2019年08月13日

明日という字は明るい日と書くのね

明日という字は明るい日と書くのね


前回、全英女子オープンで優勝した渋野日向子さんの快挙と世界中を幸せにした笑顔を取り上げたとき、自分も日本を明るくすることに思いを向けようと書きました。

しかし、どうにも明るい話題が見つかりません。

いろいろ思い浮かべようとしても、またネットをみても、つい批判したくなるようなことばかりなのです。
しかも広島や長崎への人類史上最悪の原爆投下記念日があり、そして終戦、いえ敗戦記念日がもうすぐやってきます。

そんな悲しく恐ろしい戦争を自分たちの地位や権力の源泉にすべく、日本を支配する安倍でんでん悪徳・犯罪一味がいまだにこの国にのさばっている中、なかなか明日への希望に思いをはせる事柄は、残念ながらスポーツの世界以外に見出すことができません。

思えばあの強豪南アフリカに勝って世界を驚かせたチェリーブロッサム、そうですジャパンが活躍したイギリスでのラグビーワールドカップがもうすぐ日本で開催されます。

昔ミスター・ラグビーの名で知られた松尾がいた新日鉄釜石や夭折した神戸製鋼の平尾が活躍していたころは、私もよくテレビで見ていました。

今では五郎丸でしょうか。

そういえばワールドカップを盛り上げようと、人気作家の池井戸潤氏のノーサイド・ゲームがTBSで放映中ですね。
物語展開がワンパターンで今一つ私には入れ込みにくく、予定調和的で物足りないのですが、ドラマに元全日本のキャプテンや選手が出ていたり、有名人の2世が多く出演したりしているようで、これからどうなるかやはり楽しみにしています。

ワンパターンと批判する前に自分で何か創造してみろ!とぷんぷん

IMG_0045.JPG


話がずれました。

今日何をブログで書こうかと、明るいこと、明るいニュースとつぶやいていたとき、ふと表題の歌詞を思いだしました。

ネットで調べたら、

「悲しみは駆け足でやってくる」というタイトルで、歌っているのがアン真理子さんという方でしたが、全く記憶にありませんでした。

今日のタイトルの部分しかメロディも覚えていませんが、1968年の歌、50年ほど前の曲だと知りました。

♪悲しみは駆け足でやってくる
アン真理子 作詞 / 中川克彦 作曲

明日という字は明るい日と書くのね
あなたとわたしの明日は明るい日ね
それでもときどき悲しい日もあるけど
だけどそれは気にしないでね
二人は若い 小さな星さ 悲しい歌は知らない

若いという字は苦しい字に似てるわ
涙が出るのは若いというしるしね
それでもときどき楽しい日も来るけど
またいつかは涙をふくのね
二人は若い 小さな星さ 悲しい歌は知らない

若い恋人たちの心情を歌にしたものです。
そして悲しみは駆け足で必ずやってくるけどめげないぞ、と歌っているのですね。

曲調や歌詞、そしてテンポは違いますが、今の歌もほとんどが、「私」「あなた」など一人称、二人称の歌が中心です。
しかし恋人たちになぞらえていますが、本当は世を憂いている歌がほとんどなのかもしれません。

今ではストレートに、ラップや一部のミュージシャンたちは時代の大きな問題や課題を曲として歌い上げ、聞く者に、平和に暮らすために必要な社会とはいったい何かを訴えているような曲が増えているように感じます。

敗戦記念日を前に、思い出すのは亡くなったジョン・レノンの「Happy Xmas(War is over)です。
ベトナム戦争時、せめてクリスマスの日ぐらいは殺しあいをやめようよ、という願いを込めて作った曲ですが、子供たちの声で繰り返すコーラス

「War is over  if you want it  War is over now」

このコーラス部分が投げかけていることは、遠い世界のことだと当時は思っていました。
しかし今の日本では決してそうではないことだと感じてしまいます。

明日という字は明るい日と書くのね、とみんなが本当に実感できる日本、世界に少しでも近づくように、まずは、ブルーマンデーで電車が止まる日がなくなることを願うばかりです。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 15:24| Comment(0) | 先人・偉人からのギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。