2019年10月08日

ラグビーワールドカップに一番ふさわしくない安倍と荻生田がいる現実 A

ラグビーワールドカップに一番ふさわしくない安倍と荻生田がいる現実 A


土曜日のサモア戦とてもいい試合でした!
最後まで互いに死力を尽くした、まことに見ごたえのある、これぞラグビーという名勝負でした。

ラグビーは試合が終わればノーサイドです。

ノーサイドとはとてもいい言葉ですね。試合が終わった瞬間に敵味方の区別がなくなり、お互いの健闘をたたえ合うことで、まさに紳士の態度、精神が尊重されています。前回のアイルランド戦もそうでしたが、サモア戦後も見るものになんとも言えぬ清々しさをもたらしたノーサイドでした。

ロシアサッカーW杯でのベルギー戦でも、ベルギーの選手がグランドに倒れこんだ香川選手などに近寄り声をかけ、手を差し伸べているシーンがありました。

こちらも限界まで力を尽くし、精一杯戦い、たとえ勝敗はついたとしてもスポーツマンシップに則った見事な戦いぶりの日本に対するリスペクトが、自然とそういう行動をとらせるのだと思います。

他の競争社会ではなかなかお目にかかることができない、このようなスポーツマンシップこそ皆が学ぶべきことだと改めて思いました。

つい目先の勝敗を伝えがちなメディアに大いに問題があるのですが、一番重要なのは観客や国民がどのように感じ、自分の人生に生かすのか?
がとても大事なことではないかと思うのです。

ラグビーの素晴らしさには、いろいろあると思いますが、その激しさゆえに厳格なルールと試合を裁く審判の存在が、ほか競技と際立った違いがあるからかもしれません。

基本的に審判はゲームが極力スムーズに進行することに一番心をさくといわれます。
ですからゲーム中の審判は単なるジャッジだけでなく、要所要所で選手に注意というよりは試合運びやプレイに対し適切なアドバイスを送ることを優先するそうです。協力してくれる選手にはその都度感謝の気持ちを伝えるとも聞きます。

政治の世界にもそのような審判の役割をジャーナリズムに期待しているのですがね。

騎士道、武士道、阿修羅道!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


同じ競技でトップを目指すラガーマンたちは、たとえ対戦相手に負けて悔しい気持ちを持ったとしても、同じ競技世界の住民として、優れた勝者への敬意があるからこそ、称えるのだと思います。

政治の世界ではなぜできないのでしょうか?
価値観は違えど同じ日本人に支持されている弱小政党への敬意が与党にあれば、今のような惨状にはなっていないはずです。

しかしただ勝てばよい、という人間にはこのような気持ちや同じ競技の仲間たちと互いに高めあうという、まさに人間にしかできない素晴らしさが理解できないのだと思います。

やはり最後はスポーツだろうが政治だろうがそれを行う人たち次第なのでしょうね。

自分たちが勝てないのなら、ルールを変えたり、審判を買収したり、悪質な反則をしたり、といったことがないのがやはりラグビーの醍醐味です。

様々なスポーツをやってきた私ですが、ラグビーだけはやったことがなく、いまさらながら一度はやってみたかったと思ってしまいます。

そしてラグビーの神髄、極め付けが有名な言葉、One for All, All for Oneです。

「一人はみんなのために、みんなは一人のために」チームプレイの何たるかを言い表した優れた標語で企業などでもよく使われています。

そんな素晴らしいラグビー精神に一番ふさわしくない、
「今だけ、金だけ、自分だけ」の安部と一の子分で、しかもあろうことか文部大臣に収まった荻生田が国を代表して開会式にいたではありませんか!

まあ、皮肉にもこの言葉どおり安倍でんでん悪徳・犯罪一味の仲間内では見事に徹底しているのですがね。

ラグビーの精神、スポーツのすばらしさのひとかけらも理解できない人間が国の代表として主賓席に陣取り、しかもジャパンのユニフォームまで着て観戦する理不尽を見るにつけ、今度は来年のオリンピックでも再現されることを考えますとゲンナリです。。。

まあそれはさておき、次の日曜日に行われる、スコットランド戦が台風に邪魔されず、前回の借りを返して初の決勝リーグに進出してくれることがとても楽しみです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 16:18| Comment(0) | 先人・偉人からのギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。