2019年10月15日

ラグビーワールドカップに一番ふさわしくない安倍と荻生田がいる現実 B

ラグビーワールドカップに一番ふさわしくない安倍と荻生田がいる現実 B


先日のスコットランド戦凄かったですね。そして約束通り全勝し、歴史的な決勝進出が決まり誠に素晴らしい勝利でした!
おめでとうブレイブ・ジャパン!!

関電の事件や台風被害への安倍でんでん悪徳・犯罪一味などの対応批判の記事を書こうと思っていたのですが、やはりあのような試合を見てしまうと、書かずにはいられません。

本当に手に汗握る素晴らしい試合でした。

試合の前半は先にスコットランドにトライを決められ、ちょっとこれは簡単な試合ではないな、と緊張しましたが、すぐに日本の俊足二枚看板、福岡選手の素晴らしいパスから松島の独走トライが決まり、コンバージョンキックも入り7対7と追いつきました。

その前のキックが風の影響なのでしょう、外れたので心配しましたが、田村選手はいつものナイスキックで同点に追いつきました。
まずはホッとするとともに、この二人の走りは漫画のような見ていて胸のすくものです。

さらには怒涛のトライを重ね、もう前半戦で勝利を確信したのですが。。。

しかし、さすがにスコットランドも強者です。後半戦の残り20分間はとてもしびれる一進一退のゲームで、何とも時間が進むのが遅くハラハラドキドキでしたが、28対21で勝利しました。バンザイ!

試合を見ていない人はネットを見ればその素晴らしいゲームの瞬間を見ることができますから詳しくは書きません、いえ私の文章ではとてもその感動を伝えることはできませんので是非ご覧になるのをお勧めします。

しかし素晴らしいトライの数々の中でも、感動して今にも泣きそうなくらいのトライがありました。

このようなトライは今まで見たことがありません。俊足の福岡、松島選手たちのぶっちぎりのトライとは全く逆の、重量級のフォワードの選手たちが都合4人、相手のタックルで倒れそうな瞬間に次ぎ次ぎとパスを繋げた、それは見事な真ん中へのトライでした。

これだけの連係プレイ、想像を絶する練習を重ねたのだろうね!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0027.JPG



思わずとんでもなく大きな歓喜の声を上げてしまいました。

こんなに大きな声を出したのはいつ以来でしょうか?
たぶんオリンピックの400メートルリレーで日本が銀メダルを取った時以来だと思います。

とにかくアドレナリンが出っぱなしでした。

華麗なステップやスピートを生かしたトライではなく、また重量級のフォワードが力任せでゴールになだれ込むトライでもない、本当に素晴らしい感動的なトライでした。

笑わないことで有名な稲垣選手がボールをしっかり両手で持ち、死んでも離さないぞ、というトライを決めました。

海外のメディアや外国人ファン達のネットでは様々な反応が書き込まれていましたが、「こんな見事で美しいトライは見た事がない!」という称賛の声が数々上がっていました。

後で何度もそのシーンを見たのですが、大きな、そして走るのは決して早くない日本のフォワード陣が、タックルに来るスコットランド選手に捕まる寸前、ほぼ倒れる瞬間に後ろから走ってくる味方に片手でパス(オフロードパスと言うのだそうですが)を繰り返したのです。

普通は、ほんの一瞬の違いでボールを取られるか、タックルを浴びてダメになってしまうものですが、この時ばかりはまるで映画のワンシーンのように連続してボールが4回もつながった素晴らしいトライでした。

印象的だったのは、トライを決めた稲垣選手が後ろからまるで牛かサイのように(失礼!)のっしのっしと懸命に走っている姿でした。

たとえ無駄になってもいいから味方を信じて走る、全員が勝利という目的に向かって献身的にハードワークする、
まさにOne for All, All for One、このチームのチームワークを象徴的するシーンだと思います。

そういえば昔、ミスターラグビーと称せられた平尾誠二氏が言ったとされますが
「後半のAll for One のOneはただみんなにぶら下がっている甘ちゃんの一人、という意味ではなく、みんながプロとしての覚悟、頑張りで目指す、勝利という意味だ」と言っていたように記憶します。

確かに戦後復活し、驚異的な成長を遂げて世界から称賛された日本には、一部の政治家、吉田茂や安倍でんでんのジイサンの岸などを除いて、国民全員が日本の復興と家族の幸せという明確な目標に向かって一丸となり、絶え間ない努力を惜しまなかったが故に実現できたのでしょうね。

勝利後のインタビューでトライした稲垣選手が、「代表になって七年ではじめてのトライであり、ボールを落としてはいけないと両手でしっかりトライした」と答えていました。

また、「これがトライというものなのか」としみじみと話す様子から、彼の無骨だけど根っからのラガーマン精神心が見て取れたようにおもえました。

さらには「台風被害に遭われた人たちに勇気を届けたい」という言葉には、今の政治屋や厄人からは決して感じることができない、嘘偽りのない本当の想いが溢れていたように思えます。

次の日曜日はいよいよ決勝リーグが始まり、あの因縁の南アフリカ戦です。
今からワクワクしていますが、きっとこの試合に勝ちさえすれば決勝まで行くような気がします。
まずは体を休め回復に努め、また全員ラグビーで勝利を勝ち取ってもらいたいと思う次第です。
がんばれブレイブ・ジャパン!
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 17:23| Comment(0) | 先人・偉人からのギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。