートなどはその代表的な事例です。
支配下の主要大手メディアを総動員し嘘をでっちあげ、戦争をおこなってきました。

CIAなどのアメリカ奥の院は今もシリアやベネズエラで性懲りもなく同じ手口でやっています。
このあたりの事情はまだまだ既成勢力と正面対立に至っていないのでしょうね。ロシアのプーチン大統領や中国の習近平国家主席に任せているように思えます。

ところで、先日イラン攻撃10分前にトランプ大統領は中止の命令を出しました。
このことも今までのアメリカではありえなかったことです。

悪徳サイドのボルトンたちは戦争を始めたくてうずうずしていたようですが、国防省が止めました。

トランプ大統領は無人の偵察機を破壊されたアメリカの損失と比較して、攻撃した時のイランの犠牲が150人以上出ると国防省から聞いて、150人も死ぬような攻撃はイーブンではないと、攻撃を中止したと聞きます。
これもまるでビジネスマンの損得のように伝わっていますが、本音は戦争拒否が大きな理由のはずです。

これまでのアメリカ大統領では考えられない快挙です。

アメリカ奥の院たちにとっては暴挙なのでしょうね。

ザマアミロ!とぷんぷん

IMG_0038.JPG


以前、なぜアメリカ奥の院を敵に回してケネディ大統領のように暗殺されないのか、不思議でした。
しかしその理由がはっきりしました。
ビジネスのための戦争にうんざりした国防省の軍人たちが、トランプ大統領を守っているのだということが今回の件でよくわかります。

いくら金や名誉をアメリカ奥の院に用意されても、自分たちは安全なところでただ金儲けのためだけの戦争を命令する悪徳のアメリカ奥の院たちや、そして世界各国でアメリカへの憎しみの連鎖しか生まない戦争にとことん嫌気がさしたのだと思います。

国を守る栄誉だと大手マスコミや利権政治家が持ち上げて世論を作ってきましたが、911以降ネット世論が発達したことで、多くのアメリカ国民は、自分たちの国の実態に気づきました。特に戦争に関しては、自分の家族である息子たちが戦死するだけでなく、相手国の罪のない人を殺し、テロの連鎖を生む、まことに最悪のビジネスモデルだと理解しました。

日本も、アメリカ奥の院の手下で、言いなりの安倍でんでん悪徳・犯罪一味がのさばっている限り、これまでのアメリカ国民と同様に利用されて国富を奪われ、しまいには自衛隊が戦争に駆り出されていくことになるだけです。

NHK含め大手日本メディアもアメリカ奥の院の仲間ですから、アメリカ奥の院が牛耳るアメリカとトランプ大統領が目指すアメリカの姿は似て非なるものであることを報じません。それどころか自分たちに都合のいいように脚色し、トランプ大統領を貶めるフェイクニュースを垂れ流しています。ですから国際政治に関心のない日本人にはとても分かりにくい状況が続いているのです。

そういえば、トランプ大統領を貶める第一人者で、アメリカ奥の院の大物ソロスが、次の大統領に対し、超富裕層に対する富裕税を提案という記事をフォーブスが報じていました。

「米国は道徳的、倫理的、経済的に我々の資産にさらなる課税を行う責任がある。富裕税による税収は気候変動対策や公共衛生の改善、経済の発展、公正な機会創出に向けて用いられ、米国の民主的自由を強化する。新税の導入は、我々が一丸となって望むものだ」
まあ歯の浮くような話をぬけしゃあしゃあと言うものです。

道徳、倫理、責任、公正、民主的自由など、これっぽちも思ってもいない真反対の言葉、どこかの首相と同じ人種ですね。

いよいよ自分が危なくなってきたからトランプ大統領にすり寄ってきたのか、それともあまりの悪評が堪えたのか、いろいろ動きがでてきました。

今夜以降の日本のメディアでの田崎ジジイとか早稲田の中林ババアとかどんな戯言をいうのでしょうかね。

このようなニュースを聞きますと、G20で何か起きそうな予感がしてとてもワクワクしているのですが、どうなりますやら。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 18:09| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

YOUは何しにイランへ?

YOUは何しにイランへ?


41年ぶりの首相訪問と相も変わらず選挙前のパフォーマンスとして「もめているイランとアメリカの仲立ちができるのは安倍首相だけだ」とお仲間のメディアに持ち上げてもらい、ハメイニ師と会談した安倍でんでんでしたが、その会談の最中に我が国のタンカーが何者かに攻撃され炎上するという事件が起きました。

思い出すのは、イスラエルを訪問した時、第二次世界大戦中にナチス・ドイツの迫害から逃れてきたユダヤ人に無条件でパスポートを発給した、世界的に著名で称賛されてきた杉原千畝氏の記念館でいつものように名前をうろ覚えで間違えて恥をばらまきました。
極めつけは、会食のデザートが靴に盛られている様子が放映され、世界から嘲笑されたことです。アラブでは靴は相手を侮蔑するときによく登場します。

しかし、今回はこともあろうに世界中が注目することになる、日本のタンカーへ攻撃をされたのですから、レベルが違い、もう何をか言わんやです。

「一体あんたは何しに行ったの?」
「外交の安倍?」

消費税10%、アホウ罪務大臣の「年金なんぞに頼るな」発言、そして今回のイラン訪問です。


これだけ国内外でバカの極致をやっても今度の選挙に勝つことがあれば、インチキ選挙以外考えられないと断言できます。

バカもここに極まれり!です。

なんも考えていない、というより考えることができないのです。

今回のタンカー攻撃に対して、
アメリカは「イランがやった!」「さあ、戦争だ!」とはまだ言っていませんが、これは明らかにアメリカ奥の院の残党が仕組んだ事件ですね、確実です。

ご丁寧にイラン工作船とする、非常に不鮮明な映像をニュースで流していました。こちらも毎度おなじみのCIAの作法にしか見えません。

何しろこれ以上世界中で戦争が勃発しなければ、軍事ビジネスが遂行できずアメリカ奥の院たちは干上がってしまいますからね。
ロシアや中国をいくら煽っても肩透かしを食らっていますし、北朝鮮もマッチポンプの敵役から引退を決めました。

ところで本当にトランプ大統領の意図はわかりにくいですね。

何しろ近々トランプ大統領によるアメリカ奥の院たちの一網打尽が始まるともいわれているのに、まるでアメリカ奥の院の意向に沿っているように見えます。

世界の権力闘争はわからん!とぷんぷん

IMG_0106.JPG




ただ一方では、このようなアメリカの態度に業を煮やしたイランは中国やロシアに益々近づくことになり、アメリカの孤立を深めてしまいます。

どうもトランプ大統領は意図的にやっているようにも見えるのです。

つまり真の狙いはアメリカ奥の院の世界支配体制をつぶすために、各国のアメリカ離れを促進するようにあえて様々な軋轢を起こしているのではないか、と思えるのです。

裏ではロシアのプーチン大統領や中国の習近平国家主席それにイランのハメイニ師と気脈を通じていて、アメリカ離れ=アメリカ奥の院体制の崩壊を狙っているのかもしれません。

実際のところは全くわかりません。

そんな世界情勢もわからず、本来は敵対するはずのトランプ大統領に尻尾を振り、頭のねじが2,3本足りないくせに、イランのハメイニ師に得意げにトランプ大統領の平和的意向を伝えたとのことです。

しかし、平和的にと言いつつ、すかさず日本船籍のタンカーへの攻撃はイランがやったとアメリカが公言するのですから、
でんでんは「一体どうなっているの?ぼくちゃんわからない???」な状態なのでしょうね。

ハメネイ師は安倍でんでんの伝言ゲームは無視し、アメリカとの対話を拒否、さらには安倍でんでんが「アメリカはイラン革命体制の転覆を望んでいない」と話すと、「それは嘘だ」と反論するわけです。

普通は外交上相手をおもんばかって、言葉を選ぶと思いますが、直球で安倍でんでんの言葉を否定しています。さらに、会談後にハメネイ師はツイッターに「トランプ大統領は意見交換するにふさわしい相手ではない。私からの返答はないし、答えることもない」と、怒っています。
当然ですよね。

また、仮にも来賓国の首相が来て会談しているときに、相手国のタンカーを攻撃するなんて宣戦布告と同じです。日本とイランの石油ビジネスは非常に重要なのです、そんなことをするはずもありません。

もし額面通りアメリカの国務長官の言葉に従うなら、イランの行為に対して安倍でんでんは毅然とした態度で対応する必要があります。
しかし、もしアメリカの陰謀であるなら、トランプ大統領に真意を問いただし、後日何らかのメッセージを国内はもちろん世界に向けて発しなければならないはずです。

ただ何事もなかったようにへらへらと帰国する姿を見るに、まことに情けないことですが、安倍でんでんは全く蚊帳の外です。
各国の大手メディアからも役立たずと報じられていますが当然です。

中東やイランとの長年の友好関係という財産をぶっ壊し、世界中から嘲笑される「外交の安倍(爆笑)」にこれ以上日本という国を傷つけられないように、今度の選挙では、はっきりとNOを突きつける必要があります。

ところで、なんの根拠もなく単なる直観、妄想なのですが、少し期待していることがあります。

今度の日本が議長国のG20で何かトンデモナイ事態に安倍でんでんが陥り、政権与党がぼろ負けするような予感がしていてちょっと待ち遠しい気持ちがあるのですが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 18:52| Comment(2) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

消費税10% 参院選は不正選挙で確定

消費税10% 参院選は不正選挙で確定


今度の参院選に向けて自民は予定通り消費税10%の増税を公約として発表しました。

驚きです。

財務省にとてつもない借りを作ったことで断れなかったのでしょうか?

これだけ不景気が続き、大手企業以外はみな生活や将来に大きな不安を感じています。今度の消費税増税が決定すればさらにどん底の生活になるのは目に見えています。当然生活防衛上消費を控えますから、景気はますます悪くなり、中小、零細企業も青色吐息で倒産が激増する可能性が高いです。

収入の多寡にかかわらず、国民全員の消費活動に課税されるのが消費税です。収入がゼロの人からも強制的にむしり取ります。

そんな状況で選挙に臨めば常識で考えれば、与党は多くの議席を失うのは目に見えています。ましてや前回のトランプ大統領との密談で、選挙後農産物への関税廃止もばれましたから票田の農家からの票も激減するはずです。

そんな四面楚歌の中で増税するというのは、なぜ?

議席を多く失うとしても参院であれば実質問題ない。それより増税せずに財務省を怒らせれば、これまでの不正をばらされ、刑務所に入らなくてはいけないからまずい、と考えているのか?

確かに森友、加計事件をごまかす為、国の公文書の改ざん、隠蔽、うその国会での答弁など、財務省は安倍でんでん夫婦を守りましたからね。

しかし、当落線上の有象無象の与党現議員たちから、なぜ反対が起きないのか不思議でしようがありません。

きっと何か裏がある!とぷんぷん

IMG_0096.JPG


やはり伝家の宝刀 「不正選挙により議席はなんとでもなる」そんな風にたかを括っているのでしょうか?

何しろ国会でさんざん嘘をつき、公文書や国家の基幹データの改ざんを平気でやる連中です。

政権支持率が5割以上というウソを平気でマスコミに命じて垂れ流している奴らが、選挙だけはまともに運営しているとは、到底思えませんよね。

先日はいまの年金では老後は生活できないから、2000万円を貯めるように、とアホウ罪務大臣以下金融庁の厄人たちが言い放ちました。

また最近では役人たちとの打ち合わせ議事録も廃止してやりたい放題です。

もう、彼ら安倍でんでん悪徳・犯罪一味は完全に開き直っているとしか思えません。

マスコミを抑えていますから、ネット世論に触れない多くの無関心層は政権の悪徳・犯罪の実態を知りません。

プレスリー猿真似の小泉および売国詐欺師竹中の頃から誠に酷い自民党ですが、衆議院とマスコミさえ押さえていれば我が世の春を謳歌できると安倍でんでん悪徳・犯罪一味は得心しているのですね。

そんな中、今度の参院選で我々にできることとは、いったい何があるのでしょうか?

まずは今度の参院選では自民、公明、維新などには投票せず、れいわ新選組や共産党といった国民目線の野党に投票する。
併せて不正選挙ができないように「開票作業は手作業に戻せ!」「不正選挙はやめろ!という大規模なデモを参院選前に実施するぐらいしか思いつかないのですが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:56| Comment(2) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする