2020年11月10日

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?6

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?6


近年戦争を始めなかったアメリカ大統領はだれだと思います?

トランプじいさんのみ!です。

たしか歴代アメリカ大統領の中であと一人いたようです。しかし世界中で戦争をして来たアメリカの中で戦争屋から敵視され、命の危険を顧みずに政策として断固戦争をしないのは立派です。

私はこの一点のみでトランプさんを尊敬しています。

さらにはイスラエルや中東諸国との和平交渉、道半ばですが朝鮮半島の和平交渉などや世界中に展開しているアメリカ軍駐留を徐々に縮小しているのは有言実行であり、彼の公約実行力は大したものです。

それに比べわが国政権党の自民党は選挙公約など一切無視して、むしろ公約の逆をやっている体たらくです。

それもこれもやはりNHK含め大手マスコミが一切批判せず、むしろ安倍でんでん悪徳・犯罪一味を持ち上げるという暴挙に明け暮れていることが原因です。

もちろん色々もれ伝わってくる、トランプ大統領の女性スキャンダルや無遠慮な物言い、下品さなど、どこまでが真実なのかわかりませんし、完璧な聖人君主でもないとは思います。しかし戦争屋に対峙する姿勢は近年まれにみる素晴らしい大統領だと思います。

そして日本に対しては、ダラシナイというよりも単に権力維持だけで国民の平和や生活を一顧だにしない現自民党政権という存在は、トランプ大統領から見れば単なるちょうちん持ちでしかありませんから、絞るだけ絞られ日本の国富をむしり取られています。

安倍でんでん悪徳・犯罪一味がのさばる限り日本は疲弊するだけ!とぷんぷん

IMG_0096.JPG


対等とは言いませんが、せめてきちんと対峙できる政党を我々国民が登場させなければ、悔しいですがいつまでもまともに相手にされないのは当然です。金の切れ目が縁の切れ目確実です。

さてアメリカだけでなく、世界中の大手メディアがバイデンを時期大統領と報道し、初の女性副大統領のハリスを賞賛しています。
これもまた、大手メディアはヨーロッパのお歴々やアメリカ奥の院の仲間ですから致し方ありません。

しかし実に思議なのは、いつもは安倍でんでん悪徳・犯罪一味やその仲間の大手メディアを批判している人たちが、今回の大統領選挙ではその報道を信じ、トランプ大統領を非難し、なんとバイデンやハリスを賞賛しているのです。

私にはさっぱりわかりません。

日本の大手メディアはもちろんCNNなどが仕掛ける世論にまんまと乗っかっているのです。

まあむかし私もオバマ元大統領には騙されましたから大きなことは言えません。
当時広島に訪れ頭を垂れたオバマ大統領はしっかりアメリカ奥の院の言うがまま、核開発予算を増やした戦争推進派だったのですからね。

事さようにメディアというものは一般国民にはひどい存在です。うっかりすると私のように騙されてしまうほど、大手メディアの世論つくり、イメージつくりは巧妙で狡猾です。

さてアメリカ大統領選ですが、私はこれまでハリスという女性を全く知らず、何とも評価できないのですが、バイデンは息子含めて犯罪者のような家族です。もし大統領に就任したら世界は戦争の時代に逆戻りだと思っています。
ようはクリントンと同じくアメリカ奥の院の単なる子飼いでしかないからです。

しかしアメリカ大統領選挙はバイデンが勝利だと世界中で報道されています。

一方のトランプ大統領は敗北宣言もせず、民主党の不正選挙について訴訟を起こしており、なんと往生際が悪いとメディアだけでなくSNSなどで非難されています。

さてさてどうなるのか?まだまだ時間がかかりそうですが、世紀のスキャンダルを見ているようで、ドキドキです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 12:29| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。