2016年08月24日

SMAPというブランド

SMAP

還暦過ぎの私でもよく知っているアイドルグループですよね。
昨日は成田空港でハワイ帰りのメンバーの木村君の姿やコメントを取るために200以上のメディアが待ち構えていたそうです。

事務所とSMAPの賞味期限切れ?

なんて書いたら、ファンから怒られそうですが、ビジネスの面から見たら色々なことに支障が来ているのだと想像します。

また、彼らの独立に関するここ一連の事務所の理不尽な対応に対し、ファンだけでなく、メンバー自身がこれ以上やってられないとの思いを持つのも当然で、40歳前後になった彼らの大人としての自覚を考えれば、事務所の戦略が賞味期限切れなのではないかと感じました。

テレビ局のレギュラー番組の予定や内容の変更があれば、後続番組の企画について局サイドの営業はもちろん番組企画にかかわる外部の制作会社や脚本家なども大変な作業調整が必要になって来るでしょう。

また、これまでスポンサードしてきた企業への対応のため広告代理店は、当然番組のスポンサーサイドの広告関係部署とのやり取りはもちろんでしょうが、併せて今後のスポンサー獲得などの営業などもことの推移に一喜一憂の日々だと思います。

しかし、一番影響が大きいのはやはり所属会社の芸能プロダクションだと思います。

少し前に事務所サイドと彼らの独立騒動に関して全員の謝罪をテレビを通じてやらせたようですが、そこまでさせるか、と思うと同時に、これで終わったな、と思いました。
あれはやってはいけないし、やらせたことはメディの向こうの世間や社会を見ていなかった、舐めていたとしか思えないですね。

ビジネスとして考えればSMAPブランドによる収益は計り知れなかったでしょうし、たとえ木村君の「月9ドラマ」の視聴率が落ちて昔ほどの影響力は低くなったとはいえ、芸能関係メディアへの影響力、支配力として彼らの力はやはり大きかったはずです。

単にテレビ局への影響力や収益だけでなく、CM契約料やファンクラブ収入、また彼らの関連グッツの販売などは最近でこそ年間100億近い売り上げで、事務所売り上げ頭の「嵐」の300億円には届かないようですが、それでもこの20年間の売り上げや事務所貢献度を考えれば、またファン層も親から子へ引き継がれまだまだ稼いでくれるブランドだったはずです。

これまでこの事務所の経営者批判はテレビ業界ではタブーとされ、従業員であるアイドルたちはある種奴隷のような状態だったともいわれてます。また創業者の少年愛嗜好の犠牲になったことを暴露した元有名アイドルもいましたね。

このあたりについてきちんと報道出来ないメディアですが、まあ、持ちつ持たれつではあるのでしょうが、もう少し報道の仕方を工夫ですれば可能だったと思いますけど。

やはり先進国に比べジャーナリズムがないに等しい、悲しい日本の現実がありますが、

ブランディングに成功するのも失敗するのも、大手メディアに対する広報戦略が欠かせないことを改めて感じました。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 16:41| Comment(0) | シニア起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

シニア起業を企てるぞ!オリンピック選手とイチローの偉業!

オリンピックが始まり、日本もメダリストが順調に生まれていますね。
4年に一度しかない最高の舞台で結果を残し、メダリストには最高の栄誉が送られます。
見ている側も手に汗握り応援して、自国の選手がメダルを取ると思わず「よっしゃっ!!」と声を出し、自分のように嬉しく、感動します。

ただ、金メダルだけしか価値がないと思い込んでいる人たちはそれ以外のメダルだと表彰台に上がっても悔しそうだったり、悲しい涙を流す人たちもいます。
見ている私も、つい「なんだ銅メダルか」と思ったりします。

ところが、今日のイチロー選手のニュースを見て、そんな自分がとても情けなく、また世界を極めようと何年も何年もつらい、また単調なトレーニングを続けて国の代表となった人たちに対してとても恥ずかしい態度だと深く反省したのです。

もちろんメダル、しかも金メダルがいいのは当然なのですが、イチロー選手が大リーグで30人目だかの3000本安打を達成したとのニュースが流れて来た時、ふと40歳過ぎても途切れない体調管理と練習の積み重ねで成し遂げた、その意志のすごさに、努力を続けている姿に、改めて本当に感動したからです。

私のような怠け者にとって、ブログを1年続けるだけでも大変なのに、イチロー選手は40才を過ぎてもまだ続けて、大変な記録を打ち立てた。
もちろんオリンピックの選手も同様に大変ですし、金メダルを取るのはとてもすごいことであり、比べるものではないのですが、イチロー選手の野球を続ける努力、野球にただひたすら打ち込む姿にはただただ尊敬するばかりです。

