2016年11月25日

MV「太陽の空と風」リリースとコワバナの夜

作家の村神徳子さんの出版記念と彼女が作詞し、プロデュースした熊本地震 震災復興支援MV「太陽の空と風」のリリースに関するトークショウがフレンチで有名なミクニのすぐ近くにある、絵本塾ホールミュージアムで、23日勤労感謝の日の夜に開催され、行ってきました。

15220001_1172879039473071_3330109353912130249_n.jpg


集まった多くの人は昔からの村神さんのファンのようで、このトークショウに誘ってくれた高校の同級生と私がたぶん最年長で、一番若かったのは親子で参加されていた中学生の娘さんのようでした。

トークショウ前半は村神さんの新著「東北の怖い話」に関連して登壇した彼女と怪談収集家で共同著作者の寺井氏による出版に至った話とコイバナならぬ、コワバナをお二人や参加者たちの体験談で盛り上がりあっという間に時間が過ぎました。

さすが苗字に神がついているだけあって、村神さんのトークは著作のテーマとは裏腹に秀逸で面白かったです。

私も怖い話は苦手という割には、興味津々で聞いていましたが、やはり日本的な因縁とか怨霊とか勝手に自分の心の中で恐怖を創造していまい、とどのつまりが怖いと思うのはやはり東洋的な宗教観のせいなのか、とい思った次第です。

15219599_1172879066139735_6872785534603200841_n.jpg


後半はMV「太陽の空と風」の歌手平野瑶子さんと出演者の俳優さんたち3名、
秋山アレックス徳幸さん、澤村量山さん、加賀れお奈さんも登場し、引き続きみなさんのコワバナで盛り上がり、最後に12月1日リリースするMV「太陽の空と風」のティーザーバージョンを見させてもらいました。

15181261_1172879199473055_859379231066592324_n.jpg


コイバナではなくコワバナでとても盛り上がりましたが、最後に見たMVは私にもかすかに残っていた、切ない思い、感情を呼び起こしてくれて、きっといいロードムービーになるとの予感がしました。

12月1日が待ち遠しいです。
ぜひ皆さんもぜひご覧ください!!

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:59| Comment(0) | 地震とレジリエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。