2019年12月17日

四十九日 二拝二拍手一拝で父を悼む叔父

一昨日の土曜日が父の四十九日のため九州に行ってきました。


四十九日の法要は菩提寺の住職が父をよく知る人で、説法も父の人なりや生前の私たちの知らないいろいろな話をしてくれて、とても心のこもったもので、住職に感謝しました。

また父方、母方の親戚も数は少なかったのですが、懐かしい叔父や叔母なども参列してくれてやはり故郷でやってよかったと感じた次第です。

というのも、実は住職の次男が横浜の寺に婿入りしていて、お通夜も葬式も上げてもらい、一時は墓をこちらに移してしまおうかと考えていたのです。

思えば私たち転勤族だけでなく、今では核家族化が進み、また親戚縁者も全国に散らばっている人がたくさんいる時代になりました。

最近では葬式だけでなく結婚式も家族だけ、場合によっては本人たちごく限られた人たちで済ますケースが増えていると聞きます。

そんな時代にあって、父の生まれ故郷に骨をうずめることができ、本人も喜んでくれたのではないかと思った次第です。

ところで父は長男だったのですが、養子となった人で、家は代々神道でした。一つ違いの弟の叔父も来年は90と高齢で、つい最近入院していたようなのですが、耳は遠くなりましたが、どこか私の父と所作が似ていて、なんとも言えない懐かしさを覚えました。

実は焼香のさい、一瞬 叔父もぼけたか?と思い、思わず、笑いかけたのですが、なんと神式の二拝二拍手一拝をやったのです。しかし住職は背を向けていましたし、拍手は音を立てずにやっていました。伯父としても気を使ったのはわかりました。

きっと叔父は叔父なりに自分の送り方で父を偲びあのような神式が自然とでたのか、それとも何か特別な想いや意図的があってのことなのか、後で確かめようとも思いましたが、止めました。

宗教は人を救うのそれとも迷わすの?とぷんぷん

IMG_0038.JPG


私の妹はカソリックで洗礼を受けています。また私の家内の実家は浄土宗ですし、私は信心の全くない浄土真宗です。

宗教について私は全く分かりません。が、故人を偲ぶやり方を人から強要される筋合いはないと考えています。

それぞれの宗教や宗派によっていろいろ決まりごとがあり、厳格な家では叔父のやり方はありえないのでしょうが、仏式の場で二拝二拍手一拝の姿には違和感は伴いましたが、なぜかとても静かに父を悼み、偲ぶ叔父の想いを感じることができ、暖かい気持ちになりました。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 15:26| Comment(2) | 先人・偉人からのギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

偽造ねつ造政権の仲間大手マスコミが支持率だけ本当の数字を出すか?いい加減目覚めよ日本人なら!

偽造ねつ造政権の仲間大手マスコミが支持率だけ本当の数字を出すか?いい加減目覚めよ日本人なら!


もうこの国は安倍でんでん悪徳・犯罪一味のせいで瀕死の状態になっています。

あやつらが一番の悪徳の原因ですが、国民をだます装置として日々国民を欺くのはNHKを筆頭とする大手マスコミです。

しかしよくもまあ、平気で毎回毎回内閣支持率が50%前後もあると嘘をつくものです。
十分の一の5%もあったら御の字だと思います。それぐらい本当の日本人にはむごい政権なのです。
その仲間の大手メディアが本当の支持率を出すはずがありません。
もうそろそろ自分の五感を信じてこの国がとんでもない連中に乗っ取られていることに気付くべきです。

本気であやつらはこの国を滅茶苦茶にし、滅ぼそうとしているのです。

以前「国民の敵になった安倍でんでん悪徳・犯罪一味の正体とは」でも書きましたが、
単に、今だけ、金だけ、自分だけの欲ボケの自己中という動機だけでここまで日本を破壊することはあり得ません。

