2020年05月26日

二 第二次海戦『尖閣諸島沖の戦い』!

二 第二次海戦『尖閣諸島沖の戦い』!


六月十六日、早朝。
鶴港が伊良部島を訪れて謝礼をわたして謝意を述べると、鶴港は那覇に向かった。

同じ日の正午頃、鶴港を追って百連壇の二隻の快速船が基隆を出航した。
『定炎(ていえん)』と『鎮炎(ちんえん)』である。

これを知った翔竜は文を書き、再び太助が残していった鳩に託した…。

翌日の早朝、鶴港は那覇港に碇をおろした。
日が落ちると尚栄、宗兵衛と本郷武蔵の三人は薩摩衆の目をあざむき、首里城に尚貞王(しょうていおう)を訪ねた。

「このたびの王様のご助力に心からお礼を申しあげます。琉球の民に分けあたえて頂きたく、ご笑納頂きますよう」
と多くの財宝の目録をわたした。

「もはや行くか、名ごりおしいのう。いつの日にか、この国にあつかましくもいすわっておる薩摩の者どもを追い出したいものじゃ。そのおりは手助けしてくれよ」
と、尚貞王は悲しげに会見をむすんだ。

三人は平伏したまま、顔を上げることができずにいた。
尚貞王が広間を去ってしばらくしてやっと顔を上げ、重臣に品々をわたして首里城をあとにした。

「尚栄、くやしかろうのう。が、今はわしどもにも何もできん。今は耐えて子供たちを江戸まで運ぶのだ」
との宗兵衛の言葉に、尚栄は改めて心に誓うのだった。

(他国に蹂躙されている民の苦しみはいかばかりか…。
なんとかして薩摩衆を追いだしたいが、気を使いすぎる公儀役人と、実情にまったく無知な将軍では、いかんともしがたい。
しかし、そのうちかならず追いだしてやる!)

宿にもどってしばらくすると、唐突に武蔵が宿を出ていった。

「ちょっと出てくる。遅くなるやもしれぬ」


その昔、宇喜多秀家が薩摩に寄寓したおり、秀家の家臣である武蔵の養い親である本郷伊予と、小西行長の家臣大谷中介という者が島津家に仕官した。

中介は儒者であり薩摩衆を指導した。
その孫、忠兵衛も大きな尊敬を得ているのである。
歴代の島津家主君も、その昔同陣営で徳川と戦った宇喜多、小西の遺臣をあつく遇した。
武蔵は、忠兵衛が琉球郊外に隠棲していることをかねて知っていた。

「大谷殿、薩摩衆の目に余る琉球衆へのふるまいを、おさえてもらえまいか」

「そなた様は、本郷伊予殿に育てられた、秀家様と行長様のわすれ形見のお子でありましたか…。わかり申した、できるかぎりのことをいたしましょう。
殿様にも一筆書き送っておきますゆえご心配なきよう」
と受けあってくれた。

「ただいまもどり申した。出発を日のべしてしまい、まことにご無礼つかまつった」
と、皆が待つ宿に帰ってきた武蔵が皆に頭を下げて、尚栄に耳打ちした。
尚栄は深々と頭を下げ、武蔵の杯に泡盛をそそいだのだった…。

那覇出航が一日のびたことが幸いした。

「日のべしたおかげで、淡水からの早文を得ることができました。
どうやらわれわれの後を、百連壇の二隻の船が追ってきているようです。
その船には旧式の大砲しか積んでおらぬようですが、鶴港は商い船で戦いには不向きであるうえ、多くの子供を乗せておりますので乗り移られるとやっかいです。
乗船している百連壇と海賊の幹部たちの名もあるところを見ると、討ち入りの時にはくたばっていなかったようです。
ここは子供たちの安全を確保したうえで、百連壇の船を沈めてしまう工夫がいるかと思います」
と翔吉が、皆にはかった。

しばらく考えていた宗兵衛が、
「尚栄さん、別れたばかりで心苦しいが、伊良部の皆さんのお力をおかりしてよろしかろうか?」

「このたびの討ち入りでは活躍の場が少なかったと言っておりましたゆえ、力をかしてくれましょう」

鶴港は伊良部島にもどり、子供たちをかくまってもらって準備をすすめた。
翌朝、沖合いを何も知らぬげに航海していると、海賊船の定炎と鎮炎が現れた。
二隻には西班牙(スペイン)海賊と百連壇の幹部八人が、多数の手下を引き連れて乗り込んでいた。

鶴港に気づいた二隻が、尖閣諸島の大正島の南で急速に接近してきて、その勢いのまま鶴港に突っかけてきて、旧式大砲を撃ちかけてきた。その威力は何ほどでもない大きな音だけのこけおどしであったが…。

それでも鶴港は、おじけづいたふりでヨタヨタと大正島の周囲を逃げまわり、海上に長くのびた岬の向こうに逃げこんだ。

男たちが舷側に集まり始めるのが見えた。そして、青龍刀やら蛇棒(じゃぼう)などの恐ろしげな武器をもち、渡し板や帆桁(ほげた)から垂らした綱などを準備して、大声をあげて威嚇してきた。

両側から挟みこみ、今にも船をよせて切りこんでくるかに見えたとき、鶴港は急減速して二隻の間にはいり込んでいった。
翔吉が合図した。

「放てっ!」

甲板の両舷にすえられた五門づつの大砲がその覆いが取り払われて、一斉に火をふいた。敵の大砲とはその威力が数段勝る新式の阿蘭陀(オランダ)製大砲である。
わずかな距離を水平に発射された砲弾は、一発もはずれることなく海賊船に大きな穴を開けた。

舷側に集まっていた男たちははじきとばされた。
定炎は、被弾した帆柱がメリメリッというぶきみな音をたてて舵にたおれこんで、動きをとめてしまった。

鎮炎は喫水のわずか下にあいた大穴から浸水して傾いていき、動きが弱まっていった。
そこに、岬のかげにひそんでいた伊良部衆の飛龍船(ペーロン船)部隊が姿を現わして、一斉に火矢をはなった。二隻はたちまち炎にくるまれていった。

船の男たちは火を消しとめるのをあきらめて次々に海に飛びこみ、船の破片に取りつくのが精一杯のありさまであった。
そして、三回目の一斉砲撃で海賊船はその動きを完全にとめ、炎と煙を発しながら沈没していった。

鶴港は、船の残骸にしがみつく海賊たちをしり目に、伊良部衆の二度目の見送りを受けて長崎への航海を再開したのである。

やがて、海賊船が発する煙を遠くに見つけたお京と行者が鶴港に合流した。
続く
ご訪問ありがとうございます!!

OWNER-PC - IMG_0165.JPG

「下記をクリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by ぷんぷん at 10:44| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

第七章 はるかなる家路

第七章 はるかなる家路



『小さな角』のつぶやき…

さて、勝って兜の緒を締めよ、じゃないが、帰りが肝心だな。
まだまだいくつもの試練が待ちうけていようが、皆の力を結集して踏んばれはきっとうまくいく!

それにしても、雷光加熱器(電子レンジ)で過熱し過ぎたような頭を持つ役人がアチコチにいることよ…。
税金返せ!と言いたくなるのもわからんじゃないな。

しかし、また何やら変てこな影がうごめき始めたようだな…。
(トッテモ、心配!)

弥勒菩薩様は、変てこな勘違いはお控えになった方が…。
(チョット、心配…)



一 第一次海戦『南沙諸島沖の戦い』!

六月十日の未明、作戦を終了した男たちを乗せた『鶴港(かくこう)』と『呂宋丸(ルソンまる)』が静かに淡水を出港した。

港に残る男たちと呂宋丸に乗った男たちに、鶴港の船べりから子供たちの声が響いた。

「おじさんたち、ありがとうっ」

「皆、無事に父母のもとに帰るのだぞ」

男たちが大きく手をふり返すなか、二隻の船は分かれていった…。

淡水から鶴港が出港してしばらくしたころ、

「これ以上こき使われたらブッコワレテしまう。お京さんにも会いたいし…」
と、行者は一人で長崎へ飛んで帰っていった…。

長崎に待機していたお京が、江戸に向けた鳩を放したあと行者に告げた。

「お奉行から届いた南海のお二人への礼状を私がお預かりしてまいりました。
鎖国の御法があるゆえ私から届けてもらいたいとのことで…」

お京はさっそく例の衣装にきがえると、たちまち成りきって、

「エンノ字、仕事だよ!」
と、唐人屋敷奥の座敷でのびていた行者に声をかけた。

「ヒェッ!」
(どこにいてもこき使われる、地獄だ!デモナンカウレシイ…)

そして、唐人屋敷の上空にまたピシッ、ピシッ、という音が聞こえると、

「ヒーッ!」
という声がしていたが、すぐに聞こえなくなった…。

夕刻。お京たちは、南沙諸島の小さな島影をのぞむ比律賓(フィリピン)のバラバク島の上空にさしかかると、眼下に帆を休めている呂宋(ルソン)丸を見つけた。
同時に、少し離れた島陰に停泊しているあやしい南蛮船の姿にも気づいた。

その船は、墨西哥(メキシコ)から運搬してきたガラクタに近い雑貨を、法外な値で売りさばきながら牙島に向かい、戻りには子供たちを墨西哥(メキシコ)に連れ去る海賊運搬船だったのである。

お京は呂宋丸に降り立ち、能勢頼相(のせよりすけ)からあずかった書状を取り出した。

「山田様、今井殿、このたびはまことにお世話になりました。これは、江戸の南町奉行能勢様からお二人にあてた礼状でございます」

書状には次のようなことが書かれてあった…。

「公儀の祖法『鎖国令』のために苦労しているにも関わらず、この度そなたたちが合力(ごうりき)してくれたことに心より感謝しておる。が、表向き今は如何ともしがたい。しばらくは、『りふじん堂』の皆と談合して、しかるべき融通を利かせよ。今はそれしか言える力しかわしにはない。不甲斐ないわしを許せよ。皆、つつがなく暮らすよう…、云々…」

二人は書状を巻きおわると配下に回した。そして、一同は江戸の方角に向かってしばらく頭を下げていた。

一同が頭を上げるの待っていたお京が話した。

「ところで、子供たちを遠い異国につれさる西班牙(スペイン)運搬船がとなりの島陰に碇を下ろしているのを見つけました。退治できませぬか」

その夜の五つ(午後八時)になる頃、泰和(たいわ)衆が操る短艇(ボート)が暗やみにまぎれてこぎ出し、遠まわりして沖あいのほうから静かに海賊運搬船に近づいていった。
一方、陸地側から、今井壮九の配下が櫓をこぐ短艇(ボート)が運搬船にこぎよっていった。

短艇が運搬船の近くまでくると、松明の明かりのなかでお京が柬埔寨(カンボジア)の舞をはじめた。それは妖しくも美しい舞であった。
そしてその玄妙(げんみょう)さをぶちこわすように、行者がチンドンヤよろしく、ヘタクソな手つきで鉦(かね)や小太鼓をたたくのだった。そのかたわらには大きな銅鑼(ドラ)がすえられている。

甲板での酒盛りで酔っぱらっていた海賊たちは、そのチグハグな短艇の舞に気づき、陸地側の舷側に集まって、かん高い声を発してさわぎ始めた。
そして、行者が発する雑音をまったく無視した幻想的な舞に吸い寄せられた。

その頃、沖あいから静かにこぎよせた短艇が海賊運搬船の碇綱(いかりづな)に近よっていった。そして、男たちが次々に船に侵入しては物かげに隠れた…。

行者の鉦(かね)が高調子(たかちょうし)になり、壮九が大きく銅鑼を鳴らした。

「チャンチキ、チャンチキ、チャンチキ、ジャーンッ」

その時、お京と行者の姿がかき消えたのだった。そして、船の艫(とも)にお京の姿が現われ、また舞をはじめた。海賊たちは、

「オーッ」
と、お京めがけてドドッと走りよっていった。そしてまた鉦の音が鳴り、銅鑼がジャーンッと響くとお京の姿がかき消え、今度は船の帆柱の見張り台に現われた。また海賊たちは、

「オーッ」
と、帆柱めがけてドドッと走りよっていった。

その間に、銅鑼を配下の一人に託した壮九たちも船に忍びこんでいった。

海賊は、船上のあちこちに、現われては消えるお京と行者の姿を追いかけ続けた。

「チャンチキ、チャンチキ、チャンチキ、ジャーンッ、オーッ、ドドッ…。チャンチキ、チャンチキ、チャンチキ、ジャーンッ、オーッ、ドドッ…」

なんともアホな光景がくり返されるなか、泰和衆が発煙薬を仕かけていった。

酔っぱらった海賊たちがゼーゼーと息切れを始める頃、船のあちこちから煙が出はじめた。

「敵襲だ!」
と船長が叫んだとき、海賊たちは泰和衆に囲まれていたのだった。

「それそれっ」
とくりだす山田信政の短槍に、海賊たちの剣ははじきとばされた。

「ヒュン、ヒュン」
とのぶきみな風きり音がひびくと、生き物のように思わぬところからおそいかかる壮九の鎖鎌に先込式鳥銃(マスケット銃)がつぎつぎにからめとられていった。

うす衣を脱ぎすてたお京は、例の露出度の高い忍び袷(あわせ)をまとい、凶器となる踵がついた忍び草鞋(かかとがついたしのびわらじ(ハイヒール))をはいていた。

「キエッ、キエッ」
その美しい脚が旋回し、短い気合が海賊たちの中ほどを通り抜けていくと、海賊たちはバタバタと倒れふしていくのだった。

行者はそのお京の姿を、熱っぽい眼差しで追いかけていた。

「お京様っ…」
随喜の表情で、泡をふいてひっくり返ってしまった。

行者はさておき、半刻(約一時間)ほどもすると甲板にはぐるぐる巻きにしばられた船長と、数珠つなぎに手をしばられた海賊たちがすわらせられていた。

「この船長は日本と阿蘭陀(オランダ)の外交手当てに役に立つかと思いますので、長崎に連れてまいることにします。あとはおまかせします。
エンノ字、寝てんじゃないよ!」
お京にけとばされた行者が、目をさました。

椅子背負い子.png


猿ぐつわをされ、椅子背負子(大和ラクラク便)にしばられた運搬船の船長を伴った行者が、天空のかなたに飛び立っていった。
ややあって行者が姿を現わした。

「商館長(カピタン)殿に事情を説明して、男を預けてまいった」

この船長を出島に連行したことが、後に大きな幸いをもたらすのである…。

「では、お名残りおしゅうございますが、改めておさらばでございます」
呂宋丸の男たちが手をふるなか、お京と行者が天空に浮かぶとその姿がかき消えた。ピシッという鞭の音と、苦悶(随喜?)の悲鳴を残して…。
「ヒーッ!」
続く
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by ぷんぷん at 11:11| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

四 あと始末…

四 あと始末…

翔竜たちが一日遅れで無事にもどってきた。

一連の牙島攻略作戦では命を落としたものは一人もいなかった。軽傷を負った者が十名ほどで、完勝と言ってよい内容で終了した…。

珠光村で見つけた天九牌を手にした宗兵衛が、つぶやいた。

「これは…、銅で作られた天九牌は塩梅よく暖めると、阿片煙が出て直接吸える仕組みになっているようじゃ。つまり、阿片携行具であり吸引具でもあるようだ…。象牙で作られた物は地位高き者への贈物にするのではないかの。
天九牌は、阿片入りのままの物を少し残して、あとは火薬を詰め替えて昇竜殿におわたしするのじゃ。蝮退治にお使い頂こう。火薬に詰めかえた木箱は、鄭氏党、泰和衆でお分け下され」

さて、と皆を見まわした。

「清国の非難を封じる手当てですが…。ヨハネス殿、翔竜殿、西班牙(スペイン)国王の文書と福建省巡撫(ふっけんしょうじゅんぶ)・超笛統(ちょうてきとう)の返書の写しをお願いできますかの」

清国は英明をうたわれる康熙(こうき)帝の時代である。

超笛統の動きを朝廷に直接摘発するのが、最も効果的で手っとり早く、そしてあとくされがなかろうということで皆の考えは一致した。

翔虎の案内で、公正な行政官であり康熙帝の信頼もあついと言われる、都察院首班(とさついんしゅはん)(政務監察大臣)の寝所に姿を消して忍び入った。
そして、西班牙(スペイン)国王の書簡の写し、超笛統が受けとった賄賂の領収書、超笛統の弾劾(だんがい)書、阿片が入った天九牌を、枕元にそっと置いた。

翔虎がささやいた。

「余は清国の開祖・愛新覚羅奴児哈赤(アイシンギョロ・ヌルハチ)である。台湾を統括している超笛統をこらしめよ、罪はこのとおりじゃ…、ウンヌンカンヌン…」

すると、翔虎がとめるのも聞かず行者がうっすらと姿を現した。
声優が翔虎ならば俳優は自分じゃ、とはなはだしく勘違いしたのか、見えを張ったのか…、定かではない…。

都察院首班が寝ぼけ眼で行者を見定めようとすると、行者はあわてて姿を消した…。

「超適当(ちょうてきとう)な超笛統(ちょうてきとう)ならばやりかねないことばかりじゃ。金もうけのために福建省巡撫の職を賄賂で買ったと言われた奴であったな。近頃は台湾に行きっぱなしのようだが…。

あ奴はお上の親戚の…、誰とかの遊び仲間の…、愛人の弟の…、義兄弟の商売仲間の…、近所の豆腐屋の…、せがれの悪仲間の…ナントカカントカノ……?と言われておったが、よう考えるとなんで巡撫(知事)になれたのか不明な奴であったのう…。

それにしてもまことに…、まことに恐れ多いことではあるが、奴児哈赤(ヌルハチ)様の御霊の影は、どうも品のかけらも見られなかったが…」

この動きとあわせて、鄭氏党はとらえている百連壇の下っ端の消息をそれとなく街に流していた…。

深夜、この男が寝る小屋の壁にコツンと小石があたる音がした。
男がそっと身を起こして静かに戸をあけてすべり出ていった。
暗がりから、百連壇の幹部に指揮された男たちの影がにじみ出し、しずかに蔵から木箱を運び出していった。

「あばよ、まぬけめ」
と男がののしり声を残し、闇に消えていった。

阿片の一部を超笛統にちらつかせ、りふじん堂一党に奪われた財宝に見合う金品を住民からまきあげることに、目をつむるよう依頼するのである。
しかし、鄭氏党がひそかにあとをつけていることには気づかなかった。

百連壇の幹部とその下っ端の二人が超笛統の屋敷に入った。
しばらくして、鄭氏党の者が屋敷の裏手に潜んだ。

「巡撫様、このほど和寇が台湾に攻めてまいりまして、巡撫様におとどけしようと思っておりました財宝も、私どもの合法的な事業資金もすっかり奪われましてございます。そこで、何とぞご厚情をたまわりまして、事業再開資金確保のために、台湾の民から税をとり立てることにお目こぼし頂きますようお願いします。

もちろん、合法的事業利益の四割は、法人税として納めさせて頂きます。納め方は、有志の方々がつどう会館用の土地購入資金として、とか…。

それとは別に、これはお礼のお薬でございます。
これは薬でございますから、社会通念上の儀礼として許容範囲内のものかと…。もっともその値は何万銀もする物ではございますが…」
と、鄭氏党から奪い返した、天九牌が詰められた木箱の一つをさし出した。

「ウムッ、遠路ごくろうであった。慰労してとらす」

気分が良くなった超笛統は、百連壇幹部と二人で宴をはることにした。
ようは、阿片宴会(パーティー)を早く催したかっただけなのだが…。

ひとしきり酒に酔った超笛統は、

「ところで、薬はどのようにあつかえばよいのかな」
と、泥鰌(どじょう)ヒゲをよじりながら阿片を催促した。

「ははっ、これは気付きませんで失礼いたしました」
と、百連壇幹部が卓の下に置いてある木箱から銅製の天九牌をとり出して火ばしではさむとロウソクの火で焙りはじめた。と、硫黄くさいにおいがし始めた…。

おやっ、と超笛統が思うまもなく、ドカンと天九牌が爆発した。
そのはずみでロウソクがたおれ、次いで卓(テーブル)の酒ビンがたおれたのである。
九十度の白酒(パイチュウ)は、卓を流れて天九牌の木箱にしたたりおち、そのあとを炎が追いかけていった。そして、木箱の天九牌とその下に仕込まれていた火薬が、

「ドッカーン…!」
と、大爆発を起こしてしまった。

爆音を聞いた鄭氏党の者は邸内に踏み込んだ。
鄭氏党の二人は、念のためにとうめき声をあげる幹部のふところを探ると、髑髏(どくろ)号に乗り込む百連壇幹部四人の氏名が記された書付を見つけたのである。

翔竜は、太助が残していった鳩にその書付を託した…。

台湾での一連の作戦は終了した。
続く

ご訪問ありがとうございます!!
OWNER-PC - IMG_0151.JPG

「下記ランキングをクリックしていただけると励みになります!!」


ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by ぷんぷん at 13:39| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする