2019年02月26日

日本人の劣化をロシアスプートニクが報じた!

日本人の劣化をロシアスプートニクが報じた!


昨日のロシアメディアスプートニクに下記のような記事が出ていました。

「アゼルバイジャン出身モデルのマブバ・ママドゥザダさん(23)は賛否両論のあるドイツ売春斡旋サイト「シンデレラ・エスコート」を通して、自身の処女を入札にかけた。英紙デイリー・メールが報じるところ、「東京の政治家」が350万ドル(約3億8760万円)で落札した。

入札額2位はロンドンの弁護士、3位はドイツ・ミュンヘンの有名なサッカー選手。開始価格は10万ユーロ(約1200万円)だった。

落札者は「シンデレラ・エスコート」のようなサイトが合法なドイツでママドゥザダさんと対面する。」スプートニク日本

今日本の政治や政治家を揶揄する記事が海外では目白押しです。

最近の国会で紛糾する勤労統計データのねつ造事件などだけでなく、日本が発表する各種データはもちろんGDPをはじめ、どうやら公文書なども信用できない、という論調なのです。
中には日本がだすニュースの4割はフェイクニュースだと書いている海外メディアもあります。

もちろん安倍政権以降はNHKや大手国内メディアは政権の言いなりで報道機関の体をなしていませんから海外から批判されても仕方がありません。

島国でしかもいつの間にか時の政権の連中が実践する「今だけ、金だけ、自分だけ」の風潮が蔓延し、しかもぶら下がり人生を謳歌する国民の一部はこのような事実を全く知らないか、気にも留めていないようなのです。

バカは死ななきゃ治らない!とぷんぷん

OWNER-PC - FullSizeRender7.jpg


このままでは益々世界の潮流から取り残され、いつの間にか本当にガラパゴスのようになってしまうのかもしれません。

悔しいですが、近い将来トランプおじさんやカリアゲ君たちから

「日本人は一体いつになったら安倍でんでん悪徳・犯罪一味の正体に気づくんだい?
世界はものすごいシフトチェンジの最中にあるのに、政治家が億単位で買春かい。その金はどこから来たの?のんきなもんだねえ。
あんたら国民を騙す安倍でんでんたちも悪いが、ただ騙され続けるあんたたちもいい加減目を覚ましたほうがいい。一体いつ自分の始末をするんだい?」

といわれるまで気が付かないのでしょうかね。
はああ、出るはため息ばかりです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:16| Comment(2) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
信じられない話だな。
政治家A個人の問題だけでなく、国の品格、知性の急降下と共に、世界から冷笑を日本人みなが受けることになる。
失言ばかり続けるバカな政治家を見るにつけ、彼らを国会に送り込んだ国民にも責任はあるだろうから。
Posted by 冬至魚 at 2019年02月26日 19:02
冬至魚さん コメントありがとうございます。

ご指摘通りで、悲惨な状況です。

つい先日には、菅官房長官が東京新聞の望月記者に
「あんたにこたえる必要はない!」と質問をシャットアウトしたらしいのですが、NHKは報じません。

そのうち海外メディアから批判されるでしょうが、もう政権は既に独裁体制を恥じず堂々と居直っています。

国民はなぜ?を自問しなければ、日本は北朝鮮以下の国に成り下がります。
子を持つ親の覚醒が急務だと思う今日この頃です。

>冬至魚さん
>
>信じられない話だな。
>政治家A個人の問題だけでなく、国の品格、知性の急降下と共に、世界から冷笑を日本人みなが受けることになる。
>失言ばかり続けるバカな政治家を見るにつけ、彼らを国会に送り込んだ国民にも責任はあるだろうから。
Posted by ぷんぷん at 2019年02月28日 09:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。