2019年10月15日

ラグビーワールドカップに一番ふさわしくない安倍と荻生田がいる現実 B

ラグビーワールドカップに一番ふさわしくない安倍と荻生田がいる現実 B


先日のスコットランド戦凄かったですね。そして約束通り全勝し、歴史的な決勝進出が決まり誠に素晴らしい勝利でした!
おめでとうブレイブ・ジャパン!!

関電の事件や台風被害への安倍でんでん悪徳・犯罪一味などの対応批判の記事を書こうと思っていたのですが、やはりあのような試合を見てしまうと、書かずにはいられません。

本当に手に汗握る素晴らしい試合でした。

試合の前半は先にスコットランドにトライを決められ、ちょっとこれは簡単な試合ではないな、と緊張しましたが、すぐに日本の俊足二枚看板、福岡選手の素晴らしいパスから松島の独走トライが決まり、コンバージョンキックも入り7対7と追いつきました。

その前のキックが風の影響なのでしょう、外れたので心配しましたが、田村選手はいつものナイスキックで同点に追いつきました。
まずはホッとするとともに、この二人の走りは漫画のような見ていて胸のすくものです。

さらには怒涛のトライを重ね、もう前半戦で勝利を確信したのですが。。。

しかし、さすがにスコットランドも強者です。後半戦の残り20分間はとてもしびれる一進一退のゲームで、何とも時間が進むのが遅くハラハラドキドキでしたが、28対21で勝利しました。バンザイ!

試合を見ていない人はネットを見ればその素晴らしいゲームの瞬間を見ることができますから詳しくは書きません、いえ私の文章ではとてもその感動を伝えることはできませんので是非ご覧になるのをお勧めします。

しかし素晴らしいトライの数々の中でも、感動して今にも泣きそうなくらいのトライがありました。

このようなトライは今まで見たことがありません。俊足の福岡、松島選手たちのぶっちぎりのトライとは全く逆の、重量級のフォワードの選手たちが都合4人、相手のタックルで倒れそうな瞬間に次ぎ次ぎとパスを繋げた、それは見事な真ん中へのトライでした。

これだけの連係プレイ、想像を絶する練習を重ねたのだろうね!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0027.JPG



思わずとんでもなく大きな歓喜の声を上げてしまいました。

こんなに大きな声を出したのはいつ以来でしょうか?
たぶんオリンピックの400メートルリレーで日本が銀メダルを取った時以来だと思います。

とにかくアドレナリンが出っぱなしでした。

華麗なステップやスピートを生かしたトライではなく、また重量級のフォワードが力任せでゴールになだれ込むトライでもない、本当に素晴らしい感動的なトライでした。

笑わないことで有名な稲垣選手がボールをしっかり両手で持ち、死んでも離さないぞ、というトライを決めました。

海外のメディアや外国人ファン達のネットでは様々な反応が書き込まれていましたが、「こんな見事で美しいトライは見た事がない!」という称賛の声が数々上がっていました。

後で何度もそのシーンを見たのですが、大きな、そして走るのは決して早くない日本のフォワード陣が、タックルに来るスコットランド選手に捕まる寸前、ほぼ倒れる瞬間に後ろから走ってくる味方に片手でパス(オフロードパスと言うのだそうですが)を繰り返したのです。

普通は、ほんの一瞬の違いでボールを取られるか、タックルを浴びてダメになってしまうものですが、この時ばかりはまるで映画のワンシーンのように連続してボールが4回もつながった素晴らしいトライでした。

印象的だったのは、トライを決めた稲垣選手が後ろからまるで牛かサイのように(失礼!)のっしのっしと懸命に走っている姿でした。

たとえ無駄になってもいいから味方を信じて走る、全員が勝利という目的に向かって献身的にハードワークする、
まさにOne for All, All for One、このチームのチームワークを象徴的するシーンだと思います。

そういえば昔、ミスターラグビーと称せられた平尾誠二氏が言ったとされますが
「後半のAll for One のOneはただみんなにぶら下がっている甘ちゃんの一人、という意味ではなく、みんながプロとしての覚悟、頑張りで目指す、勝利という意味だ」と言っていたように記憶します。

確かに戦後復活し、驚異的な成長を遂げて世界から称賛された日本には、一部の政治家、吉田茂や安倍でんでんのジイサンの岸などを除いて、国民全員が日本の復興と家族の幸せという明確な目標に向かって一丸となり、絶え間ない努力を惜しまなかったが故に実現できたのでしょうね。

