2020年11月17日

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?7

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?7


今回のアメリカ大統領選挙まだまだ予断を許さない状況です。
既にバイデン候補は世界中のメディアから勝利を報道され、各国首脳から祝電をもらい、すかさず大統領首席補佐官を指名しています。素早いですね。
そして多くのメディアの論調は、トランプは慣例にならい敗北宣言をすべきだ!と非難ごうごうです。

一方、世界のネット世論は真っ二つに割れています。

私は最初に書きましたようにトランプ大統領を支持しています。
戦争をしていない大統領、という一点で尊敬さえしていますからメディアの論調は全く信じていません。

またバイデン民主党が不正をしたのかどうかは未だ分かりませんが相当疑っています。
バイデンサイドのメディア戦略や人事、各国首相への働きかけなど、あまりにも急ぎすぎていますし、既成事実化を図っているとしかみえません。
特にトランプ大統領への敗北宣言の催促はズーズーシーというよりも焦りに見えてしまいます。

しかしこれら各国主要メディアしか触れない人たちはバイデンが次の大統領なのだと認識していることでしょうね。
もちろんわが国も例にもれず、安倍でんでん悪徳・犯罪一味の菅は祝電を速攻で送りましたし、NHK含め大手テレビ局などは、バイデン大統領就任後の日本とアメリカ、中国戦略などこれまでとどう変わるのか、といった気の早い内容の番組を垂れ流しています。

しかしアメリカでは民主党の不正選挙への国民からの多くの訴訟が各地の裁判所に提出されています。
それらの訴状が受理されていないものあるのですが、米国のメディアはさもトランプ大統領の訴訟が否定されたかのように報道しています。
本当はまだ正式な訴訟は起こされておらず、これから本格的になされるのに、酷い印象操作です。
相も変わらずメディアはひどい存在で、権力者の広告機関そのもので報道機関では全くありません。

偉そうに報道と名乗るな!とぷんぷん

IMG_0038.JPG


以前も書きましたが
「報道とは人の道に報いると読む」のです。

NHK含め大手メディアは報道機関との看板を下ろすべきで、国民を不幸のどん底に落とす犯罪機関といっても過言ではありません!

また共同通信もひどい配信をしていました。
玉石混交の掲示板ではありますが、阿修羅掲示板に藤繁という方の優れた指摘がありました。

「悪質なフェイク。共同ニュースはこんなことやってるのか
(共同ニュース)
バイデン氏がアリゾナ州で勝利 11/13(金) 13:33配信
【共同報道】米大統領選で、米主要メディアは12日、民主党のバイデン前副大統領が西部アリゾナ州で勝利を確実にしたと報じた。獲得選挙人はバイデン氏が290人、トランプ氏が217人となった。

(CNN原文)
Biden carries Arizona, flipping a longtime Republican stronghold
By Dan Merica, CNN
CNN projected on Thursday that President-elect Joe Biden will carry Arizona, defeating President Donald Trump
バイデンはアリゾナをとり、共和の牙城を奪還するだろう
CNNは木曜日ジョー・バイデン次期大統領はトランプ大統領を破りアリゾナ州を獲るだろうと予測した。

共同の「米主要メディア」とは有名な「CNN」のことだった。そのCNN原文の何処にも「勝利WIN」とも「確実にした」と言っていない。「勝利を予測projected」となっている。それをWINに変えて共同はフェイク報道した。犯罪的だ。
アリゾナはまだ勝利確定していない。事実を確認しない日本のメディアはっ死んでます。せめて「CNNによると」とあれば、読まずに済むものを。・・・」

このような大手メディア、通信社の偽造、ねつ造を多くの日本人は未だ知りません。
もしかすると興味もないのかもしれません。

経済学者、マーケティングの権威ドラッカーだったと思いますが

「メディが信用されなくなるのはまだいい、深刻なのは人々のコミュニケーションが成立しなくなることだ」と。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 12:21| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。