2019年08月27日

オリンピック、放射能、消費税 全ては安倍でんでん悪徳・犯罪一味 A

オリンピック、放射能、消費税 全ては安倍でんでん悪徳・犯罪一味 A


まだまだ暑さは続いていますが、朝晩はだいぶ楽になり、秋の気配が感じられ、昨日は夜虫の音が聞こえてきました。

前回来年のオリンピックは東京殺人オリンピックと汚名を着ることになりかねない、と書きました。酷暑と湿度で選手だけでなくボランティアからも、このままだと熱中症で死人が出る最悪の事態になると。

しかし問題はそれだけではないようです。

先日、オリンピックのボランティア検討委員会の「早朝に行われる競技については、ボランティアの会場入りが始発の交通機関でも間に合わないため、終電での会場入りを想定。その場合は待機時間が見込まれるため、ボランティア同士の交流機会や、士気を高めるような取り組みを検討していく」という発表があり、
「寝かせないのか!」「国家総動員法の再来!」などとネットでは批判が沸き上がりました。

やっと今日になって朝日新聞も取り上げましたね。

「東京五輪で早朝に行われる競技のボランティアは終電で会場入り――。来年の東京五輪・パラリンピックのボランティアについての検討委員会で、7月に出されたこんな案がインターネット上で議論を呼んでいる。26日に行われた検討委の後、委員は「できるだけ気持ちよく活動してもらえる環境を整える」と話した。

 「終電で移動」の案が出たのは、7月3日に開かれた第4回の検討委。終了後に取材に応じた委員らが、早朝に行われるマラソンなどを担当するボランティアは公共交通機関の始発では間に合わないため、終電での会場入りを想定していることを明らかにした。待機時間が生じるが宿泊場所がないため「ボランティア同士の交流機会や、士気を高めるような取り組みを検討していく」と話した。

 さらに「暑さ対策は基本的には自己管理」とも言及したことから、ネット上では「睡眠不足のまま炎天下でボランティア?」「徹夜で交流会?」「ブラック企業のようだ」などと疑問や批判が起きた。

早朝に行われる競技については、ボランティアの会場入りが始発の交通機関でも間に合わないため、終電での会場入りを想定。その場合は待機時間が見込まれるため、ボランティア同士の交流機会や、士気を高めるような取り組みを検討していく」
(8月27日 朝日新聞デジタルより)

今からでも遅くないボランティアを返上しろ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


老若男女のボランティア善意をこよなく自分たちのご都合主義で解決しようとするまことに醜悪な大会本部の姿勢・体質がよく出ています。

「今だけ、金だけ、自分だけ」という、まさに安倍でんでん悪徳・犯罪一味の信条がこのオリンピックでも徹底しているのです。

そんなこととはつゆ知らず、来年のボランティア活動をどうやったらオリンピックを見に来る人たちに快適に楽しく過ごしてもらえるか、と今から自主的にシミュレーションしているまじめな人たちがごまんといるはずです。

下手すれば、今年並みの酷暑と湿度であれば徹夜後に一日活動すれば、年配の人だけでなく、若い人でもぶっ倒れてしまいます。

その対策は出来ているのでしょうか?

ただでさえ熱中症で救急車や救急病院が込み合うのに、オリンピック期間中は交通規制もされています。

しかも各国からやってくる諸外国の人たちの母国語は様々で、もし熱中症で倒れたら対応できるのでしょうか?
救急隊員はもちろんですが、運び込まれた病院では外国語を話せるスタッフは十分いるのでしょうか?

公共放送を謳うのであれば、NHKはガンガン報道しないといけないことなのですけどね。

毎日の各国メダル獲得数と並び、各国熱中症患者数がニュースになる史上最低のおもてなしオリンピックとして歴史に名を残すこと請け合いです。
続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:12| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

オリンピック、放射能、消費税 全ては安倍でんでん悪徳・犯罪一味

オリンピック、放射能、消費税 全ては安倍でんでん悪徳・犯罪一味


年のせいか、今年の暑さは本当に堪えます。
確か去年もとても暑かったのを記憶しています。

ネットだけでなく、売国メディアでも来年のオリンピック開催を懸念する記事が出てき始めました。

安倍でんでんが世界に、放射能はアンダーコントロールという大嘘をついてから始まったオリンピックです。大手メディアが、本来のジャーナリズムを発揮して「オリンピックの開催など放射能だけでなく、湿気の多い酷暑の日本では無理、死人が出る!」と警鐘を鳴らし、開催すべきではないと本気で報道していれば、こんな事態にはならなかったはずです。

ここにも「今だけ、金だけ、自分だけ」の日本に貶めた、安倍でんでん悪徳・犯罪一味たちが蠢き日本開催をものにしてしまいました。

明日という字は明るい日と書くのね、とブログに綴り、明るいことへ目を向けようと思ったのはいいのですが、トンと思い浮かばず、この暑さについ連想するのが、来年に迫ったオリンピックは大丈夫なのだろうか?ということです。

スポーツ大好きの私は、世界中から選ばれた最高のアスリートの手に汗握る、だれにも描けないドラマであるスポーツの祭典は、単純に大好きです。

こんだけ暑いとクーラーの効いた部屋でテレビ観戦!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0165.JPG


