2019年02月19日

痴性 貧性 癇性の狂人政権

痴性 貧性 癇性の狂人政権


知性と品性と感性を磨き育てるため心ある親や先生は子供の教育に心血を注ぎます。

その動機は人それぞれでしょう。

昔は小さな共同体であっても人生を全うできる、つまり日々暮らしていくのに必用な衣食住を一人では確保できないので、みなと協力していくために村人すべは習得できなくても、リーダーには必須のものだったと想像します。

現代では共同体の意識が薄れ人とのつながりが希薄になりつつあります。また職業分化や特権階級意識の存在などから自己中心的な人間も増えてきました。かく言う私も多分にその人間の一人で反省しきりです。

しかし人として生きていくうえで、どのような仕事で稼ぎ、どのような家庭を築き、どのような人生を歩むかを振り返るとき、様々な価値観や出自の人たちが交わる現代においては、知性、品性、感性の優れた人との出会いは、自分を成長させ至福の気持ちを与えてくれます。

だからこそ真のリーダーは、このような特性を備えるべく生きてきた人生の達人であり、そうなりたいものだと人を啓発する素晴らしい存在だといえます。
稀有でしょうが生まれつきそのような徳や品格を備えた人もいるのでしょうが、ほとんどのリーダーは日々の努力、研鑽なしでは生まれません。
たぶん努力の人なのだと思います。

LeaderではなくReaderの首相なんだよみんな!とぷんぷん
OWNER-PC - IMG_0035.JPG


一方でそのまったく逆のような連中が今の日本を支配しています。

国の法令や議事録をいとも簡単に改ざん、ねつ造する、しかも、その動機たるやただ自分の悪行を隠す、または己の保身のためにだけに行っているのです。

知性、品性、感性の何たるかも知らず悪行の限りを尽くすヤクザでさえ仲間内のルールがあります。
恐怖を武器に人を脅すことを生業にしていますが、ルール無用のキチガイは彼らの組織の中であっても排除されます。

今国会で野党だけでなく与党内からも批判されている統計データの不正犯罪は、この国の根底を覆す、国家反乱罪に等しい暴挙なのです。

悪人の常識を超えた狂人政権と命名してもいいと思います。

ここに至るにおいて、この政権がいつまでも居座る可能性がある中、不正選挙濃厚なムサシによる選挙は、一般監視下において開票、集計をしないのであれば、インチキ放題の現政権を信任するわけにはいきません。

今の政権に連なる政治屋、厄人、メディア人などはどれだけ嘘をついても、また一部のメディアやブログ、そして野党から批判されても平気なのです。
つまり普通の神経ではないののです。
ですから批判されても胃潰瘍にもならず、また自己嫌悪にもならず、いつまでも政権に居続ける、そういう連中だと国民は気づかなくてはいけないのです。。

リーダーたるにふさわしい人がこの国を治める仕組み、運営の改革が急務だと思うのですが、皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 11:40| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。