2020年03月14日

悪夢の大本営発表 恐怖が今そこに!

悪夢の大本営発表 恐怖が今そこに!

怖い、と感じている人はどのくらいいるのだろう?

安倍でんでん悪徳・犯罪一味が招いた今の日本の惨状は、三権をすべて恣意的に、というより自分らの犯罪を隠し、利権を握り、一般国民を搾取・奴隷化する道具として形骸化して来たことに起因します。

しかし、一般国民にとってこの大きな役割を果たしているのが、NHKをはじめとする大手メディアなのです。
政権への忖度なのか、怖いのか、トップ同士が仲間なのか、政権に都合の悪いことや国民にとって重要な報道はせず、まさに安倍さまの御用洗脳機関と化しているのです。

ネット世論に疎い高齢者などはまんまと引っかかっています。
また、何も自分で考えないぶら下がり根性の自民党や公明党などを支持している国民も同罪です。

自分たちの敵であることを見抜けないのです。

政策として姥捨て山として今回のコロナウィールスを利用しているとさえ思えます。
少し考えれば政権の異常性に気が付くと思うのですが。。。

しかしそんな政権からの圧力や恫喝があっても国民サイド、本来の民主主義にのっとって報道する数少ない番組や新聞社もありました。

残念ながら今回、緊急事態宣言を可能とするコロナ特措法が成立してしまいました。
これで安倍でんでん悪徳・犯罪一味は強力な、いえ絶対権力を手に入れたことになります。

これまで以上に政府に都合の悪い情報が出てこないだけでなく、強権力で我々を縛る、まさに北朝鮮並みの独裁国家の始まりです。

なぜそう言えるかといえば、曲がりなりにもこれまではメディアの一部やネットの批判が機能していましたが、共謀罪も成立してしまった今国民には政権に歯向かう力がほとんどありません。

それこそ国民サイドに立った自衛隊や警察の反乱が起きなければ暗黒社会の始まりです。

世論形成はあの男のフリーハンドです。

これまでも自分の犯罪を隠すために、平気で国会でうそをつき、困ると国のデータ改ざんはもちろん、検察も牛耳じり、自分を含め仲間の悪徳・犯罪一味が絶対に起訴されないように、飼い犬の黒川の検事総長に据えようとしています。

キチガイに刃物!とぷんぷん

IMG_0096.JPG


まさに恐怖です!!!

一方で消費税増税から始まった実体経済での不況に続きコロナで、経済もズタズタです。

しかも年金は株式に半分投入され、下がりっぱなしでそして売るに売れません。財務省がせっせと貢いで1000兆円ともいわれるアメリカ国債からは一円も利子は払われず、こちらも売るに売れません。

どちらも金額が多すぎて金融崩壊、ドル崩壊を招きます。

このままコロナの終息が見えなければ日本沈没も大げさではなくなります。
何しろリーマンショックは金融のインチキからはじまりましたが、今回は実体経済の崩壊です。
まったく意味が違います。

そして今回の特措法の成立は、まるでナチスドイツを彷彿とさせます。
まさに四面楚歌が今の日本なのです。

このまま安倍でんでん悪徳・犯罪一味をのさばらせているとどうなるか?

想像するだけでもぞっとして寒気がするのですが、皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 13:05| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

四 周辺国の情勢?

四 周辺国の情勢?

翌日、翔吉たち四人は出島の商館長(カピタン)をたずねた。

「かどわかされた子供たちをなんとか救い出したいのですが、唐人や西班牙(スペイン)人がからんでいます。そこで、日本周辺の海外の状況についてお教え願いたく、おたずねいたしました」

鎖国している日本に比べ、貿易立国である阿蘭陀(オランダ)は情報収集に熱心である。

ヘンドリックは医官ヨハネスを同席させたうえで、国際情勢を話し始めた。
まず、日本で暗躍している唐人組織についてである。

「お話の『百連壇(びゃくれんだん)』と言う名に似た『白蓮(びゃくれん)教』という宗教結社が唐に存在します。
白蓮教は、浄土教の宗教結社・白蓮宗を起源としています。そのなかの、金のためには犯罪に手をそめることもいとわない百人の連(やから)が、明朝と清朝の政権交代の戦いのドサクサにまぎれて、本土から台湾に渡ったということです。
百連壇は、その白蓮教からはぐれた犯罪者集団と見て間違いないでしょう」

次に、阿蘭陀(オランダ)と西班牙(スペイン)の状況説明に移った。

「阿蘭陀と西班牙は、ほぼ同時期に台湾の一部を占拠しました。
西班牙は、隆盛をきわめていましたが、阿蘭陀の圧迫により台湾を追い出されました。西班牙はその恨みを忘れておらず、阿蘭陀に対して報復を考えていることは明らかです。

今西班牙は、亜米利加(アメリカ)大陸の植民地経営に主力をそそいでいますが、人手の確保に苦労しています。そこで、他国ではクルクルパーと言われている現国王が、国家公認の海賊たちを使って人手を集めています。

西班牙は伝統ある立派な国家ですが、今の王に統治されている国民は可愛そうであると言えます。指導する者が過ちをおかすと…」

翔吉は、顔を赤らめて俯いてしまった…。

最後に、翔吉はおおかた承知している台湾事情に話はおよんだ。
「唐では、一六四四年に明朝がほろび清朝が成立しました。
明朝が敗れたあとも明朝の遺臣・鄭成功(ていせいこう)が、台湾を対清朝への戦いの拠点にしましたが、翌年、鄭成功が病死すると台湾は清朝のものとなりました。

しかし、清朝は積極的な台湾経営は行っていません。
そのため、鄭氏一族の残党や、清本国に住みづらくなった唐人犯罪祖域、外国人海賊などが清朝の目をかすめて台湾各地にいすわっているとのことです」

竜平が五島でしらべた結果を話すと、

「多分その男たちの話はそのままに受けとって間違いないでしょう。最悪の場合、かどわかされた子供たちは墨西哥(メキシコ)まで売られていくおそれがあります。
長期の航海にそなえた準備に二、三ヶ月くらいはかかるはずですが…」
と、話をしめくくった。

翔吉たちは、墨西哥の遠さを教えられると愕然となった。そして、
(なんとしても手が届く台湾で子供たちを奪い返さねば!)
と、決心するのであった。

そのとき、ヨハネスがたずねた。

「皆さんがこのあと台湾へ行かれるのでしたら、私も同行させて頂きたいのです。
お話からすると、私の兄、フレデリックも基隆(キールン)の地下牢にとらわれている可能性があります。兄の消息をしらべたいのです」

「むしろこちらからお願いしたいほどです。ただ、ヨハネスさんが出島を出るときに、超常現象にお付き合い頂かねばなりませんが…」

「ヨハネス、君の兄上は阿蘭陀国民である。無事に連れ戻すよう命令する。西班牙人どもが良からぬことをたくらんでいるのであれば撃破せよ!」
と、ヘンドリックは激励した。

翔吉たちは思うのだった…(これが国として普通だよな)。

翔吉は、調べの結果を鳩に託して江戸に知らせた。文の最後には、
(台湾へ出発する。連絡網を設営するために太助を派遣して欲しい)
と、書き加えていた。

そして、翔吉は行者の無形飛翔の術で出島に向かい、ヨハネスをたずねた。「ヨハネスさん、こちらは私どもを助けてくれている千歳にもなる偉あい行者様です。行者様の驚くべき術でこの出島から連れ出してもらうことにしました」
とヨハネスに告げて、先に出島をあとにした。

指揮所.png


(千歳?なんとかの術?東洋の人はまったく冗長(オーバー)なんだから)
とヨハネスは半ばあきれながら聞きながした。
が、違った…。

翔吉たちが待つ唐人屋敷奥の中庭に、二人の人影が像をむすび始めた。
ヨハネスは白目をむいて泡を吹いていたが、目を覚ますと手桶に水を運ぶよう願った。何度も手をあらう潔癖症の阿蘭陀人を、竜平は同情のまなざしで見まもるのだった…。

江戸、長崎、琉球本島、西表(いりおもて)島、淡水(タンスイ)、そして基隆(キールン)に設営する拠点を直線で結ぶと、五八〇里(約二三〇〇キロメートル)におよぶ経路となる。
皆を乗せた唐船『鶴港(かくこう)』が、白い航跡を長くのばして長崎をあとにした。

四月一日のことであった…
続く
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ぷんぷん at 12:02| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

殺人内閣 年金・医療崩壊の中コロナで老人を見捨てる厚労省!?

殺人内閣 年金・医療崩壊の中コロナで老人を見捨てる厚労省!?


コロナ感染で2割の死亡率と、全世代で一番被害の多いのが80歳以上の高齢者だと報道されていました。

検査を受けず単なる肺炎として亡くなった人の数は含まれていません。

今一番必要なのは町医者が簡単に依頼できる既存の民間検査会社の利用です。
オリンピック開催のため感染者数をごまかすために検査をできるだけさせないようにしているとの批判があります。

また、国立感染研究所が、コロナウイルス肺炎のデータを独占したいために、民間委託のPCR検査をさせないようにしている、というまことに本末転倒の恐ろしい指摘もあります。

テレビでひっばりだこの白鳳大学、岡田晴恵教授は最初から指摘し警鐘を鳴らしていました。

私は合わせて、安倍でんでん悪徳・犯罪一味政権は、高齢者の年金や医療費で財政が破綻中の現在、高齢者の死亡が増えることは彼ら、特に厚労省にとっては願ってもない「姥捨て山政策」として恣意的にやっているのではないかと疑っています。

このコロナ問題を連日取り上げ、政権批判を行っているのは唯一テレビ朝日、羽鳥モーニングショーの玉川徹氏だけだといっても過言ではありません。

ほかのテレビ局は上っ面をなでるだけで、国民サイドに立ったまっとうな政権批判をしません。

先日の安倍でんでんの緊急記者会見という名のまったく笑えないコミックショウがありました。官僚が書いた原稿を読み間違えないように、週末一生懸命練習したのでしょうが気持ここにあらずの棒読み演芸会。

裸の王様、バカもここに極まれり!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0027.JPG


最悪の筆頭はやはりNHKです。あの社会部の岩田某の気色の悪い女記者は相も変わらず安倍でんでんヨイショしか頭にない、無意味な解説を会見後すぐにたれながしていました。

笑ったのが質疑応答です。

国会と全く同じ構造でした。

事前に記者に質問内容を出させ、それの回答を官僚に書かせ、フリガナまでつけさせそれを読み上げるだけ。
ほかに質問をしたい記者がいるのに時間だと切り上げる姑息な政権です。

一般企業ではこのような記者会見は絶対に成立しません。

しかし記者クラブのメンバーは・・・

「こんな会見は会見ではない!」と席を立つ記者クラブの記者がいなかったところを見ると、やはり仮説として今の大手メディアは安倍でんでん悪徳・犯罪一味の仲間だとの批判は正しかったと思う次第です。

丁々発止でメディアとけんか腰の質疑を交わすトランプ大統領の爪の垢でも安倍でんでんはなめるべきです。いろいろ批判はありますが、彼は原稿なしで記者と対峙します。

信念があるからです。

一方で我が国の首相、漢字も読めず意味も分からず、しかも矜持も信念もない、口から出まかせをいうだけの最悪の政治屋です。

話がそれました。

ぜひ安倍でんでんの記者会見を見て確認してください。
記者の質問の時、普通は正確に答えるため発表者はメモを取りながら聞きます。
しかしモルモット首相はメモも取らず、すぐ手元の原稿やプロンプターに目を落としダダ読み上げます。

ここでもヤラセ、出来レースなのです。

本当に単なるReaderでしかなくLeaderでは全くありません。

国会中継とかウェッブで調べればすぐ見ることができます。

せめて今回のコロナ対策で政権に無関心だった国民の一人でも目が覚めることを祈るしかないと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 11:13| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする