2019年11月26日

国政選挙の投票を義務化するしか日本を救う道はないのではないか

国政選挙の投票を義務化するしか日本を救う道はないのではないか


最近の国政選挙のたびに投票率は50%前後しかなく、この低投票率こそが現政権与党に都合のよい結果を生む原因になっています。

現在与党は選挙権のある国民の,たった2割程度の支持で圧勝しているといわれます。
NHKをはじめ大手マスコミは本来の機能を全く果たさず、今この国のおかれている現状を正確に報道していません。ですからこのようなマスコミからの情報だけをうのみにしている国民が現政権を批判し、政権を倒そうという機運は絶対に生まれません。

また検察や裁判所さえも現与党に人事権を握られていますから、森友、加計学園等の現政権の不正や、今問題の桜を見る会の安倍たちの不正も知らんぷりなのです。この件だけでもまっとうに検察が立件すれば安倍の政治生命は終わり、堀の中に夫婦水入らずで懲役暮らしなのです。そうすれば多くの国民が覚醒し、現政権の実態を認識して、この国は確実に変わります。

しかし今のマスコミや官僚たちは決して自分たちからこのことをできない、いえすることは決してありません。
なぜなら大なり小なりすでに現政権に手を貸し、事実が発覚すれば人生が終わるからです。むしろますます国民監視を強め、自分たちの立場が危うくなるような安倍たちの不正が明るみにならないよう、世間の耳目を他に向けるよう懸命にほかの事件や事故を掘り起こします。
たぶん手持ち案件としてリスト化しいつでも事件化できるのです。

しかしあそこまで馬鹿な総理や副総理をかばうのもそろそろ限界だと思うのですがね。

皆さんもとっくに気づいていると思いますが、芸能人の麻薬やスキャンダルなど安倍政権になってからタイミングよくニュースになりますからね。

偽造、ねつ造、安倍晋三 ここに極まれり!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


このままだと植草さんのようなねつ造事件がどんどん出てくる可能性が大です。
アメリカ国民も以前はよく騙されてきましたが、トランプ大統領を選出したころから国民はいかにマスコミが嘘やねつ造により国民をだましてきたかに気づき、やっといまアメリカは変わろうとしています。

まっとうな仕事をする選良官僚は排他され、みなヒラメのように上のご機嫌ばかり伺い、自分の出世のためなら平気で国民を欺き、この国を貶めているのが現実です。

日本でも心ある人たちは選挙のたびに、投票に行って現政権を破り国民サイドの政権を誕生させようと一生懸命ネットなどで訴えています。そして山本太郎氏のれいわ新選組の登場によってだいぶ空気が変わってきましたし、共産党の優れた調査や国会質問がNHKで報道されなくてもネットで見ることができ、以前に比べたらだいぶ状況が変わってきたことも事実です。

しかし悲しいかな政治に関心を失った人々や生活に追われ世の仕組みや世情に疎くなり、自分の一票で世の中が変わるなどと本気に思っていない人たちはまだまだ多く存在し、せっかく与えられた選挙権を行使することなく、結果としてこの国を変える力を放棄してしまっています。

たぶんこのままでは、ずるずる貧困化が進み、にっちもさっちもいかなくなって初めて、香港のように暴力、暴動を起こすしか手がないことに気づくのかもしれません。

しかし共謀罪などが成立した今、このような暴動や暴力に訴えたとしても、また正当なデモであっても鎮圧されるか、相当な被害が伴い国内が血で血を洗う悲惨な状況になるのは目に見えています。

そこで選挙の義務化という選択肢を真剣に考えてもいいのではないか、と思うのです。

もちろん現政権サイドは猛反発するでしょうし、義務化しても効果がないとか、選挙に行っても無効票しか増えないだとか、否定的な意見が出ることは十分予想されます。しかし今の日本が本当の民主国家になるためには、納税の義務と同じでこの国の国民意識や政治意識を高めるためにも必要なのではないかと思うのです。

そうすれば、さすがに今のような安倍でんでん悪徳・犯罪一味の巣くう政権や政権べったりのマスコミは存在できなくなると確信するのですが、皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 18:19| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。