彼らは日本を憎んでいる

これしかありません。

仮説として色々考えたのですが、やはりこの国を憎み復讐することが第一ですから、一般の日本人から馬鹿にされても、アホとののしられても、権力さえ握ればいいのです。

権力の怖さを知っているのかな日本人は!とぷんぷん

IMG_0095.JPG


そうすでに彼らはほぼ権力を握ってしまったのです。

子供でも分かる嘘をつき、犯罪行為も警察、検事、裁判所まで主要メンバーは仲間ですから無罪放免になるのです。
この状態は無政府、いえ北朝鮮を彷彿とさせる安倍でんでん悪徳・犯罪一味による独裁国家です。
そう考えますと、すべて合点がいくはずです。

普通のそして本当の日本人ならとても恥ずかしくてできない数々の行状ですが、そう厄人やメディアに登場する似非学者やタレント、もちろん政治屋や似非ジャーナリストたちは全く平気なのです。

彼らは仲間内で評価されればいいだけなのです。

最近ジャパンライフに深くかかわっていた元ジジイ通信の田崎などテレビで見なくなりましたが、安倍でんでんを庇う言いぐさは、自分たち仲間内の擁護と人のいい普通の日本人をだます、洗脳することが仕事なので平気なのです。

もちろん権力機構である政治、行政、司法を握りマスコミも手中に収めたのは彼らの力ではありません。
知識層ではすでに常識ですが、世界をこれまで牛耳っていたアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々のおかげです。

本気で日本人は立ち上がらなければ、この国は完全に詰んでしまう、と最近は怒りよりも悲さのほうがつのってしまいます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 17:40| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

庶民の楽しみ花見さえも汚した安倍でんでん悪徳・犯罪一味

庶民の楽しみ花見さえも汚した安倍でんでん悪徳・犯罪一味


国会も残り少なくなりました。そして今年も一か月を切りました。

相も変わらずうんざりするほど醜悪な安倍でんでんです。同様にヒラメ官僚たちにもゲンナリですね。

まあ、野党もマスコミも本気で安倍を追い込もうとしているのはごく一部で、やはりほとんどは同じ穴のむじな状態です。

いまだに政権支持が40%以上もあるというのですから、フェイク、偽造、ねつ造支持率でないとすると国民の意識も同様に目も当てられません。この数字が本当ならこのまま日本国家が落ちぶれていくのは自業自得です。

あれだけTPPはやりません、と言いつつ真っ赤な嘘をついてアメリカへの忠犬のごとく裏では日本を破滅に追い込む不平等な貿易協定を安倍でんでん悪徳・犯罪一味は桜騒動の裏で決定してしまいました。

嘘つき大賞は安倍でんでん裸の大将で決定!ぐらい書けよ大手新聞!とぷんぷん

IMG_0096.JPG


消費税の本来の目的を外れた使われ方を知っても、生活がとても苦しくても、将来の夢を描くことさえもあきらめたように、多くの国民は何も文句も批判も行動も起こしません。

もう日本の現状をいくら批判し愚痴っても、政治、官僚、マスコミといった権力が国民サイドのために働いてくれないとどうしようもありません。

ネット世論の正論がこの国の大勢だとしても、この権力構造が変わらない限りニッチもサッチもいきません。

やはり暴力革命でも起きない限りこの国の将来はないも等しいのかもしれません。


一方で今年もスポーツ界では私たちに元気や勇気を与えてくれた素晴らしい人たちの活躍がありました。


もし彼らがその影響力を行使して現政権やこの国の行く末に対し批判的な指摘をすればきっとものすごい反響があり、世の中が変わる可能性があります。

ただ経団連と持ちつ持たれつの安倍でんでん一味は卑劣なことでは天下一品、配下の警察や検察、そしてマスコミを総動員して潰すこと請け合いですし、そもそも、ラグビーのブレイブジャパンにしてもバスケの八村選手にしても、そして私のお気に入りのゴルフの渋野選手にしても、彼ら彼女らの経済的な生命線が企業、スポンサーですからね。

あ〜あ 八方ふさがり、四面楚歌ですね。

来年の花見を考えるには早すぎますが、国民が心から安心して和やかに楽しめる桜の季節が来るためには悪徳一味の一掃しかありません。
しかし如何にして?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by ぷんぷん at 19:47| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする