2018年08月11日

安倍の終身首相への道を洗脳メディアが必死で後押し

安倍の終身首相への道を洗脳メディアが必死で後押し


大手洗脳メディアでは秋の自民党総裁選についてメディアリテラシィのない国民に対し連日安倍3選に向けて世論つくりに精を出していますね。

沖縄の翁長知事が志半ばで亡くなり、多くの県民が悲しみの声をあげています。一部ネットではステージ2のガンだったのになぜこんなに早くなくなったのか、暗殺説が有力だと喧伝され始めました。
一方でこの訃報を待っていたかのように、悪徳アメリカ奥の院のポチである自民党は活気づいています。

今や北朝鮮のカリアゲ君さえもトランプ大統領やロシアのプーチン大統領、そして中国の習近平国家主席などと同様に、世界の権力構造が変化する中、大きく舵を取り、アメリカ奥の院に反旗を翻していることは周知の事実です。

ですから洗脳メディアの真の狙いは、自分たちの親分のために悪徳軍需ビジネス上の拠点でしかないのに、北朝鮮や中国の危機を相変わらず煽り、安全保障上不可欠というでっち上げにより沖縄の軍事施設の必要性を謳っています。

しかし真実は全く異なり、嘘、偽造の世論をでっち上げているにすぎません。

真実はただアメリカ奥の院の軍事利権として必要なだけで、平和や安全には役に立たず、むしろ中国やロシアを脅し周辺国の不安定を創出する役割でしかないことがはっきりしてきました。

今世界で起こっている権力構造の変化は、簡単に言えば、旧利権、特に軍事や金融を支配して世界の多くの人間を不幸にしてきた連中を排除しようという動きです。

そのためにまずは自国ファーストに徹し、アメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々に対峙できる力を持とうとしているのがトランプ、プーチン両大統領や中国の習近平国家主席なのです。ですからこれらの動きに脅威を感じているあちら側のメディアは、徹底的にフェイクニュースやねつ造された事件などによって彼ら3人を貶め続けています。

早く日本人も気づこうよ!とぷんぷん

OWNER-PC - punn.jpg


今では多くのアメリカ国民はこの事実を理解したからこそトランプ大統領を誕生させ、また支持する人たちが増加しているのです。
しかし日本の悪徳メディアたちはこの事実を知らせず、あちら側の命ずるままに情報を垂れ流し日本国民を洗脳しています。
悲しいかな「長いものには巻かれろ」を信条に、ただ食うため、地位を守るためだけの政治屋、官僚、マスコミの腰抜け連中がアメリカ奥の院の保護のもと、強面の偽日本人の安倍でんでん悪徳・犯罪一味を支えています。

何のためにこの世に生を受け、今を生きているのか?

定年後も年金しか関心がなく、ただ飯を喰らい家畜のような人生に満足している人のなんと多いことか。
早くぶら下がり人生はつまらないと気づき、自分の利害に関係ないことに一つぐらいはチャレンジする、そんな終活があってもいいのではないでしょうか。

もっと言えば、ゆでガエルの喩のごとく知らぬ間に死んでいくのではなく、錆びたアンテナを掃除して大手メディアのうそに気づき、安倍でんでん悪徳・犯罪一味を排除する義務が我々ジジイやババアにはあると思いますが、如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 11:55| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。