2020年03月24日

二 まさかの命令書…

二 まさかの命令書…

ヨハネスが、涙を浮かべた顔をあげて皆につげた。
「皆さん、地下牢につながれているのは間違いなく兄のフレデリックです。今回の一連の騒動の背景がしるされています!」

フレデリックは台湾紀行を書くために基隆取材におとずれ、牙島の要塞司令官、実は西班牙(スペイン)海賊の頭領であるアントニオに取材を申しこんで快諾された。

アントニオは、敵国と見なしている阿蘭陀(オランダ)の東印度(インド)会社や出島の様子を聞き出すため歓待したのである。

歓迎会が終わると自室にフレデリックをさそった。

「東印度会社の詳しい状況や、日本との交易の状況などを教えて下さらんか」
と、話をうながした。

しかし、フレデリックは自国の不利益になる一般的状況以上のことには口をつぐんだ。
アントニオは、拷問で口を割らせるしかない、との荒っぽい結論に達した。

「ちょっと用をたしてきます。ゆっくり飲んでいて下され」
と、部屋を出ていった…。

フレデリックは少々酔ってコップをとり落としてしまい、アントニオの机の下に転がっていったコップをひろおうとした。

すると、机の引き出しからはみ出した『命令書、親愛なる未来の東印度副王アントニオ殿…』との書き出しがある文書に気づいた。

それは西班牙国王カルロス二世の命令書であった。

思わずその文書を手にすると、驚くべきことが書かれていたのである。
文書を引き出しに戻したとき、アントニオに命じられた武装した男たちが現われて、フレデリックは地下牢に閉じこめられてしまった。

牢には、日本を含む多くの国の子供たちがとらえられていた…
アントニオは、阿蘭陀東印度会社の基地の状況や武装、蓄積した財産などを聞き出そうと拷問をくわえたが、フレデリックは頑として口をつぐんだままだった…。

しばらくすると、すでに地下牢にとらえられていた子供たちがどこかに送られていった。
そして新たに、清四を含む日本の子供たちが地下牢に送りこまれ始めたのだ…。

長崎出島にも滞在していたことがあり、東洋を長く旅していたフレデリックは、漢字の読み書きと簡単な日本語会話ができた。子供たちから事情を知ったフレデリックは、この牙島における事実は世に公表されなければならないと決意し、自分が殺されても誰かの目にふれる事を期待して記録をつづり始めた。

牢で自分の下着を引きさいて、たりなくなると子供たちの下着を分けてもらい、みずからの血で少しずつことの経緯を書き残した

ヨハネスは続けた。

「今西班牙は、顎が長いだけの、オツムが相当に思わしくないと評判のカルロス二世という国王が治めていますが、大変なことを海賊の頭領アントニオに向けて命令しています。その背景には、植民地経営と阿蘭陀に対する報復があるようです。貴国にとっても極めて重大なことが記されています」
と、命令書の内容を話し始めた…。

命令書

親愛なる未来の東印度副王、アントニオ殿、以下を命令する。

一、 墨西哥(メキシコ)経営に必要な子女を確保し、墨西哥に送りこむこと。別途指示することと考えあわせると日本人の子女が都合がよい。

二、 加拉巴(ジャカルタ)にある阿蘭陀(オランダ)東印度会社の拠点を攻撃し、壊滅させること。

三、 次に、日本の長崎に攻め入り出島の阿蘭陀商館を壊滅させること。

四、 同時に、できるだけ多くの日本の地を植民地化すること。

五、 悪鬼を祀る祭壇を作り崇拝(されたし。さすれば朕が契約した八匹の悪鬼に協力を命ずることができる。

六、 なお、悪鬼の協力を得るには、子女八名を選び生贄としてささげることが必要である。

七、 六に記す実施方法については、別号の祭事仕様(マニュアル)にしるす。

八、 清国の福建省巡撫(じゅんぶ)(行政長官)超笛統(ちょうてきとう)からさし出された『貴職の活動を阻害しない』『百連壇という民間組織に協力させる』旨の確約書と、同巡撫からの、援助金(ワイロ)の領収書を同封するので必要に応じて活用されたし。


(別号 悪魔祭・祭事仕様)

別一 朕は次の者たちと契約した。
首領デーモンと、クラーケン、ケルベロス、キマイラ、メドゥーサ、アメミット、ケンタウロス、サイクロプスの七匹の悪鬼、および下働きゴブリン。次号に記す呪符に八匹の悪鬼の名前が書いてある。

なお、書き間違いに備えて、予備の呪符を一枚つかわす。

別二 悪魔祭に用いる邪杯(じゃはい)と呪符をさずける。
これらには、朕がとり行った悪魔崇拝式において、すでに邪気をみたしているので、その方は次号に記す簡便な方法により悪鬼の力をかりることができる。

別三 以下の仕様にて祭事をとり行うこと。
まず、邪杯(じゃはい)と呪符および雌鶏を一羽準備する。
次に、八名の生贄の姓名を呪符に記した悪鬼の下に記す。
さらに、邪杯に雌鶏の生血を満たし、呪符をそのなかにひたして三分間待つ。『チンッ』と音がしたら祭事は終了である。

この時点で、悪鬼はその方たちが望む力を発揮するであろう。
悪鬼はその方たちの目にはうつらないが、天空になんとも言えない不快な気が満たされたと感じたとき、悪鬼が出現したものと判断してよい。

姓名が書かれた者が死亡した時に、悪鬼はその魂を喰い契約終了となり消えうせる。

別四 なお、下記事項は重要であり、十分注意すること。
呪符にしるす姓名が多少不正確であっても、悪鬼は仮に受けつけてその力を発揮する。
ただし、より正確な姓名に修正された新たな呪符に交換された場合は、先の呪符の内容は効力を失う。八匹の鬼は新たに記された姓名を持つ者の魂魄(こんぱく)を喰(く)らうこととなる。

命令書各号に成功した暁(あかつき)には、貴職に、印度から日本までの西班牙(スペイン)植民地を統括する東印度副王という地位を約束する。

一六八八年某月某日
日の沈まぬ国西班牙(スペイン)国王 カルロス二世 署名

しばらく、皆は言葉が出なかった…。
続く

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

桃太郎 行者役子角.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 18:02| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。