2020年09月22日

束縛されて手も足も出ないうつろな青春・・・

束縛されて手も足も出ないうつろな青春・・・


金子光春さん(?)訳のアルチュール・ランボーの「いちばん高い塔の歌」の出だしの言葉。

ふだんマスコミの報道を批判し、特にNHK含め大手メディアが熱心に伝えることは逆が真、と言っている私ですが、ここまでコロナ報道を徹底されますとさすがに電車や人込みではマスクをしてしまいます。

結局私などの信念なんてそんなものです。
同調圧力が過ぎる!とブログや酒の席では息巻くのですが、しょせん長いものには巻かれろなんですね。

一方でオリンピック開催のためでしょうか、この4連休ではGo to travelよろしく前年並みとまではいきませんが多くの人が観光地に出かけ、東京都も来月からキャンペーンの対象になるようです。

確かにこのまままともに経済活動が動き始めなければ、弱小企業や個人事業主は破たんし、野垂れ死にですからね。
たぶん今年の年末には悲惨な状況が待っています。さらにはもう以前のような消費活動も仕事も戻っては来ません。

もう何が何だか、いったい今後世界はどうなっていくのでしょうね?

行くも地獄戻るも地獄?ってかとぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg




 “束縛されて手も足も出ないうつろな青春。
 こまかい気づかいゆえに、僕は
 自分の生涯をふいにした。

 ああ、心がただ一すじに打ち込めるそんな時代は、ふたたび来ないものか?

 いいよ、会わなくたって。
 君と語る無上のよろこびの約束なんかもうどうでもいい。

 このおもいつめた隠退の気持ちをにぶらせてほしくないものだ・・・“


あとは忘れてしまいました。

十代の後半、中原中也やランボー、ヴェルレーヌにかぶれ、京都の大学にいって哲学の道を散策し、鴨川の縁でデカダンスに酔いつぶれるのを夢見、実際そんな学生時代を送っていました。

あれからすでに45年もの時が過ぎ、これまでまあ大体楽しくやってきました。
今年高齢者といわれる65歳になり、あと10年ぐらいが寿命としてはちょうどいいか、と日々感じています。

最近ではテレビ、特にニュースやワイドショウを見なくなりました。
腹が立つのとつい政権、メディア、役人批判を口走り周りを不快にするからです。

テレビなぞ見なくても何ら困らないのですが、どこか世捨て人的な感覚に陥りそうで少し寂しい気もします。

ランボーのような高尚な心情ではなく、ただなんとなく気分なのですがね。
朝の散歩で聞こえる鈴虫のか細い鳴き声に浸る間もなく、相変わらずひどい日本の政治状況に絶望し、またうんざりして、ふとランボーの詩が心に蘇った次第です。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ





posted by ぷんぷん at 15:05| Comment(0) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。