2016年08月01日

シニア起業を企てるぞ!選挙広報とブランディング


東京都知事に小池百合子さんが決まりましたね。

元環境大臣時代にクールビズを推進していたのは記憶しているけど、元防衛大臣との認識はあまりありませんでしたが、改めてニュースで知りました。
むしろ私には12チャンネルのワールドビジネスサテライトの女性キャスターとしての記憶が強いのですが。

さて、当選後の各マスコミの報道をざっと見てみると、まるでこの時が来るのを予測していたように、選挙戦の流れをよどみなく、しかも非常にきれいに無駄なくまとめているのが印象的でした。

しかし一方で、企業や商品のブランディング戦略のお手本のような素晴らしい実績と言えるのではないでしょうか。きっといつか今回の小池都知事の選挙活動・戦略は短期決戦と言いますかメディアやターゲットへの広報戦略のお手本として、またその筋の業界のテキストになるのではないか、と思うのは私だけではないと思いますが如何でしょうか?。

今ブランドとは何か、どういったものか、という事を私なりに勉強していますが、今回の知事選は、そういう意味では非常に興味深いものとなりました。

各陣営の既存メディアやネットなどでのアピール、基本的には同様の手段を使っていましたし、街頭演説も地域や回数の違いはあれど、差はほとんどないように思いました。

組織としては分裂とは言え、自民・公明の組織票は増田氏が小池氏、鳥越氏より強力だったと思います。

また、野党や安倍政権にNOとの無党派層などネットを見る限り鳥越氏も相当な追い風にあり、党派を超え、動員数では増田氏、小池氏以上だったと思います。

ですから女性からの支持やある種右翼的な人達には後押しされただろうけど、組織のない小池氏は、はっきり言って厳しい戦いだろうな、と私は見ていました。

ただ、唯一違いはメディアの論調でした。中盤から鳥越氏の中傷記事が出て、大手マスコミは小池氏がリードしている、との報道がどんどん出て来ました。

私は鳥越氏が当選すると思っていたので、本当はメディア批判やどうも最初からある筋書きで推移したのではないかとか、不正な選挙が行われたのではないかと、選挙そのものへの不信があるのですが、それは一旦おきまして。。。

ビジネスとしてのブランディングという点で見ると、もし何も不正がなかったとしたら、小池陣営の短期間にターゲット(顧客としての選挙民)にアピールする、つまりテレビ・メディアが飛びつくフレーズとは何か、如何にメディアに多く露出するか、と言った点では他の候補に比べ優れていたのではないか、と感じてしまいました。

かなり予定調和的で疑問もあるのですが、やはり知事になることを最終目標にして、短期間で自分と言うブランドがいかに他候補者の中では一番適しているか、という事を街頭演説での振る舞いだけでなく、取材に来ている各メディアが取り上げやすい、また、そのメディアを見る人がどのように思うか、反応するかを緻密に計算しているように思えました。

合わせて競争相手の揶揄やポケモンGOなどのタイムリーな話題にも臨機応変に対応することで印象を上げる、メディアが飛びつく工夫が他の候補に比べ格段の違いがあるというふうに見えました。

本人のテレビ出身者として映像の強み、弱みを知り、ターゲットが何を欲しているのかをくすぐり、しかも短期決戦で慌てず余裕すら見せてしまうプロフェッショナリズムの勝利なのでしょうね。

私達が一気呵成にメディアを通じてブランディングを図るヒントが、今回の他候補と小池氏の違いを研究すると参考になるのではないかと思います。特に短期間でのブランディングについては改めてじっくりと考えたいと思った次第です。

但し、くどいですが、不正報道、不正選挙の臭いは払拭できませんがね。

いつも読んで下さりありがとうございます!
「クリックしていただけると励みになります!!」






posted by ぷんぷん at 18:33| Comment(0) | シニア起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

シニア起業を企てるぞ! 客を選び、教育するブランド

ブランドを仕掛ける側からすると、ブランドとは簡単に言えば、お客さんに対して、
見栄をくすぐる、お金持ちを気取れる、憧れの人と同じものを身に着けたいなどと言った欲求を満たしてあげる、まあ言ってみれば一種の成金的な嗜好性をくすぐるものとも言えなくはないのですが。。。

ただ、高価な面だけが強調されすぎると、その商品が特定の、例えば一時ヤクザ屋さん御用達の車になってしまったベンツのように、社会通念的に好ましくない人やあまりに成金的な人達が身に着けている商品として認知される危険性があります。

ですから、一流ブランドサイドは単にお金さえあれば買えるという、商品やサービスにならないように、とても気を配っていると思います。

つまりその商品を身に着ける、サービスを受けるだけではその人が浮いてしまう、と言いますか、購入した人が身に着けているだけではどうも居心地が悪い、或いは満足できないような仕掛け、つまり所作やセンス、また人柄や世間からある種のステイタスのような雰囲気が伴わないと周りから浮いてしまう、と言った価値観を形成する工夫を行っているように見えます。

映画「プリティウーマン」で、娼婦然としたジュリア・ロバーツが高級ブティックでそのなりと立ち振る舞いでお金はあるけど、ブティックの店員から「あなたにお売りする服は当店にはありません!」と嫌味を言われるシーンがありました。

ここまで極端な例は少ないでしょうが、やはり売る側のプライドやこのようなお客様にだけは売りたくないと思わせるような客も確かにいるのも事実ですしね。

そのブランドを売る末端のお店が全てそのように考えてやっているとは言い切れませんが、
多くのブランドの直営ショップはやはり結構客を選ぶ、と言う視点が重要であると考えているように思います。

映画プリティウーマンでのジュリア・ロバーツもだんだんにその服装に似合うレディとしてホテルの支配人などから色々教えてもらい、その装いだけではないでしょうが、だんだんと洗練され、人間的な成長もしていきます。

やはり本当のブランドの力とは、それにふさわしい人間力も意識させ、そうなるように仕向けて行く力があるのかもしれません。

客を選び、教育する。

ちょっと偉そうですけど、そんなブランドを作っていけたらいいなあと思います。

ご訪問ありがとうございます!
「クリックしていただけると励みになります!!」



にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村


posted by ぷんぷん at 17:49| Comment(0) | シニア起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

シニア起業を企てるぞ! 儲けすぎ!と言われないブランドの強み

前回、私のようなジジイが著名な人と同じようなブランドを作ることができるのか?
と書きました。

何とかその道筋を見つけるためにまずは、ブランドとは一体どういうものか、という事を売る側、買う側などの視点や自分自身をブランド化する方法などについて考えていきたいと思います。

普通に言えばそのサービス、商品が持つ消費者にとっての信頼と言われています。
ただ、本当にそれだけでしょうか?

例えば、世の中のサービスや商品を見たとき、同じようなジャンルにはたくさんの商品・サービスがあります。その中で品質や価格は変わらない、場合によっては高くても売れるモノやサービスがあります。
もっと具体的に言いますと例えばロレックスやパッテクフィリップと言った高級時計ブランドがあります。また、女性には垂涎のエルメスやルイヴィトンなどのバックもあります。

由緒正しい歴史や世界のセレブリティや著名人などが所有し、ファッション誌やテレビなどでもよく紹介されています。また、世界中のお金持ちのいるリゾート地や大都市に店舗を構えています。

一般の人には中々手が届かない桁の違う高額商品ですが、買う人は後を絶ちません。もちろんそういうものに興味のない方もたくさんいるのですが。

しかし売るほうからしますととても収益性が高く、またそこで働く人のモチベーションもよく、顧客もお金持ちが多い。

このように企業も社員も顧客もお互いに満足度の高い、とてもよいビジネスモデルであり、また、特に大々的に広告をし莫大な費用をかけなくても顧客が顧客を呼ぶ善循環があります。

ですから、やはりいったんそのようなブランドを築いた企業は未来永劫そのブランドを大事に育てていくのは当然で、価格破壊もニセモノ対策は大変ですが起こらず、とても素晴らしい価値を持ちづづけていますよね。

ところで、私が最もすごいなあ、と感じるのは、たとえそのブランド企業が儲けすぎたとしても、顧客から

「商品の値段が高すぎる!」

「経営者は給料が多すぎる、もっと安くしろ!」

といった文句が出てこないのも普通の企業と違い、絶大な強みだと思います。

やはり、ブランドとは欲しい人にとっては、どうしてもその商品・サービスでないと納得できない、我慢できない、満足できないモノ、コトということなんだということなんですね。(続きます)

いつも読んで下さりありがとうございます!
「クリックしていただけると励みになります!!」



にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村



posted by ぷんぷん at 17:55| Comment(0) | シニア起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする