2020年10月20日

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか? 3

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか? 3


トランプ大統領は米軍が24時間体制で徹底的に守っているということで安心なのです。
さすがのCIAも手が出ませんし、もうすぐこれまでの悪事が明かされ戦々恐々としているといわれています。
ケネディ元大統領の暗殺はCIAであり、その時の長官はブッシュ元大統領です。
怖いですね。

つまり米軍兵士は一番危険な前線で命の危険にさらされるわけですし、しかも誰からも尊敬も感謝もされない戦争につくづく嫌気がさしているわけです。

軍産=アメリカ奥の院だけが戦争をビッグビジネスとして推進してきました。何せ世界中の紛争にアメリカ奥の院の手先CIAがちょっかいを出し、常に世界のどこかで戦争を創造してきましたし、第二次世界大戦以降一度も戦争をやめてない国なのですからね。

不毛な戦争の悲惨さに一番反対しているのが米軍のトップ達です。

そして世界中で罪のない子供や一般市民を犠牲にする、しかも莫大な税金が消耗される戦争をストップしようとしているのがトランプ大統領です。少し考えれば一般の日本人もわかると思うのですがね。
しかしこのあたりのことを日本の大手メディアは一切報じていません。権力サイドへの忖度なのか脅されているのかどうなのでしょうか?


これまで戦争こそ最大のビジネスであると、世界中で手先のCIAなどによる諜報機関が内乱を画策し、同時にやはり手下の大手メディアを総動員して悪者をでっち上げてきました。
CIAの手先に殺されたイラクのサダム・フセイン大統領やリビアのカダフィー大佐もそうでした。しかし日本人の多くはいまだに彼らは悪者だったと思っています。

そしてCIA悪行のもう一つの代表ビジネスがアフガニスタンやメキシコ、コロンビアなどで地元のやくざや国のトップなどと組んでやっている麻薬ビジネスです。活動資金源と言われていますが莫大な富を得てきましたし不要の麻薬患者を作り出す酷いものです。

戦争も麻薬も人類の敵です。
本当に憎むべき連中なのです。

嘘のようなホントの話!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0027.JPG


しかしトランプ大統領の登場で、中東また中途ですが南米や朝鮮半島など含め各地で和平交渉が進められています。つい最近ではイスラエルとUAE、そしてバーレーンとの和平合意がなされました。これは画期的なことでノーベル平和賞に十分値します。まあしかしノーベル賞はヨーロッパのお歴々の仕掛けですから絶対受賞させませんし、トランプ大統領も受け取らないのではないでしょうか。

つまりこれまで世界を支配してきたアメリカ奥の院、ヨーロッパのお歴々たちはトランプ大統領の登場によって、彼らの石油利権である中東が平和条約を締結し紛争がなくなり、また軍需産業利権の米軍の縮小、撤退などの政策で以前のように儲けることができなくなってきており、相当焦ってきているのは確かなはずです。

既存利権の多少の毀損には目を瞑り、新たなビジネスチャンスの創出やデジタル金融、GAFAMなどの世界の通信システムを支配する。そして、まずは先進国家で何かしらのパニックを起こし中央集権的でより強権な警察国家に変貌させ、直接的に国家を支配しそこから永続的な利権を引き出す戦略に転換したとすれば・・・

そうです新型コロナ計画の仕掛け人はアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々達かもしれないとも考えることができます。
トコトン悪党な連中が新たな恐怖、つまりコロナ危機を作り出したのではないか?との疑念を持つわけです。

ふうむ・・・

トランプ大統領やプーチン大統領たちよりもよっぽどこやつらのほうがやりそうなことだという気がします。
続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 16:43| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。