勝利後のインタビューでトライした稲垣選手が、「代表になって七年ではじめてのトライであり、ボールを落としてはいけないと両手でしっかりトライした」と答えていました。

また、「これがトライというものなのか」としみじみと話す様子から、彼の無骨だけど根っからのラガーマン精神心が見て取れたようにおもえました。

さらには「台風被害に遭われた人たちに勇気を届けたい」という言葉には、今の政治屋や厄人からは決して感じることができない、嘘偽りのない本当の想いが溢れていたように思えます。

次の日曜日はいよいよ決勝リーグが始まり、あの因縁の南アフリカ戦です。
今からワクワクしていますが、きっとこの試合に勝ちさえすれば決勝まで行くような気がします。
まずは体を休め回復に努め、また全員ラグビーで勝利を勝ち取ってもらいたいと思う次第です。
がんばれブレイブ・ジャパン!
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 17:23| Comment(0) | 先人・偉人からのギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

ラグビーワールドカップに一番ふさわしくない安倍と荻生田がいる現実 A

ラグビーワールドカップに一番ふさわしくない安倍と荻生田がいる現実 A


土曜日のサモア戦とてもいい試合でした!
最後まで互いに死力を尽くした、まことに見ごたえのある、これぞラグビーという名勝負でした。

ラグビーは試合が終わればノーサイドです。

ノーサイドとはとてもいい言葉ですね。試合が終わった瞬間に敵味方の区別がなくなり、お互いの健闘をたたえ合うことで、まさに紳士の態度、精神が尊重されています。前回のアイルランド戦もそうでしたが、サモア戦後も見るものになんとも言えぬ清々しさをもたらしたノーサイドでした。

ロシアサッカーW杯でのベルギー戦でも、ベルギーの選手がグランドに倒れこんだ香川選手などに近寄り声をかけ、手を差し伸べているシーンがありました。

こちらも限界まで力を尽くし、精一杯戦い、たとえ勝敗はついたとしてもスポーツマンシップに則った見事な戦いぶりの日本に対するリスペクトが、自然とそういう行動をとらせるのだと思います。

他の競争社会ではなかなかお目にかかることができない、このようなスポーツマンシップこそ皆が学ぶべきことだと改めて思いました。

つい目先の勝敗を伝えがちなメディアに大いに問題があるのですが、一番重要なのは観客や国民がどのように感じ、自分の人生に生かすのか?
がとても大事なことではないかと思うのです。

ラグビーの素晴らしさには、いろいろあると思いますが、その激しさゆえに厳格なルールと試合を裁く審判の存在が、ほか競技と際立った違いがあるからかもしれません。

基本的に審判はゲームが極力スムーズに進行することに一番心をさくといわれます。
ですからゲーム中の審判は単なるジャッジだけでなく、要所要所で選手に注意というよりは試合運びやプレイに対し適切なアドバイスを送ることを優先するそうです。協力してくれる選手にはその都度感謝の気持ちを伝えるとも聞きます。

政治の世界にもそのような審判の役割をジャーナリズムに期待しているのですがね。

騎士道、武士道、阿修羅道!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


同じ競技でトップを目指すラガーマンたちは、たとえ対戦相手に負けて悔しい気持ちを持ったとしても、同じ競技世界の住民として、優れた勝者への敬意があるからこそ、称えるのだと思います。

政治の世界ではなぜできないのでしょうか?
価値観は違えど同じ日本人に支持されている弱小政党への敬意が与党にあれば、今のような惨状にはなっていないはずです。

しかしただ勝てばよい、という人間にはこのような気持ちや同じ競技の仲間たちと互いに高めあうという、まさに人間にしかできない素晴らしさが理解できないのだと思います。

やはり最後はスポーツだろうが政治だろうがそれを行う人たち次第なのでしょうね。

自分たちが勝てないのなら、ルールを変えたり、審判を買収したり、悪質な反則をしたり、といったことがないのがやはりラグビーの醍醐味です。

様々なスポーツをやってきた私ですが、ラグビーだけはやったことがなく、いまさらながら一度はやってみたかったと思ってしまいます。

そしてラグビーの神髄、極め付けが有名な言葉、One for All, All for Oneです。

「一人はみんなのために、みんなは一人のために」チームプレイの何たるかを言い表した優れた標語で企業などでもよく使われています。

そんな素晴らしいラグビー精神に一番ふさわしくない、
「今だけ、金だけ、自分だけ」の安部と一の子分で、しかもあろうことか文部大臣に収まった荻生田が国を代表して開会式にいたではありませんか!

まあ、皮肉にもこの言葉どおり安倍でんでん悪徳・犯罪一味の仲間内では見事に徹底しているのですがね。

ラグビーの精神、スポーツのすばらしさのひとかけらも理解できない人間が国の代表として主賓席に陣取り、しかもジャパンのユニフォームまで着て観戦する理不尽を見るにつけ、今度は来年のオリンピックでも再現されることを考えますとゲンナリです。。。

まあそれはさておき、次の日曜日に行われる、スコットランド戦が台風に邪魔されず、前回の借りを返して初の決勝リーグに進出してくれることがとても楽しみです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 16:18| Comment(0) | 先人・偉人からのギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

ラグビーW杯に一番ふさわしくない安倍と荻生田がいる現実

ラグビーW杯に一番ふさわしくない安倍と荻生田がいる現実


先日土曜日にまたブレイブ・ブロッサムズがやってくれました。
天国の平尾誠二氏は歓喜の涙を流してこの試合を見ていたことでしょうね。

スポーツの素晴らしさに感動、勇気をもらってきた日本人はたくさんいると思います。私もこのブログでスポーツ選手たちのたゆまぬ努力と勝負にかける態度など、子供や大人に尊い教えを与えてくれる素晴らしさを書いてきました。

一部の人たちの中には、日本の政治危機にオリンピックやスポーツなどにうつつを抜かすとは何事か、という批判があります。しかしそれはスポーツの本質を見誤っているか、スポーツの何たるかを理解しようとしていない、大ばか者だと思っています。

もちろん、金儲けや自分の権力誇示のためにスポーツを利用し、まったく選手ファーストではない来年のオリンピック開催などとんでもないという批判は私も同感です。

また、ただ勝てばいい、ばれなければズルをしてもいい、勝つためならドーピングも構わない、ファンも競争相手国を罵倒して応援するなど、スポーツ精神に反する輩が多く、さらに国家ぐるみで八百長をやったサッカーW杯もありました。

初めての日本でのラグビーワールドカップ開催にワクワクしていた私としては、優勝候補のアイルランドに勝ったことはもちろん最高の喜びでしたが、いちばん感動したのはラグビーというスポーツ精神の潔さ、すばらしさを実感できたことです。

負けたアイルランドチームが試合後列を作って勝者の日本チームを拍手で称えるシーン、そして同様のジャパンの態度は誠に素晴らしいものでした。まさに紳士のスポーツたる所以がラグビーにはあります。

ほかのスポーツでは相手を見下したり、負けてふてくされて唾を吐いたりするなど見ているほうも後味が悪くなることがありますからね。

ラグビーファンは酔っ払いだけど相手をけなさないね!とぷんぷん

ぷんぷん31日4.jpg


ラグビーほど生身の人間が激しくぶつかり、下手をすれば大怪我を負う、またルールを無視したラフプレイがあれば、感情的になり一気に乱闘になる可能性の高いスポーツはありません。

しかしアイルランド戦での日本代表は素晴らしい技術と戦略でしかも汚い戦いではなく非常にフェアな戦い方で逆転しました。ですから前回の南アフリカ戦は奇跡といわれましたが、今回は実力だ、そしてラグビーをするすべての子供たちはお手本にするべきだと称賛されています。

そういえば、サッカーワールドカップのベルギー戦も素晴らしい戦いでした。

ただ勝ちにこだわれば別な戦術もありましたから、あの戦い方はあまりにも未熟だ、馬鹿だと批判する人たちも大勢いました。

しかし本当にそうでしょうか?

多くの海外の人たちは日本代表をあっぱれと称賛をおくりました。
試合をただ終わらせるため、サッカーゲームとは到底言えない、むやみに倒れたり、自陣で守りを固めたりということはせず、フェアでしかも最後まで戦い抜く、その戦いぶりを大いに楽しみ、みな感動し惜しみない拍手を送ったのです。

ただ勝てばいいという態度は、スポーツだけでなくどんな世界でも一番下劣で嫌われることで、世界共通なのだと思います。

話は違いますが、先日の渋野日名子さんの全英オープンゴルフ優勝では、彼女の勝ち方も素晴らしかったのですが、むしろそのフレンドリーな立ち振る舞いで度肝を抜き、世界中の人たちが笑顔になりました。ここにもスポーツの素晴らしさや可能性、そうです、たった一人の選手の行いに世界は感動し、よき人間のすばらしさに気付くことができたのです。

本来のスポーツ、特に一流といわれるスポーツ選手は子供だけでなくすべての人間にとって素晴らしいギフトなのです。

ところが、そんなスポーツに全くふさわしくない「今だけ、金だけ、自分だけ」という悪徳・犯罪一味がラグビーワールドカップに代表のシャツを着て、国を代表してふんぞり返っているという、理不尽な現実があります。
続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 17:06| Comment(0) | 先人・偉人からのギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする