2020年03月31日

三 百連壇の巣

三 百連壇の巣


ややあって、怒りを飲み込んだ翔吉が気を取り直して声を上げた。

「ところで翔竜、百連壇のねぐらはまだハッキリしないか…」

「うむ、台北の近くというところまではわかったが、近くの民をおどして口をつぐませている。くわしい場所にたどりつくにはもう少し調べがいる」

翔吉は竜平が手に入れた天九牌をわたした。

「これは奴らの仲間の印らしい、手がかりになるかと思う」

「おう、これがあれば、すぐに奴らのねぐらをあばき出せよう」

翔竜の配下が台北に潜入した。
配下の帯には天九牌が下げられていた。
二人のあとから、鄭翔竜の弟の翔虎がそれとなくついていった。


淡水河の河岸横にある飲屋で男たちが安酒を飲んで大声で話していたが、腰に天九牌を下げた男が入ってくると口をつぐみ、酔いつぶれている一人を残してそそくさと店を出ていった。

翔虎は、その男の仲間のふりをして男を淡水に連れ帰った。
水をかけられて目をさました男は、おびえながらもすごんで見せた。

「俺様をこんな目にあわせたら、百連壇がだまっちゃいないぜ」

「俺様よ、その百連壇のねぐらが知りてえんだよ。急いでいる。素直に教えてくれたら痛い目にあわずにすむぜ」

男はあらがっていたが、

「面倒だ、始末しちまえ!」
との翔竜の言葉に、

「わかった、しゃべる。おれは下っぱなんだ、見のがしてくれ」

配下が確かめに出かけ、翌朝、台湾北部の少数民族バサイ族の珠光村(じゅこうそん)という村の村長(むらおさ)の息子を連れて帰ってきた。

「あの男の話に間違いありません」

百連壇のねぐらはおおむね次のようであった。

百連壇は珠光村という村の民を追い出して塒(ねぐら)にしている。追われた村人は、哀れにもさらに不便な山奥に引っこしたという。
清国の官憲(かんけん)は『地方自治の精神から、地域の動きには干渉しない』としているが、要は福建省巡撫の超笛統(ちょうてきとう)という役人が百連壇から袖の下を受けとり、とりしまらないだけなのだ…。

ここにも、『権威』の名を借りた理不尽がまかり通っているのであった。

「この人々を救うためにも絶対百連壇を根絶やしにするのだ!」
翔吉の声に、皆も心に誓った。

天九牌.png

天九牌


四 拉致(らち)被害者…

気を取り直したヨハネスが発言した。

「西班牙(スペイン)国王の命令書を是非とも奪うべきです。これがあれば作戦終了後、東洋から西班牙勢力を駆逐することができます。清国の官憲にも力を発揮するでしょう。それと、ここに書かれている八匹の悪鬼は西洋社会では有名な邪悪な者どもで、そいつらは…」
と、言い伝えられている姿形や、その特徴を説明した。

そして、改めて続けた…。

「最後に、まことに残念で悲しむべきことをお伝えしなければなりません。兄の文には、すでに日本の子女を含む約五十名の子供たちが海の向こうに連れ去られたそうです。この子らを救うことはもはや…」

皆は等しく息をのみ、そして下を向いた…。
皆の額には青筋がピリリと立ち、皆のひざに涙がしたたり落ちた。

散華(さんか)衆と鳩を残し、りふじん堂一党は行者の術で順次江戸に向った。

(からだが持チマシェン…)
との行者のつぶやきは、一切無視して…。

善八は、帰ってきた者たちの話をもとに考えをまとめた。

(『狂人が治める国』『徳義などを無視した利益を追うやから』『背骨がなく現実から遊離した無策の公儀』、これらがつむぎ出した理不尽な網をやぶり、なんとしてもとらわれている子供たちを救い出してくれる!)


四月中旬の夜。
善八は、同心大月謙次郎の案内で南町奉行能勢頼相(のせよりすけ)をたずねた。

「うむ、そのようなことであったか…。討ち入りとその手立てについては万事その方にまかせる。鎖国の手前言いにくいことが多くあろうからの…。わしが全ての責を負う。よろしく頼む」

善八が退出したあと、頼相は暗い顔でつぶやいた。

「ご重役がた、特に柳沢吉保(やなぎさわよしやす)様が、善八たち民間人の実力をどのように考えられるか心配じゃ…」

同じころ、腕組みしながら仕世堂への道を歩いていた善八も、いつかは手切れになるであろう公儀との協力関係に思いをはせてつぶやいていた。

「いまは良いが、ことが終わったあとには…。
柳沢様には、強力な反動打撃(カウンターパンチ)を準備しておくことが肝要じゃ…

作戦は、子供を取り戻せば済む、という単純な物ではないのう…。
江戸にもどるまでの段取りと、江戸にもどるときの段取りに脈絡を持たせることが必要じゃ。
そして、南町奉行能勢様との関係は良好に維持し、江戸の人々の声を最大限に味方にして、同志の方々の協力も仰ぐ必要がある」
『官民共同体』の限界を見据えた、遠大な展開(シナリオ)を考え続けた…。

善八の頭上の月は、囚われた子供たちの涙が天に昇ってできた雲か、村雲(むらぐも)がかかって朧(おぼろ)であった…。
続く
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by ぷんぷん at 11:43| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。