2020年02月11日

第三章 蝮が這った跡

第三章 蝮が這った跡



『小さな角』のつぶやき…

『自分たちのことは自分たちでやる』のは当り前のことだ。そんなことは親に小遣いをねだるような将軍(お前にだけは言われたくない オ・マ・エ・)に言われなくったって、将軍(オマエ)以外は皆わかっている!

が、起こった犯罪に対しては、捜査権や懲罰権がない士民ではなんとも対処するすべがないではないか!

こればっかりは公儀(政府)が毅然と対応してくれなければ…。
しかも、異国人がからんでいるようだし…。

しかし、役人にまかせておっては、何も解決しないのも現実だ…。

生類憐みの令がドウノ、鎖国令がコウノ、とたらい回しにするばかりだ。

神子丘十三(ゴルゴ13)(?)もいないし…。



一 蝮と蛙?

春がやがて来ようというのに、世相の乱れは一向に正されず、人々の心には春はまだ来ない…。

江戸の治安をあずかる南町奉行能勢頼相(のせよりすけ)は、状況打開を図るために筆頭老中に談判した。

面を伏せて、

「ご老中、この頃の江戸で発生している多くの騒動は、寅三とかいう一介の香具師が起こせるほどの単純なものではありませぬ。黒幕が控えおるものと思われます。
似たような騒動が、各地の繁華な町でも発生しているとのことも耳にはさみました。国じゅうで起きている騒動がさらに続きますれば、公儀のご威光(いこう)がゆらぎかねませぬ。なんとしても早期に解決せねばなりませぬ」
と具申(ぐしん)すると、

「ク〜ッ、ク〜ッ」
という寝息が聞こえた…。

………。

頼助は退出した。

協力してくれる有志を募り『自ら解決するのみだ』と決心した。

数日後、提出された調べ書きに目を通しながら、頼相はつぶやいた。

「北町の手入れは時間の無駄であったわい。まとめると次のようなことかの…。
諸々の犯罪には、大がかりな唐人組織がからんでいるようじゃ。

この組織を『蝮』としよう。

唐人が絡むということを前提にすると、塒(ねぐら)は長崎にあるものと断定してよいであろう。仮に唐に本拠を置く組織だとすると、長崎の役目は前進基地ということか…。

蝮たちは長崎から東に向い、大坂、京、熱田など多くの富商(ふしょう)がいる町をねらった。そして各地の盛り場で裏家業を行っている顔役にとり入った。

この顔役を『蛙』としよう。

蝮は蛙に阿片を与えて一家を乗っとった。そして短期間で多くの利益をあげ、同時に奉行所の調べを混乱させるために、色んな犯罪を一斉に仕かけた。

その特徴は、世間で不評の生類憐みの令を基本にして組み立てたところで、この触(ふ)れに反発している人びとは捜査に協力することはないと見きっている…。

打ちこわしなどが起きれば、さらに荒稼ぎが見こめるとのねらいがもあったようじゃ。
そして、犯罪の手じまいを見こして、蛙が犯人であるかのような噂や証拠を周到に準備した。蝮は捜査が及ぶにおいをかいだら、すぐさま蛙を証言不能な状態にして身代りに仕立てて、自分たちへ捜査が及ばないようにした。

まだ、わからないのは…
蝮の正体は何者か?子供たちをこの先どのようにしようとしているのか?

いずれにしろ、長崎を調べぬことには、この霧の向こうには出られぬようじゃのう。異国との関りだけはないことを祈るばかりじゃ…」


頼相のつぶやく声を聞きながら、行者は頭上からその調べ書きをのぞいていた。
居所が明らかな者の近辺には、無形飛翔(ステルスフライト)の術で姿を消して近付くことができるのである。

日本列島地図1.png




清四がかどわかされたかもしれないということを耳にしていた行者は、なんとかとり戻す手がかりが得られないものかと、行者なりに南北奉行の調べの様子を見守っていたのだ。

北町奉行の川口宗恒を監視するのは時間の無駄であると、早々に見きりをつけ、最近は能相のみに標的(ターゲット)をしぼっている。

その日、善八に頼相に提出された調べ書きの話をした。

行者から話を聞いた善八は、北町奉行所の牢内にいる寅三からいきさつを確かめるように依頼した。

行者は深夜、無形飛翔(ステルスフライト)の術で牢内に忍び入り、夢枕囁き(マインドコントロール)の術で寅三の深層記憶を引き出した。それによると次のような事実が判明した…。


昨年の暮れ、熱田の、寅三の兄弟分の紹介状を持って唐人軽業一座が興行させてくれと申しこんできた。
寅三は一座に場所を分け与えた。そのうち唐人の束(たば)ねが、『疲れがとれますぜ、たまにしか使わなければ体にはまったく悪さしませんから』と、寅三に阿片をすすめた。そして幹部にも…

やがて唐人一味は寅三の自宅に居すわるようになり、寅三は奥の小部屋に押しこまれた。そして、自宅まで乗っとられてしまったのだ。

そして、ゆるみきった江戸の町に多くの犯罪を一斉(いっせい)に仕かけたのである。かどわかしも…。

そして、かどわかされた子供の中に清四もいたのであるが、寅三の子分の丈吉という男が、鰻とりをしている清四を連れ去ったとき、懐から天九牌がすべり落ちたのである。丈吉はふところからすべり落ちた物が何かはわからなかったが、直感で重要なものであると感じ、唐人の頭の行李から盗み出していたものである。
そのとき丈吉は気づかなかったが、唐人の一人に見られていたのだ…。

ここまで聞いたとき、牢番が見回りに来たため、行者はあわてて引き上げた。

その頃、丈吉を監視していた唐人は、江戸の束ねに報告していた。

「丈吉は軽業小屋で痛めつけて、逃げねえようにしばって転がしてますが…」
「あの根付を盗んだうえ、誰かに拾われてしまったか…。今ごろは役人の手に渡っているかもしれねえな。
ヨシ!丈吉を裸にして他に何か持ってないかよく確かめたら、土左衛門に見せかけろ。そろそろ引きあげどきだ!」

唐人の束ねは指示した。
「野郎ども、そろそろ潮時だ。
丈吉を始末したら、寅三一家のたれこみの用意をしろ。いままで流してきた噂を裏付ける証拠を、投げ文と一緒にできるだけ頭のゆるい御用聞きの家に投げこめ。小屋には何も残すな。寅三一家を集めて、奉行所で申し開きができないくらいに狂わせてしまえ。
他の町の仲間に、長崎に集まるよう回状をまわすことも忘れるな!」

「寅三、あとはまかせたぜ。せいぜい時間稼ぎしてくんな…」

北町奉行所同心山影琢磨(やまかげたくま)が使う御用聞きが投げ文を見つけたときには、唐人軽業一座は影も形もなくなっていた…、という顛末だった。
続く
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by ぷんぷん at 11:45| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。