2020年04月28日

二 牙島要塞粉砕!

二 牙島要塞粉砕!


六月四日の朝八つ半(午前三時)。
珠光村、淡水間の百連壇の連絡を遮断した。
次いで、牙島討ち入りに向かう者たちが淡水を出発した。
討ち入り衆が、牙島要塞を海峡のすぐ向こうにのぞむ密林に到着した。

「ここなら要塞からは目につきにくいな。それにしっかりした立ち木と竹林も豊富にある…、よしここだ」

翔吉の指示で、皆は要塞からは見えないよう竹林に分け入って筏作りを始めた。

夕刻六つ半(午後七時)。
両岸の頑丈なブナの木に、並行して二本の太綱がピンと張られた。
筏が静かに、しかし速やかに海峡を渡っていった。
牙島に上陸した一党は、それぞれの組に分かれて待機した。

竜平は香気砲(こうきほう)の準備を進めた。

老人用オムツを装着された行者はなさけない顔をしていたが、竜平の、

「行チャン、カッコイイ!りりしいお姿はまさに歴戦の勇士です!」
という言葉に、たちまち気力横溢した行者は、

「ムムッそうか、いざ行かん!」
と、竜平の肩をムンズとつかみ、天空に飛び立ったのである。

夜五つ半(午後九時)。
城壁の南側の上空で、

「ブッ…、ウッ!」
という異音とうめき声がして、哨戒兵が突然たおれた。

「ブッ…、ウッ!ブッ…、ウッ!ブッ…、ウッ!」
つづいて、東側、北側、西側の順で哨戒兵が次々にたおれていった。

それを、遠眼鏡(望遠鏡)で恐怖の表情で見ていた太助が告げた。

「宗兵衛様、参ります」

西表で何度も練習していた太助たちは、要塞裏の岩山から、むささび傘(パラセール)であぶなげなく城壁におり立ち、各所に爆薬を仕掛けていった。

一方、城壁に太助たちが降り立ったころ、新助が地下牢の厠の下に浮上した。

「またせたな」
と新助が地下牢の暗がりから声をかけた。

やがて、監視兵近くの空間に行者の合図が聞こえた。

「オホンッ」

「それっ、目張りをしろ」

前もって行者から知らされていた清四の合図で、皆は牢格子に油引きの紙を押しあて、要所を糊ではり付けて牢内と監視所を遮断した。

何がなんだかわからず、ポカンとしていた監視兵が、

「ブッ」
という異音とともに昏倒した…。

香気砲.png


「さあ脱出だ」
子供たちとフレデリックは、地下牢から厠下の水路をたどり、水堀をわたって無事に脱出した。

やがて、懐中時計の針が早朝八つ半(午前三時)をさした。
要塞の各所で、次々に爆音が響(ひび)いた。
誘爆を起こした火薬庫はあとかたもなく吹きとび、砲台はくずれ落ち、母屋の正面玄関の扉は開いたまま斜めに傾いた。

轟音とともに、跳ね橋がガラガラと倒れ、やがて土煙がおさまると、ポッカリと口をあけた城門と、水掘をまたぐ跳ね橋が姿を現わした。

各部隊はいっせいに行動を開始した。

翔吉とヨハネスは母屋に侵入し、頭領アントニオの部屋を目ざした。

「これは」
と、翔吉が一通の文書を、ヨハネスに手わたした。

「西班牙(スペイン)国王の命令書に間違いありません」
一読したヨハネスがその文書を衣嚢(ポケット)にしまった。

二人が部屋を出ようとすると、半開きの扉の向こうの部屋から不気味なうなり声のような気配がした。
扉をあけると祭壇があった。赤黒いぶきみな悪鬼の姿絵が描かれた呪画が祀られており、羅甸(ラテン)語で何か書かれていた。ヨハネスが文字をたどった。

「八名の子供の名が…、これは悪魔崇拝の呪符の写しのようです」

触れようとすると気分が悪くなり、内容を手帳に書き写した。
横に何も書かれていない布があったが、これは難なく手にとることができた。
西班牙国王の文書と一緒に衣嚢(ポケット)にねじこみ、改めて母屋に火をつけた。

要塞のまわりでは、噴出してきた海賊たちと翔竜たちの戦闘が始まっていた。
五十人ほどの海賊は鉄砲隊を前に出し、槍と剣をかまえた者が続いていた。

「それっ」
という翔竜の声がして、物陰から半弓の一斉射が行なわれた。

「ズドンッ、ズドンッ…」
蝮の毒が塗られた矢を受けた海賊は、あらぬ方向に鉄砲を放った。そして大半の者が鉄砲を投げだして、傷口を押さえて転げまわり始めた。
硝煙が薄まると、たくみに矢をかわした槍隊が一斉に突きかけてきた。

「それっ」
とまた声がすると、今度は男たちの顔を目がけて一斉に目つぶしが投げつけられた。散華衆が作った、細かな砂と唐辛子を混ぜて卵の殻に封じたもので、海賊たちは槍を投げだしてもだえ転げた。

最後に残った十数人の直剣(ソード)隊は腕に覚えがある者たちのようで、半身で構えた直剣をたくみにあやつり、接近戦に持ちこんできた。

「三人で一人にあたれ」
翔竜は七、八人を配下にまかせて、みずからは五人の海賊を相手にした。

「リャ、リャ、リャッ」
配下の者たちが闘い終わるより先に、五人の海賊たちは、翔竜の舞踏にも似た流麗な刀剣術のえじきとなっていた。

闘いから逃げ出した海賊たちは、森の中や船着場に向ったが、多くは忍び罠に倒されていった。船着場にたどり着いた者も、そこの火災を前にして蝮が待つ森の中にのがれるしかなかった…。

「ギャッ…」
という声が時おり聞こえていたが、それもやがて聞こえなくなった…。

船着場の対岸では、伊良部衆を鼓舞する尚栄の声がひびいていた。

「それっ、つるべうちに放て!」

海峡を超えて放たれる矢や投げ銛が、船着場に浮かぶ短艇(ボート)や船小屋を次々におそい、火災を引き起こしていたのである。
日頃から鯨銛(もり)を投げなれている伊良部衆にかかっては、この程度の距離から的をはずすことはない。

二刻(約四時間)もすると、要塞と船着場に立っている海賊の姿は一人も見えなくなった。
やがて太助たちが馬を引き、皆が渡峡地点に集まってきた。

朝六つ(午前六時)。
海峡の潮の流れをしらべていた宗兵衛は、

「そろそろ渡る頃あいだな」
とつぶやいて翔吉に顔を向けた。

翔吉は、海賊の首領と幹部のなきがらを見なかったか皆に問いただしたが、誰も見た者はいなかった…。

「おそらく母屋に仕かけた爆薬で吹き飛んだのであろう。もはや時間もない…」

一艘を残して、八艘の筏は海峡を渡って行った。
翔竜は配下の者たちと山林を移動して行った。海賊や百連壇の残党を掃討したあと残された一艘の筏で帰還するのである。

退去を開始して一刻ほどしたころ、行者に連れられた竜平が姿を現した。

「百連壇(びゃくれんだん)幹部五人と手下五人が、馬に乗ってやってきます」
東方に爆発音を聞いた五人は、陥落した要塞を目にして珠光村に急いでいた。

「待ちうけて全滅させて欲しいと、本郷さんたちにつたえてくれ」

その頃、秘密通路をたどり、裏山の洞窟に潜(ひそ)んでいた海賊幹部のアントニオたちが談合していた。

「和人の奴らめ、ここまで子供たちを奪い返しに来るとは…。ちょっとまえに五島に阿片を運んで幕府の船に追いかけられたとき、逆に突っかけてやったら何もしないでスゴスゴと帰って行った和人が、信じられねえ…。
財宝とがき共を奪い返すぞ、生き残った者たちを集めろ!」

要塞の母屋は全焼しており、西班牙(スペイン)国王からの命令書と予備の呪符がうばわれたことには気づかなかった。
続く
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by ぷんぷん at 14:17| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。