2021年03月09日

SDGsがまたぞろ注目されメディアが報じているけどねぇ〜

SDGsがまたぞろ注目されメディアが報じているけどねぇ〜


朝よく聞くJ-WAVEでここのところ特集しているSDGs(エス・ディ・ジィーズ)
皆さんも聞いたことがあると思います。

SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)」

国連開発計画(UNDP)が2016年に実施計画を発表し、経済、環境、平等など17の社会課題を2030年までに世界全体で達成することを目標としているものです。

実は15年ほど前にジェンダー問題解決について日本が担当国として世界発表したとき、外務省のプロジェクトとしてかかわりました。余談ですがUNDPを「うんだっぺ」と言っていたのを思い出します。

まあ簡単に言えばこれ以上有限の地球で各国が勝手、バラバラだと地球が持たなくなる。だからできるだけ地球の問題をみんなで共有し、地球の寿命伸ばし、大事にして暮らしていこう、みたいなものだと思うのです。

しかし盗人猛々しい、なんかまたその筋が胡散臭い事を仕掛けているのか?
とへそ曲がりな私には思えるのですが、さてどうなのでしょう。

トランプ大統領が戦っている、世界を支配してきたアメリカ奥の院とヨーロッパのお歴々が仕掛けるお得意の悪事マーケティングの典型的なパターンなのではないか、と感じるのです。

悪事の匂いがプンプンする!とぷんぷん

IMG_0096.JPG


例えば気候変動があります。1992年の地球サミットで国連気候変動枠組条約(UNFCCC)が締結され、温室効果ガス排出削減等の国際的枠組みができました。そして国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)が1995年から毎年開催され日本からは全てのCOPに環境大臣が出席していますが日本で開催され決定した京都議定書など今は昔のざまです。

つまりこれ以上炭素系のエネルギーを利用していくと温暖化を促進するので地球が持たない、またその前には石油をこのまま使うとあと30年ほどで枯渇する、だから原子力を利用しよう、ということが喧伝されました。

でもいまだに石油は何百年も使えるし、福島の原発事故で世界は原発廃止に舵を切りました。

卵が先か鶏が先か、とよく言われますが本当の因果関係は分かりません。

ただいえることは世界の著名な組織、人物、そしてマスメディアが喧伝することには必ず裏がある、つまりビジネス、金儲けが絡んでいると断言できます。

この温暖化の仕掛け人はあのゴア副大統領です。
「不都合な真実」という必然性を担保する本を書き、世界中で話題になりメディアが大々的に報じて世論を作りました。そしてCO2の取引市場という新しい金儲けの仕組みを作り大儲けしましたよね。しかも本末転倒な趣旨で運営されています。また結果として原発推進をバックアップ、推進機能を果たしました。うんざりしますよね。

ほかにも同じような仕掛けが多々あり、国連という組織は誠に見事な美しい装いと権威を併せ持つ国際詐欺組織だと思っています。

そもそも国連という組織は数年前に死んだ、アメリカ奥の院ロックフェラーが支配していました。
組織にいる人たちはほとんどが各国の優秀な人材で構成されていますから、もっともらしい正論と格調高い報告書やイベントを通じて世界中の人から尊敬を得ています。小中学校の社会の教科書でも戦後の世界に貢献する素晴らし組織だと教えています。
しかし残念ながら始末に負えないのは多くのスタッフはまじめで真剣なのですが、上層部がその筋なのですね。

さて、SDGsです。
確かに大きく17の課題を挙げ2030年までに世界で達成しようというのは、もし実現できるならとてもいいことに感じます。
何せ地球は有限で、今後の人口爆発による水不足、食糧不足、エネルギー問題など暗い課題が目白押しです。
まあ人口抑制の手段として新型コロナとつながるのですが、それはとりあえずここではおいておきます。

しかしどうも先進国、特にアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々などの支配層が表向きは地球のため、みんなのためと真面目そうなふりをして世界を騙そうとしているうさん臭さを感じてしまうのです。
本当の目的はきれいごとを言いつつ金儲けの仕掛けとしてやっている気がしてならないのです。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 10:52| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。