2020年08月11日

第十章 それからの始まり

第十章 それからの始まり


『小さな角』のつぶやき…

水戸の爺さん、頑張っとるのう。
これがきっかけで六丁目屋読売の長寿連作(ちょうじゅ番組)が始まったのかの…(なんてことは、いや、ナイナイ)。
それはそれとして、ヒツッコイ奴らに、最後の、本当の最後の一撃を加えろ!

それにしても、『桃太郎』という御伽草子は、実はこの一連の物語が動機(モチーフ)だったとは、後世の人々には思いもつかないことだろうな…。

さて、りふじん堂たちも、行者も、弥勒菩薩様も七福神の皆様も、オツカレサマデシタ……



一 ヒヒ爺ぃ、頼んだ!


江戸の大名、旗本の正月は慌ただしい。

将軍世子(後継者)、尾張、紀伊、水戸の御三家というふうに、将軍に血筋が近い者から、将軍へ新年の拝賀(祝辞挨拶)を行わなければならない。

例年、坦々と進められる拝賀の儀だが、元禄九年(一六九六年)の正月は、少し違う動きがあったようだ…。

まだ暗いうちに、水戸徳川家の当主綱條(つなえだ)の書状を持った江戸家老が柳沢吉保の上屋敷をおとずれ、一通の書状を吉保にわたすよう願い出た。
書状を一読(いちどく)した吉保は、フッと苦笑いを浮かべ、廊下にひかえる用人に、

「ご老公様のご嘆願、承知つかまつったと返事せよ」

それを江戸家老から聞いた渥美格之進は、光圀の駕籠に向かって走り出した。
佐々木助三郎と渥美格之進の報告を聞いた光圀は命じた。

「駕籠を進めよ」


その頃、綱吉は吉保の報告を聞いていた。

「今朝暗いうちに水戸様から願いのすじがございました。なんでも、光圀様のお加減がすぐれず、ご高齢でもあり、来年の正月を迎えがたいであろうゆえ、お上にお別れの拝賀をお許し頂くよう特段のご配慮をたまわりたし、とのことでありました」

「うむ、やっとあの煙たいヒヒ爺ぃがあの世に行くか。聞きとどけてつかわす!」

「それと、昨晩除夜の鐘が鳴り終わった頃、浅草寺にて権現(家康)様の埋蔵金が見つかったそうです。お伝様の弟御(おとうとご)に命じ、直接お上の御用に役だてるべく力をつくしましたが、黒鍬衆がちと不始末を仕出かしましたようで…」
と、先の小判とは比較にならない大量の小判の話を報告し、ごく自然に責任転嫁(てんか)した。

「しかし、これもまた日をおき、使い道をゆっくりと考えたく思いますが」

「正月から良い話が続くのう。やはり『友愛』の心が天に通じたようじゃな。甲斐柳沢百万石も、グンと現実味が増したのう…、コノッコノッ」

「ウヒッウヒッ、おたわむれを…」
と、笑いあう二人であった。

やがて、ご三家拝賀を受ける綱吉が立ち上がった。

「上様のおなりでござる」

御三家の当主が平伏した。
続いて控えの間から、黄門様・水戸光圀が現われ、御三家の当主に会釈すると、三人を背にして座し、平伏した。

「新年のご挨拶を言上いたしたく、老体に鞭打ちまかりこしました。老人のわがままをお許し下され。お上のおすこやかなご尊顔を拝し、光圀、いつあの世から迎えがまいりましても本望でございます。
されば…、ゴホゴホッ」

と、光圀は懐紙をとり出すふりをして、六義園にあるはずの文をチラリ…。

綱吉と吉保は『ギクッ』とした。

光圀は、その文をゴホゴホッと言ってはすばやく、またゴホゴホッと言ってはゆっくりと、意地悪くチラリチラリとふところからとり出してはしまうのだった。そのたびに、綱吉と吉保は腰をうかせては、脂汗を流すのである。

「チラッ、ムッ、フッ…。チラーッ、ムムッ、フーッ」
と、老人性根性歪曲症の光圀に翻弄される綱吉と吉保であった。

背後に平伏しているご三家当主には光圀のしぐさが見えない。

「ところで上様、除夜の鐘が鳴り終わった頃、浅草寺にて権現様が秘しておられた多額の埋蔵金が現われたそうにございますな。
さて光圀、このたびの埋蔵金は飢饉に見まわれた藩地領民に下賜されるであろうと、愚考いたしまするが、いかに?……また、お犬さまのみだけではなく、江戸町民にもご慈悲をたまわりますよう願いあげます」
と言って、今度はしかと厳しく二人をにらみ、胸の前に文をひろげて見せた。

綱吉と吉保は、カチンカチンに固まってしまった。やがて光圀は、

「ゴホゴホ、失礼つかまつった。年には勝てませぬ」
と、文を懐にしまい平伏した。

その頭上に荒々しい足音がして、襖が閉まる音が響いた。


数日後、北国に領地を持つ大名と大身旗本、江戸町年寄に登城の触れが出た。
急に病が完治した筆頭老中が出仕し、大広間にて次の触れを申しわたした。

一、大量の小判は、恐れ多くも権現様の深謀遠慮にて、想定外の世情に立ちいたった時にそなえられた埋蔵金である、ということが明らかになった 。

一、この埋蔵金の八割を、奥羽諸藩に下賜する。領主は、江戸屋敷による中間搾取をなすことなく、直接大坂にて一月中に米麦を購うこと。

一、大坂における米麦の取引価格は、昨年の堂島米会所最低取引価格とする。

一、前項の制約をやぶる領主、商人は、切腹、死罪を含めた厳罰に処する。

一、米麦を購った領主は、民間航路を使い、すみやかに領民の救済にあてること。

一、さらにお犬小屋の建設にあたって、その居所を立ちのきし町人の名簿を作成せよ。生活補償金を下賜する。現金給付を除く方法を考えよ。これらには埋蔵金の一割を当てる。

一、江戸、熱田、京、大坂、長崎の町年寄は、先の神隠しにあった子女の家の名簿を作成せよ。精神的慰謝料を下賜する。これらには埋蔵金の一割を当てる。


大名たちが江戸城から喜び勇んで退出するころ、りふじん堂一党は、中の蔵の第三の部屋で、歯ぎしりする吉保と狂兵衛の声を聞いていた。

善八が皆に告げた…。

「そろそろ江戸を離れる時期が来たようです。行者様お力ぞえを頂けませぬか」

「ふむ、どうやらそのようじゃの。ところで、不穏な気配が満ちておるぞ」
との行者の言葉に、外をうかがってきた新助と太助が黒鍬衆の包囲を告げた。
続く
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by ぷんぷん at 09:59| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。