2020年08月25日

三 新たな旅立ち…

三 新たな旅立ち…


その日の午後、城中の小部屋で吉保が苦笑いを浮かべて、つぶやいた。
「町人ながらあっぱれな者たちではあるが、このままほおっておくわけにはいかぬ。どんな手を使おうと、目ざわりな者どもをきっと滅ぼしてつかわす!」

りふじん堂一党は、行者とともに郊外に身を潜めていた。
大月謙次郎がひそかにたずねてきた。

「善八、この度のことが、吉保さまのお上への働きかけで、公儀への反乱という名目にされたそうじゃ。この名目がたてられた以上、無念ではあろうが、勝ち負けには関係なくその方たちには立つ瀬がなくなる…」
善八は、湧き上がる怒りを抑えて頭を下げていた。
………。

「その方たちの無事を祈っておる」
と、謙次郎は万感の思いを胸に帰っていった。

ややあって顔をあげた善八が、

「われわれのこの町での役目は終わったようじゃ。どうじゃ、皆で別の町の理不尽をただしに旅に出るのも悪くないかと思うが…」
と不敵な笑みを浮かべ、皆を見まわした。

お京が代表するかたちで言った。

「色んなことがございましたが、何よりも国の外にかどわかされた子供たちをうばい返すことができましたのは幸いでございました。
全部のお子にまでは手遅れではございました…、このことは返すがえすも無念ではございます。お公儀が普通に政をやってくれれば、多くは解決したはずであろうかと思いますが…。」

皆の心中には、あまりにも破廉恥、あまりにも無責任な公儀に怒りがうず巻いたが、その思いを飲み込んだ…。

「まだ理不尽なことは多くまかりとおっております。
ですが、少しは人びとに夢を与えることができたのではないでしょうか…。
生きる元気を与えることができたのではないでしょうか!」

「うむ…そうじゃの。行者様には大変お世話になりました」
との善八の言葉に皆も和して、八人は深々と頭をさげたのである。

「あ、それほど礼を言われることでもないのじゃが…。コチラコソ」

八人を自分の下請けにセットした行者は、しどろもどろにペコンと頭をさげた。


その夜、江戸の町への惜別の宴をはった。
そして、行者の超時空移動の術で、別の時空に飛び立つことにした。

(清四君とのつき合いもこれで終わりか、トホホ…)
と行者は心で泣いていた…。

「それでは行者様お願いします」

「うむ、ではまた別の町での下請けも、よろしく頼む…」

「ウン…、『下請け』?」
と、聞き返した翔吉に、

「い、いや何でもない…」
と、あわてて孔雀明王経をとなえ始めた…。すると、皆の意識は遠のき始め、

「アリャリャッ…」
と、あわてる行者の声が聞こえて、皆は気を失ってしまった。
行者の術がいまいち効きが悪いのか、それとも別の理由からか…。

桃太郎 行者役子角.jpg



そのころ江戸駒込では柳沢吉保がつぶやいていた。
「また肩すかしをくってしもうたか…」

綱吉は、その後も生類憐みの令を進めて犬殺しの密告を奨励したりしたため、朝野をあげた怨嗟の声は大きくなる一方となり、世の中の倫理は荒廃した。
そして、宝永六年(一七〇九年)、ハシカにかかり六三歳で突然に死没した。

なお、なんの根拠もないが、異常に可愛がっていた狆犬(ちん)からハシカをうつされたのだ、と人びとの嘲笑をかったとのことである…。

柳沢吉保はその後も右へ左へと責任転嫁しては権勢を極め、宝永三年(一七〇六年)、ついに大老格にのぼりつめた。
しかし、三年後には後ろ盾の綱吉が没したため、即隠居させられて正徳四年(一七一四年)、五七歳で死没した。

一代の怪物ではあったが、残ったものは駒込の六義園のみだったではないかという者もいた…。


能勢頼相は、翌年黒鍬衆の江戸騒擾(そうじょう)の責任をとって奉行を辞したのち、その年の暮れに病で死没したと言われる。
しかし、しばらくして、柳沢吉保から出された、りふじん堂との一連の協同作業の取調べを拒んでの切腹である、とささやかれた。


長崎出島の任期を終えたカピタン、ヘンドリック・ディックマンは、一六九五年十月に、ヨハネスとフレデリックを伴いオランダに帰国した。

ヘンドリックは、オランダ議会でスペイン国王カルロス二世の暴挙に対する弾劾演説を行った。
ヨーロッパ各国は、その真相を明らかにするようカルロス二世にせまった。そのプレッシャーにたえられず、カルロス二世は精神に異常をきたし、三五歳の若さで一七〇〇年に死没した。

その葬儀の場に、マントに身を包みフードに顔を隠してひっそりとたたずむ冥界の王ハーデスの姿を見たという者がいた…。


一命を取りとめた清四は、神隠しがとかれた翌年、加藤清四郎という名にもどし、日本橋にある輿工房(乗り物工場)『豊田屋』に小僧奉公を始めた。

届け物の用事などを言いつかると、背に丸に丁の字(トヨタマーク)が染めぬかれた朱の半纏を着て店を出るのだが、荒布(あらめ)橋を渡るとき、なぜかうっすらと胸に九曜紋に似た痣が浮かぶのであった。
大きな円を囲む八つの小さな円。一番上の円にはバナナが、残りの七つの円には船の形が、そして中央の大きな円には『小さな角』が浮き出ていた。

八絵図.png


清四郎は何故かなつかしい思いがわいてきて、そっとその痣に手を当てるのだった…。
続く
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by ぷんぷん at 09:21| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。