2020年04月07日

第五章 闘いの備え

第五章 闘いの備え


『小さな角』のつぶやき…

連れされた子供たちを取りもどす作戦会議か…。

攻め込む先が異国になるようだな。
とすれば、作戦の速度(スピード)が肝心だが、そのためには、いろんなカラクリを準備して作戦におり込んでいくことが必要、ということか…。

行者はわしの分身だが、ナニ、ドンドンこき使ってかまわん。
使え、使え!
(しかし、言いにくいことだが、あいつには変わった趣味があるからなあ…)


一 戦(おのの)く行者?

鈍い月がかかる空を見上げながら、善八は南町奉行の能勢頼相の屋敷からもどってきた。

二階座敷には皆が集まっていた。
その席には、慶順に案内されて、この国一番のカラクリ上手と言われる竹田近江と一番弟子のカラクリ伝次郎(でんじろう)、みずから鋼も打つ飾り職人の万造(まんぞう)もやってきていた。

善八が改めて行者の正体を明かして紹介した。
行者はいくつかの術を披露した。

「先夜の年季が入った泥鰌(どじょう)すくいの、あの腰のすわりようからただのお方ではないと思っておりましたが、そのようなお方であったか…。
行者様、改めてお付き合いさせて頂きますようお願いいたします」
と、慶順はまったく驚きもしないで頭をさげた。

そしてまた慶順と同様に、三人も興味を持つばかりで驚きもしなかった。
むしろ行者の術に興味津々の様子であった。
近江は、術のカラクリを知るためにはいつか行者を解剖してみねば、と思いながらぶきみにおだやかな目で行者を見つめていた…。

伝次郎は、行者の術と貧相な体格をくい入るように見ては、術が発揮されるための行者の体力と酷使の限界について頭の中で試算し、ブツブツとつぶやいては心覚えをしたためていた…。

万造は、いま作りかけの色んなカラクリに、行者のどの部分をはずして(?)合体させればよいか、と物騒な目で行者を見ていた…。

行者は、
(こやつらの目は無気味じゃ、蛙の跳躍(ジャンプ)を観察する悪童(ワルガキ)の眼のようじゃ、怖い…)
と、早々に術の披露を終了した。

(どうも奇妙な御仁が集まることよの…)
との心中のつぶやきをおさえて、善八は談合を再開した。

「作戦に関わる者たちは五月十八日までに長崎に集結するように。五月二十日を目途に唐船で長崎を出港する。
淡水(タンスイ)入港は五月末頃になろうかな。淡水撤収は六月十一日を目途とする。
道具や武器の手配は、改めて話すことにしましょうかの。
ただ、討ち入りの協力をお願いするお仲間には早くに連絡せねばならぬゆえ、先に決めておく。
武蔵殿、お京さん、尚栄さん、翔吉、頼みましたぞ。

次に帰りじゃが、阿蘭陀(オランダ)船の大砲があれば心強い。
翔吉、商館長(カピタン)殿へおかし頂くようお願いしてみてくれぬか」

「わかりました。が、阿蘭陀(オランダ)船から唐船への積みかえは大っぴらにはできませんので、お力をお借りしたいのですが」
と、翔吉は行者に顔を向けた。

「ヒエッ!ムム…、承知した」
行者は心の中で、鍛練(トレーニング)を開始せねばと思いながら受けあった。

「それ以外にもお力にすがることが、たんとございますんですが…」
と、今度は宗兵衛が行者に顔を向けた。

「ヒエッ!ムム…、承知した」
行者は心の中で、鍛練内容を強化せねばと思いながら受けあった。

桃太郎 行者役子角.jpg


二 作戦の要?

善八が改めて皆に向きなおり言葉を改めた。

「古来、城攻めは、立てこもる者の三倍から十倍の兵力がいるとされておる。
が、このたびは他国への討ち入りであり、鎖国令の手前もある。
ついては、目立たないよう最小限の人数で、しかも速やかに行わざるを得ない。
名代(みょうだい)は宗兵衛さんとする」
と、宗兵衛に続きをうながした。

宗兵衛は、順を追いながら作戦を皆に告げた。

「準備が終わった翌日の夜七つ半(午後五時)をもって作戦を開始する。
総束(たば)ねは翔吉とする。
淡水に集合した者は、大きく後詰衆(ごづめしゅう)、討ち入り衆、蝮(まむし)退治衆に分かれる。それぞれの束ねは…」
と、指揮者を指名したうえで、牙島要塞討ち入りの段取りについて続けた。

作戦説明のあと、宗兵衛が行者に向かって平伏した。

「この作戦の成否は、荘厳な光をまとった行者様のお力にすがるしかないのであります。是非お力を!」

「ん…、なんじゃ?」

「ま、ちょっとしたことで…。まず、各地の仲間への協力依頼の文を持つ使者を、それぞれの地にお連れ頂けたら幸いなのですが。それから…」

「それから?」

「地下牢内への連絡や、ちょっとした物を受けわたして頂けたら幸いの、幸いなのですが。それから…」

「また、それから?」

「私たちを要塞裏の岩山頂上にお運び願えたら幸いの、幸いの、幸いなのですが。それから…」

「またまた、それから?」

「城壁上の哨戒兵を倒すお手伝いをお願い頂けたら幸いの、幸いの、幸いの、幸いなのですが。それから…」

「またまたまた、それから?」

「空から監視して、海賊たちの動きなどを皆に伝えて頂ければ幸いの、幸いの、幸いの、幸いの、幸いなのですが」

『それから』と『幸い』が多すぎてこんがらがった行者は、面倒くさくなり寝たふりをした。

それを見たお京の、
「南海のお仲間への連絡には、私をお連れ頂けませんか」
との申し出に、目をパッチリあけて答えた。

「うむ、世話のかかる者たちだの、わかった。すべて受けてしんぜる!」
続く
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 10:58| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする