2019年01月29日

宦官は一代限りの種なし、けど今の宦官疫人には子がいる。。。

宦官は一代限りの種なし、けど今の宦官疫人には子がいる。。。


国会が始まり、見たくもない顔のオンパレードでしかも空疎な厄人が書いた原稿を間違えずに読むのに必死な様子をみると、条件反射的にチャンネルを変えてしまいます。

これは生理的な拒否反応なのでしかたありません。しかし、このような行為が安倍でんでん悪徳・犯罪一味の思うつぼなのは理解していますし、それでもやはり批判することのむなしさを覚えてしまう今日この頃です。

つまり無関心が一番政治には害ですし、それ以上に批判をしなくなることは益々政権サイドに塩を送ることになってしまいます。

また真に歯がゆい限りですが、単にブログで批判するだけでは何も変わらず、デモによる抗議にもメディアが取り上げないとその場限りのものになりがちで、本当に国民にとって正当な権利行使は限界がありますね。

唯一の方法はやはり選挙なのですが、大手メディアによる与党支持の世論操作、また逆に、現与党を批判するまっとうな政治家である、自由党の山本太郎氏や森裕子氏を無視するひどい状況が続いています。

つい先日理由もなく、内閣支持率か50%を超えたという嘘がまことしやかに流れています。しかしたぶん韓国軍への批判行動をよしとする国民が支持しているというエビデンス作りにすぎません。本当に汚い大手メディアです。
普通の感覚の人から見るとありえない支持率で実際のところは十分の一の5%もないと思います。

一方で国民も日々の生活や忙しさで国政どころではない人も多いのでしょうが、アイドルの人気投票のごとき意識で国政選挙に投票する人もかなり多いのも事実で、これもまた悪徳政治屋や高給厄人の思うつぼです。

政治屋はもちろんですが高給厄人の存在が今の日本の不幸の原因であることがはっきりしてきました。

今国会で野党が追及するであろう、厚生労働省の不正労働統計問題などに関して大手メディアも一斉に取り上げていますが、何かしらいやらしい情報操作が感じられ、注意深く読まなければいけないなあ、と感じています。

どちらにしてもまるで昔の中国で時々の王に米つきバッタのごとくかしずき、国を滅ぼした宦官のごとき今の高給厄人たちの悪知恵も、今回の事件を見ればやっていることは浅はかだと気づかせてくれています。

人事権を握られ出世のためにはヒラメのごとく処するだけでなく、むしろ犯罪に加担するがごときの役人なんかもはや不要だ、ということを国民に知らせてくれているのはいいことです。

なにしろ国のために工夫したり新しい仕組みを生み出したりといった能力は一切ない、無能といっていい人間がほとんどだと自ら証明しています。
唯一注意しなければいけないのは、試験勉強だけは優秀なので、法律の解釈や運用を自分たちに都合よく改ざんすることにはたけている事です。

AI時代に役人は失業!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG



しかしいつも疑問なのですが、どうやって自分の中のエリート意識とやっている宦官ごときを振る舞いのギャップに折り合いをつけているのでしょう?

一番重要な仕事が国民を欺くことなのですから、まともな神経の持ち主であれば、とっくに心の病気にかかっているはずです。

心配なのはそのいびつな仕事により心の病を持った親として、子供にどのように接しているのか、ということです。
まあ宦官のごときとはいえ、当然種はあるので子をなし、その家庭で子供を育てるわけですから、いびつな考えの子供が育つ可能性が十分にあります。

そういうことを考えますと、そろそろAIを行政業務に導入することを真剣に検討すべき時期に来ていると思うのです。
そうすれば基本役人は不要で、国家予算の3割以上も占める人件費をカットできますから、国民は万々歳ですし、悪徳政治屋の頭ではこれまでのようにはいかず、結果国民のみんなに幸せがやってくるように感じますが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:08| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。