2019年12月03日

庶民の楽しみ花見さえも汚した安倍でんでん悪徳・犯罪一味

庶民の楽しみ花見さえも汚した安倍でんでん悪徳・犯罪一味


国会も残り少なくなりました。そして今年も一か月を切りました。

相も変わらずうんざりするほど醜悪な安倍でんでんです。同様にヒラメ官僚たちにもゲンナリですね。

まあ、野党もマスコミも本気で安倍を追い込もうとしているのはごく一部で、やはりほとんどは同じ穴のむじな状態です。

いまだに政権支持が40%以上もあるというのですから、フェイク、偽造、ねつ造支持率でないとすると国民の意識も同様に目も当てられません。この数字が本当ならこのまま日本国家が落ちぶれていくのは自業自得です。

あれだけTPPはやりません、と言いつつ真っ赤な嘘をついてアメリカへの忠犬のごとく裏では日本を破滅に追い込む不平等な貿易協定を安倍でんでん悪徳・犯罪一味は桜騒動の裏で決定してしまいました。

嘘つき大賞は安倍でんでん裸の大将で決定!ぐらい書けよ大手新聞!とぷんぷん

IMG_0096.JPG


消費税の本来の目的を外れた使われ方を知っても、生活がとても苦しくても、将来の夢を描くことさえもあきらめたように、多くの国民は何も文句も批判も行動も起こしません。

もう日本の現状をいくら批判し愚痴っても、政治、官僚、マスコミといった権力が国民サイドのために働いてくれないとどうしようもありません。

ネット世論の正論がこの国の大勢だとしても、この権力構造が変わらない限りニッチもサッチもいきません。

やはり暴力革命でも起きない限りこの国の将来はないも等しいのかもしれません。


一方で今年もスポーツ界では私たちに元気や勇気を与えてくれた素晴らしい人たちの活躍がありました。


もし彼らがその影響力を行使して現政権やこの国の行く末に対し批判的な指摘をすればきっとものすごい反響があり、世の中が変わる可能性があります。

ただ経団連と持ちつ持たれつの安倍でんでん一味は卑劣なことでは天下一品、配下の警察や検察、そしてマスコミを総動員して潰すこと請け合いですし、そもそも、ラグビーのブレイブジャパンにしてもバスケの八村選手にしても、そして私のお気に入りのゴルフの渋野選手にしても、彼ら彼女らの経済的な生命線が企業、スポンサーですからね。

あ〜あ 八方ふさがり、四面楚歌ですね。

来年の花見を考えるには早すぎますが、国民が心から安心して和やかに楽しめる桜の季節が来るためには悪徳一味の一掃しかありません。
しかし如何にして?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by ぷんぷん at 19:47| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。