2021年04月14日

ゴルフを楽しみたいのか 日本人の優勝を見たいのか

ゴルフを楽しみたいのか日本人の優勝を見たいのか


ゴルフのマスターズに日本人初めて松山英樹が優勝しましたね。
凄いことです。アメリカにわたって十年だそうです。

インタビューやグリーンジャケットを着た後の優勝コメントではその人柄なのか、多くを語らず、不器用で寡黙な青年という印象でした。
むしろ解説していた往年の名プレーヤー中島氏が嗚咽交じりでコメントを発していたのが印象的で、いかにメジャー大会で優勝することが大変で偉大なことなのかが伝わってきました。

私は最後の方、九番ホールくらいから生でテレビを見ていたのですが、相当なプレッシャーがかかっているのがよくわかりました。
とくに13番ホールでしたか、池ポチャの時はアッと声が出てしまいました。まさにネーミング通り、アーメンコーナーとは言えて妙、天を仰ぎ追ってくる選手との差が気になり始めました。一時は確か1、2打差ぐらいに一緒に回っていた選手が迫ってきていました。

しかしその追いつきそうな選手も2ホール後ぐらいに池ポチャをしてしまいました。
本当に世界の頂点を目指す戦い、しかもメジャー大会での勝負とはハラハラドキドキするものですね。

結局最後のホールはボギーで一打差での優勝でした。

賞金が2億3000万円だって!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


ゴルフ番組を見たのは女子全英オープンで優勝した渋野日向子の試合。しかもネットでの録画で、生で見たのはタイガーウッズが活躍し自分でもプレーしていた頃ですから、もう20年以上前のことでした。最終日2位と5打差のトップ、という記事をネットで知り見てみようと思いました。

スポーツの世界、特に日本人選手が活躍しそうなものはつい見たくなります。
まあ、スポーツそのものよりも日本人選手への身びいきなのですね。

何度も書いていますがスポーツ選手の努力や感動を呼ぶゲームそのものへの興味、称賛が大きいとは思いますが、よくよく考えますとどうも根底にはナショナリズムがあることに気づきハッとします。

高校野球でも県予選では母校を応援しますが、甲子園に行くと県代表を応援、そして優勝校がアメリカ代表と試合となると日本チームを応援する。

まあそんなに深く考えなくてもよいのかもしれません。
松山選手ににあこがれてゴルフを始める子供が増える。ゴルフ市場が元気になる。競技人口が増える。競争が激しくなり切磋琢磨することで素晴らしい技術が生まれる。ファンが増える。
いいことがいっぱいですしコロナで元気をなくした日本に一時でも明るい兆しが生まれるわけですから。

しかしできれば試合そのものを楽しむ、選手そのものを称賛する。
敵味方という視点は二の次で素晴らしい技術やフェアプレイを応援する態度が優先すれば、とふと考えてしまいます。

そうすれば、政治の世界も政党だけ見るのではなくやはり政策で見るようになると思うのですが、どうでしょう。
そういう態度、習慣を身に着ければ、いずれ国同士の争いや戦争もなくなるのかもしれないと思うのです。

やはり単なる理想論、きれいごとですかね。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 11:03| Comment(0) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。