2021年03月23日

天災よりも怖い人災国家でのオリンピック開催 もう厚顔無恥無知も甚だしい!

天災よりも怖い人災国家でのオリンピック開催 もう厚顔無恥無知も甚だしい!


昔は地震 雷 火事 親父というのが怖いものの代表で、特に自然災害はどうしようもないものでした。

しかし近年の火事、地震や津波などは国家運営のかじ取りが原因で起きているものも多くあります。経済性=利権ありき、の国土計画があの東日本大震災における福島での被害を大きくしました。

特に深刻な放射能汚染をもたらし、日本の未来を台無しにしている福島原発の爆発は人災の最たるものです。当時の官房長官だった安倍でんでんが共産党議員による国会質疑で危険性を指摘したのに、あろうことか完全に無視し、もうすぐ始まるオリンピックと同様まったく問題ない、すべてコントロールできていると内外に真っ赤な嘘をついたことが原因です。
もちろん安倍だけでなくその仲間である悪徳犯罪一味の東電や経産省などがグルになって今の悲惨な状況を生み出しました。

つまり人災なのです。

つい先日の福島での地震はあれから十年もたつのに余震だと言われています。さらにメディアは報じませんが今回の地震で原発現場は非常危険な状態なのだと言われています。

それにも関わらずオリンピックを開催しようとしているのですから、もうあきれ果ててしまいます。

馬鹿で悪徳の厚顔無恥無知の政権がこのまま続けば日本は住むことができなくなるのは目に見えています。

いよいよ聖火リレーが始まるようですが、いったいどうなるのでしょう?

辞退者だらけで犬や猫まで走る?とぷんぷん

OWNER-PC - punn.jpg


コロナによる緊急事態宣言もオリンピックのために無理やり解除しました。
まあ、コロナはインチキだと政府は知っていますからどうでもいいのでしょうが、一応世間体は気にしつつ非難されるのも計算済できっぱり、予定通り開催するわけです。

むしろオリンピック利権のほうが奴らにしてみますと重要ですし、電通や大手メディアも死に物狂いで開催にこじつけようとしています。

私は世界のアスリートの最高峰のスポーツ大会として昔から大好きでした。
特に4年に一度の舞台に各国の代表選手が集い、人間のさまざまな力や技、そして可能性や奇跡を生み出す競技に毎回感動していました。

もちろん国威発揚のために一生涯国が面倒を見、栄誉を授ける一部の国やスポンサーとの破格の契約を獲得するための場だとの批判があります。本来のオリンピック憲章とは相いれない利権実態はロサンジェルス大会から顕著になり莫大な予算が話題になりました。

今回の東京大会の当初予算は数千億と言われていたものが蓋を開ければ3兆円を優に超えています。
また各国誘致委員に対する電通による買収疑惑も一部報じられました。さらには元オリンピック委員会の竹田委員長は真っ黒なまま辞任しましたよね。

純粋スポーツの祭典など、夢また夢なのだと思っています。

そもそもナチスのベルリンオリンピックの政治利用は有名ですし、モスクワオリンピックは日本含め西側諸国のボイコットがありました。

そういえばオリンピックの利権はヨーロッパのお歴々です。冬季オリンピックでは金、銀、銅を総なめにしたジャンプの日の丸飛行隊やヨーロッパ貴族のための競技ともいわれたノルディック複合で荻原氏が金メダルを取るとルールやレギュレーションを変更するという汚らしさには、何がオリンピック憲章だ!と毒づいたのを今でも鮮明に覚えています。

今回出場する選手たちの不運は本当にかわいそうの一言に尽きます。

しかしあえて将来のスポーツやオリンピックへの思いがあるのであれば、こうなる前に全世界の選手会の総意をまとめ、オリンピックの意義と開催の条件をIOCに付きつける行動を、選手たちやOBたるメダリストたちはとる選択肢もあったのではないでしょうか?
そうすればきっと世界中のスポーツファンは選手たちを支持したと思うのですが、皆さんは如何でしょうか。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 12:16| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。