そういった思いで改めてオリンピックを見たとき、金メダルが取れず悲しそうな顔や涙を流している選手のインタビューを見るにつけ、とても悲しく、もっと自分を誇ってもらいたいとの思いがこみ上げてきました。

確かに、お家芸と言われている種目で金以外は価値がないとのプレッシャーに負けて本来の力を発揮できない人もいて、傍から見てとてもつらくなることがあります。お国柄なのでしょうが、私も幼いころはそんな選手を見ていた時は、「何だ金メダルじゃないのか」などと思ったこともありました。今考えればとても褒められた態度ではなかったと思います。

しかし、よく考えてみますと、4年に一度しかないオリンピックイヤーに標準を併せ、常人にはとてもできないような練習や技術を磨く努力を重ねてその場に出場していることに思いを馳せると、本当に頭が下がります。これまでのメダルを取った取れなかったと一喜一憂していた自分が、選手に対して本当に申し訳なかったと反省の気持ちで一杯です。

並大抵ではない想いと努力の末に年齢的なこととか、病気やケアで断念せざる負えなかった選手もいたでしょうし、オリンピックに出られたとしてもメンタルの問題や事故などで思うような結果が出せなかった人たちもたくさんいると思います。

ですから、メダルが取れなかった人にもイチロー選手と同じように現役を続けるのは難しい場合もあるでしょうが、まずオリンピックに国の代表として参加したことに誇りを持ち、これからの人生のほうがずっとずっと長いわけですから、たとえ思うような結果が出なかったとしても世界の強豪と渡り合うのに信じられないような努力を続け、試合に臨んだ事を、今後の人生に生かしてほしいとつくづく思いました。

私自身もイチロー選手やオリンピック選手を少しでも見習って、シニア起業に向けて努力を続けていきたいと思います。

オリンピックの選手の皆さん、結果に関わらず楽しんで!そして誇りを持って!

いつも読んで下さりありがとうございます!

「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 18:51| Comment(0) | シニア起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

シニア起業を企てるぞ! 「どう見られているのか」から「どう見られたいのか」へ!!

ここのところ、東京都知事選を振り返って、小池新都知事の就任記者会見や都連関係者への挨拶回り、また責任者である石原都連会長などについてテレビで話題になっていますね。

小池新都知事のメディア対策と言いますか広報戦略の成功をほめ称え、一方の自民党の石原都連会長や都連幹部への批判が相次いでいます。

まあ一言でいいますと広報下手と言いますか、特にテレビ対応がまずい、との指摘がなされています。

後になってみれば何とでも言えるのですが、しかし一連の批判や批評の中で私が確かに、その通りだ、と思うシーンがありました。

小池新都知事が都庁で各政党などへの挨拶回りの際、写真撮影をとのテレビマンからの要望に、小池新都知事が「議長が真ん中にどうぞ」と言ったのに対し都連の議長がカメラマンに「なんであんたの言う通りにする必要があるのだ」というような答え方をして記念写真に応じない様子が、なんども、そう何度も各局で使われていましたし、今後も使われるのでしょうね。

テレビの前で、感情そのままにと言いますか中途半端な形だけのお辞儀でその場をやり過ごそうとする気持ちがみえみえで、むしろ小池都知事のほうが遠慮しながら、場をわきまえ、礼儀正しい振る舞いに見えるシーンが映し出されていました。

テレビというメディアを知っている小池都知事にとって当たり前なのでしょうが、テレビカメラの向こうの何十万、何百万人の人に「どう見られているのか」ということに気づかない自民党都議連の人たちの大失敗ですね。

前回も書きましたが、やはりメディア対応、広報戦略については格段の差があり、その点で言えばここまでの小池新都知事は最高のトップ広報パーソンでありまた最初から「どう見られたいのか」を徹底的に実践しているのだなあと感じた次第です。

以前NHKの歌謡ショーを見に行ったときのこと、この番組は全国放送の45分番組なのですが、その後15分は会場だけでのおまけでアナウンサーがおしゃべりなどするのです。実はその時、つまり全国放送が終わったとたん、そのアナウンサーの緊張感がほぐれ、安ど感が伝わる表情をみてびっくりし、改めてカメラの向こうの視聴者を実感したことを覚えています。

私達一般人にはその会場の1000人以上の観客の前でもあがってしまい、緊張するのにやはりテレビ放送というのは全く違う世界なのだと驚いたのを思い出しました。

いつも読んで下さりありがとうございます!
「クリックしていただけると励みになります!!」






posted by ぷんぷん at 16:28| Comment(0) | シニア起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする