2020年11月24日

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?8

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?8


日本ではGO TOの見直しが先日の3連休中に発表され混乱を極めています。
まあ、コロナ感染者の増加にさすがの世論を無視できなくなったのか、もうむちゃくちゃな政権のせいでみな疲れ果てているのではないでしょうか。
GO TOが感染を拡散拡大させる事は子供でも分かることであり、何をいまさら!とあきれるばかりです。

ところで今回、だれが新型コロナを仕掛けたか?を検証してきましたが、当初は世界の支配構造の多極化を進めるトランプ大統領やプーチン大統領たちではないか、と仮説を立てました。しかしやはりアメリカ奥の院およびヨーロッパのお歴々といった軍産・金融の連中が犯人だと考えるようになりました。

今回のコロナはきゃつらの仕掛けた世界戦略であり、単なる風邪の一種だと思うようになりました。この件はまた改めて書いてみたいと思います。

さてアメリカ大統領選挙ですが、いまだにアメリカでは混乱を極めています。
相変わらず世界中の大手メディアはバイデン大統領で決着がつき、あとは着々と政権移行に伴う作業が進行中だと報じています。

一方ネットではバイデン民主党サイドの郵送による不正や投票機械ソフトの書き換え疑惑などを理由にトランプが逆転し必ず勝つ、という見方が優勢です。

最終的には色々面倒な段階を踏むようですが、法に基づいてトランプ大統領の再選で決着がつくだろうという意見が多々見られます。

しかし今回のアメリカ大統領選挙では、私が信頼していたメディアや経済学者の真逆の評価、また似非オピニオンたちのトランプ大統領への支持声明にとても驚いています。

猿も木から落ちる?とぷんぷん

IMG_0106.JPG


いつもは権力サイドへの批判で評価しているネットメディアのリテラですが、今回は私と真逆で、大手メディアや権力筋が流す情報を鵜のみにトランプ大統領を批判しているのです。左翼的な性向が強い編集姿勢だとは思っていましたが、やはり左翼のアメリカ民主党を支持しているのでしょうか、かなり残念で失望してしまいました。

また日ごろ私が批判して顔も見たくない安倍でんでん悪徳・犯罪一味をヨイショして来た百田、橋下などの似非オピニオンたちがトランプ大統領支持論を展開しており気味が悪いのです。私とはかなり正反対の考えの持ち主たちですから、きっと何か裏があるのではないかとつい思ってしまいます。

さらにショックだったのは適切な権力批判で敬愛する経済学者の植草さんがトランプ大統領ではなくバイデン候補の支持を表明したことでした。

まあ是々非々という言葉がありますから何とも言いようがありません。
もちろんいろいろな見方があるのは事実ですし、私の仮説や考えも間違っている可能性はありますからね。

しかし今回だけは

「弘法も筆の誤り」と私の見立てが正しいと思いたいのです。

その理由は唯一戦争をしなかったトランプ大統領に再選してもらい、これまで世界を牛耳り人間を不幸にしかしない軍産・金融の元締めアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々をこの世から排除してもらいたいと願っているからです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 14:37| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。