もちろんこの世界にも、金や陰謀や政治などとてもいかがわしいことが同居しているのは知っています。

しかし、せめて人間の究極の力や技を4年に一度しか見ることができないオリンピックは、100%選手ファーストであってほしいと願うのです。それは選手への最低の礼儀のはずです。

平和の祭典なぞときれいごと、いえ、人間のすばらしさに感動し、世界中が称賛するオリンピックの開催は、世界が平和だから開催できるのですから、そういう意味では確かに平和の祭典です。

そして平和であることを実感するだけでなく、人間のあくなき工夫や努力、そして可能性に心打たれ、未来の希望につなげることができる、まことに素晴らしい祭典なのです。

その主役である選手たちが、4年間ものたゆみない努力を、最高のパフォーマンスで披露するのがオリンピックなのです。

そんな最高のイベントを今のこの時期に日本で開催するのはもはや犯罪であり、選手には非情です。しかもこの暑さの中ボランティアからも必ず熱中症で死人が出るのは確実です。

今からでも中止なり、やるなら室内やドームで実施できる競技だけにし、他はすべて北海道で開催するか、アメリカのテレビ局が文句を垂れようと撥ね付け、時期をずらすべきです。

もしこのまま開催すれば、歴史上 東京殺人オリンピックなる汚名を着ることになると確信しますが、皆さんはいかがでしょうか?

続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:25| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

明日という字は明るい日と書くのね

明日という字は明るい日と書くのね


前回、全英女子オープンで優勝した渋野日向子さんの快挙と世界中を幸せにした笑顔を取り上げたとき、自分も日本を明るくすることに思いを向けようと書きました。

しかし、どうにも明るい話題が見つかりません。

いろいろ思い浮かべようとしても、またネットをみても、つい批判したくなるようなことばかりなのです。
しかも広島や長崎への人類史上最悪の原爆投下記念日があり、そして終戦、いえ敗戦記念日がもうすぐやってきます。

そんな悲しく恐ろしい戦争を自分たちの地位や権力の源泉にすべく、日本を支配する安倍でんでん悪徳・犯罪一味がいまだにこの国にのさばっている中、なかなか明日への希望に思いをはせる事柄は、残念ながらスポーツの世界以外に見出すことができません。

思えばあの強豪南アフリカに勝って世界を驚かせたチェリーブロッサム、そうですジャパンが活躍したイギリスでのラグビーワールドカップがもうすぐ日本で開催されます。

昔ミスター・ラグビーの名で知られた松尾がいた新日鉄釜石や夭折した神戸製鋼の平尾が活躍していたころは、私もよくテレビで見ていました。

今では五郎丸でしょうか。

そういえばワールドカップを盛り上げようと、人気作家の池井戸潤氏のノーサイド・ゲームがTBSで放映中ですね。
物語展開がワンパターンで今一つ私には入れ込みにくく、予定調和的で物足りないのですが、ドラマに元全日本のキャプテンや選手が出ていたり、有名人の2世が多く出演したりしているようで、これからどうなるかやはり楽しみにしています。

ワンパターンと批判する前に自分で何か創造してみろ!とぷんぷん

IMG_0045.JPG


話がずれました。

今日何をブログで書こうかと、明るいこと、明るいニュースとつぶやいていたとき、ふと表題の歌詞を思いだしました。

ネットで調べたら、

「悲しみは駆け足でやってくる」というタイトルで、歌っているのがアン真理子さんという方でしたが、全く記憶にありませんでした。

今日のタイトルの部分しかメロディも覚えていませんが、1968年の歌、50年ほど前の曲だと知りました。

♪悲しみは駆け足でやってくる
アン真理子 作詞 / 中川克彦 作曲

明日という字は明るい日と書くのね
あなたとわたしの明日は明るい日ね
それでもときどき悲しい日もあるけど
だけどそれは気にしないでね
二人は若い 小さな星さ 悲しい歌は知らない

若いという字は苦しい字に似てるわ
涙が出るのは若いというしるしね
それでもときどき楽しい日も来るけど
またいつかは涙をふくのね
二人は若い 小さな星さ 悲しい歌は知らない

若い恋人たちの心情を歌にしたものです。
そして悲しみは駆け足で必ずやってくるけどめげないぞ、と歌っているのですね。

曲調や歌詞、そしてテンポは違いますが、今の歌もほとんどが、「私」「あなた」など一人称、二人称の歌が中心です。
しかし恋人たちになぞらえていますが、本当は世を憂いている歌がほとんどなのかもしれません。

今ではストレートに、ラップや一部のミュージシャンたちは時代の大きな問題や課題を曲として歌い上げ、聞く者に、平和に暮らすために必要な社会とはいったい何かを訴えているような曲が増えているように感じます。

敗戦記念日を前に、思い出すのは亡くなったジョン・レノンの「Happy Xmas(War is over)です。
ベトナム戦争時、せめてクリスマスの日ぐらいは殺しあいをやめようよ、という願いを込めて作った曲ですが、子供たちの声で繰り返すコーラス

「War is over  if you want it  War is over now」

このコーラス部分が投げかけていることは、遠い世界のことだと当時は思っていました。
しかし今の日本では決してそうではないことだと感じてしまいます。

明日という字は明るい日と書くのね、とみんなが本当に実感できる日本、世界に少しでも近づくように、まずは、ブルーマンデーで電車が止まる日がなくなることを願うばかりです。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 15:24| Comment(0) | 先人・偉人からのギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする