2020年09月29日

夢か現か幻かそれとも地獄か

夢か現か幻かそれとも地獄か

久しぶりにテレビを何気につけたら、タレントが連れ立ってコロナで大変なお店に行って名物料理を食べて、頑張ってください、とか、人気番組の出演者が隠れ家的なお店で番組を振り返っておいしいものを食べ飲みしながら酔っぱらっていたりとか・・・・

相変わらずテレビの中はスポーツあり歌あり、ゴシップあり、芸人たちの馬鹿笑いがありと、今の日本や世界の現状とは全く違う世界が広がっていて、本当に同じ日本?と感じてしまいます。

時が時であればそれもお愛嬌、それぞれ好きな番組も人それぞれでしょうから文句などいう筋合いではありません。

しかし今の状況下で私にはどうしても見る気が起こりませんし、何か違うように感じてしまいます。つい腹ただしい気持ちになってしまうのです。

どこかが違う。何かが違うのです。

そうです国民のために今必要な本当のニュースがないのです。
今の状況に目を背けているとしか思えないのです。

特に安倍でんでん悪徳・犯罪一味の安倍が仮病でやめたにも関わらず、一切追求せず、今では安倍でんでんよりさらに非道な人間もどきが首相になっているにもかかわらず批判を一切せずヨイショ一辺倒です。

国民のほとんどには本当にむごい、畜生にも劣る悪徳内閣、与党なのに支持率が7割越えという嘘を垂れ流しています。

まずはテレビ局から解体・破産すれば!とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


そんな暗い話、堅い話ばかりしても何にも変わらないよ、かえって人に煙たがられ誰も相手してくれなくなるよ、という人もいるかしれません。

しかし世の中を見れば、現実を直視すれば、馬鹿なお笑い番組なんか見る気には到底なれないと思うのは私だけなのでしょうか?

以前、明日という日は明るい日と書くのね、というブログを書いた記憶があります。

しかし今の状況はそんな気にもなりません。

確かに未来はどうなるかわかりません。
しかしこのままの政権が続けば国民皆奴隷、皆家畜は間違いありません。
悲観的なことしか思いつかずよくないのはわかるのですが、なんら希望や光が見えてこないのです。

そんな状況では

「明けない夜はない」とか

「物事によいも悪いもない。考え方によって良くも悪くもなる」とか

「これが最悪だ、などと言えるうちは、まだ最悪ではない」といったシェイクスピアの名言もどこかよそよそしく感じてしまいます。

誰がこんな世界を想像出来たでしょうか?

世界中の飛行機が飛ばず会社が倒産の危機に見舞われ、行楽地は一気に不況となりました。

GO TO トラブルの結果はこれからですが一気にコロナ感染者が増加するのは見えています。一時的には観光業も息をつくかもしれませんがもう前のようには絶対戻りません。

仕事も収入も激減したのですから、普通の人は旅行なんか高嶺の花です。
金持ちにしかGO TOはメリットがありません。

コロナの実態もよくわからずうさん臭さプンプンですが、事実、真実がわからない中どうしようもありません。
安物のSF小説のような世界が実際に起こっているような錯覚に陥っています。

どうなっていくのでしょうか。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 16:43| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

束縛されて手も足も出ないうつろな青春・・・

束縛されて手も足も出ないうつろな青春・・・


金子光春さん(?)訳のアルチュール・ランボーの「いちばん高い塔の歌」の出だしの言葉。

ふだんマスコミの報道を批判し、特にNHK含め大手メディアが熱心に伝えることは逆が真、と言っている私ですが、ここまでコロナ報道を徹底されますとさすがに電車や人込みではマスクをしてしまいます。

結局私などの信念なんてそんなものです。
同調圧力が過ぎる!とブログや酒の席では息巻くのですが、しょせん長いものには巻かれろなんですね。

一方でオリンピック開催のためでしょうか、この4連休ではGo to travelよろしく前年並みとまではいきませんが多くの人が観光地に出かけ、東京都も来月からキャンペーンの対象になるようです。

確かにこのまままともに経済活動が動き始めなければ、弱小企業や個人事業主は破たんし、野垂れ死にですからね。
たぶん今年の年末には悲惨な状況が待っています。さらにはもう以前のような消費活動も仕事も戻っては来ません。

もう何が何だか、いったい今後世界はどうなっていくのでしょうね?

行くも地獄戻るも地獄?ってかとぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg




 “束縛されて手も足も出ないうつろな青春。
 こまかい気づかいゆえに、僕は
 自分の生涯をふいにした。

 ああ、心がただ一すじに打ち込めるそんな時代は、ふたたび来ないものか?

 いいよ、会わなくたって。
 君と語る無上のよろこびの約束なんかもうどうでもいい。

 このおもいつめた隠退の気持ちをにぶらせてほしくないものだ・・・“


あとは忘れてしまいました。

十代の後半、中原中也やランボー、ヴェルレーヌにかぶれ、京都の大学にいって哲学の道を散策し、鴨川の縁でデカダンスに酔いつぶれるのを夢見、実際そんな学生時代を送っていました。

あれからすでに45年もの時が過ぎ、これまでまあ大体楽しくやってきました。
今年高齢者といわれる65歳になり、あと10年ぐらいが寿命としてはちょうどいいか、と日々感じています。

最近ではテレビ、特にニュースやワイドショウを見なくなりました。
腹が立つのとつい政権、メディア、役人批判を口走り周りを不快にするからです。

テレビなぞ見なくても何ら困らないのですが、どこか世捨て人的な感覚に陥りそうで少し寂しい気もします。

ランボーのような高尚な心情ではなく、ただなんとなく気分なのですがね。
朝の散歩で聞こえる鈴虫のか細い鳴き声に浸る間もなく、相変わらずひどい日本の政治状況に絶望し、またうんざりして、ふとランボーの詩が心に蘇った次第です。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ





posted by ぷんぷん at 15:05| Comment(0) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

散歩し始めて気付いた 日本人は馬鹿がつくほど真面目だ

散歩し始めて気付いた 日本人は馬鹿がつくほど真面目だ


コロナ禍での生活で持病持ちのジジィはカミさんと一緒に1時間程毎朝歩き始めました。
三日坊主の私がほぼ半年続けられているのはカミさんのおかげです。

ここ2、3日は涼しくなりましたが、しかしつい最近までは太陽の日差しが強く,暑い日が続いていましたので、なんと朝4時半に起床し6時から出かけています。
寝ぼけた頭をすっきりさせるためにコーヒー飲み、途中でバテないように朝ごはんを済ませてから歩くようにしています。

家に帰り着くと汗をびっしょりかいています。
こんなに汗をかくのは何十年かぶりでした。

自宅から歩いて15分ぐらいの所にある病院の外周を歩くのですが、道も広く多くの人が利用する良いコースです。
走る人、早歩きの人、私らのように普通に歩く人など老若男女様々です。

しかし見事に皆さんマスクをしています。

最近でも8,9割のかたは律儀にマクスをしていますが、1ヶ月程前までは全員していました。
私達は息苦しいのもあり、すれ違いざまには持っているハンドタオルで口を押さえるだけです。

でも日本人の常識では私達はいけない人になるのでしょうね。
電車などでは勿論しますが、人がそれ程居ないところではあまり神経質になる必要はないとも思っています。

ケースバイケースでどうですかね、とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


人に比べて義務感の乏しいわたしなのですが、先日国勢調査のお知らせがポストに入ってました。
調査の有用性は理解していますし、これまでは全て返信してきました。
しかし今回はどうも素直に応える気が起きません。

安倍でんでん悪徳・犯罪一味の総務省の国勢調査には、大体こう書いてありました。

「国民の大事な情報資産であり、少子化が進む中適切な政策に必要であり、しかもこれは国民の義務です。もちろん個人情報は厳密に保護します」と。

思わず、噴き出したのですが、お前らが言えたぎりか、とだんだん腹が立ってきました。
安倍でんでん悪徳犯罪一味の捏造、偽造によって国のデータが改竄され日本は滅茶苦茶になりました。しかも彼らは罪にさえ問われずのうのうと暮らしています。

「そんな大人気ない」と言われる方も多いかもしれません。

そして予想通り、次の総理大臣に安倍に輪をかけた人非人の菅になりました。
散歩で出会う人達はとても真面目だとおもいます。私のようなマスクを常にはしない人間が言うのもなんですが、

「真面目にもほどがある」とつい思ってしまうのです。

政権に対し、何も感じず、何も考えず、何も行動しなければ、茹でガエルの例えの如く日本沈没です。
確かに前回で終わった、「りふじん堂 桃太郎奇譚」のようにメデタシメデタシとはいかないのが現実の世界です。

それにしても驚くのは、NHKを含め大手メディアの垂れ流すニュースを一顧だにせず人生を預ける人たちのなんと多いことか!
それは真面目とは違うと思うのです。

とくにまだ人生が永い若い人達が「次の選挙で今の政権を下野させないと生き残れないのではないか?」
と何故疑問を持たないのか?

私にはさっぱりわかりません。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ






posted by ぷんぷん at 15:40| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする