2021年04月14日

ゴルフを楽しみたいのか 日本人の優勝を見たいのか

ゴルフを楽しみたいのか日本人の優勝を見たいのか


ゴルフのマスターズに日本人初めて松山英樹が優勝しましたね。
凄いことです。アメリカにわたって十年だそうです。

インタビューやグリーンジャケットを着た後の優勝コメントではその人柄なのか、多くを語らず、不器用で寡黙な青年という印象でした。
むしろ解説していた往年の名プレーヤー中島氏が嗚咽交じりでコメントを発していたのが印象的で、いかにメジャー大会で優勝することが大変で偉大なことなのかが伝わってきました。

私は最後の方、九番ホールくらいから生でテレビを見ていたのですが、相当なプレッシャーがかかっているのがよくわかりました。
とくに13番ホールでしたか、池ポチャの時はアッと声が出てしまいました。まさにネーミング通り、アーメンコーナーとは言えて妙、天を仰ぎ追ってくる選手との差が気になり始めました。一時は確か1、2打差ぐらいに一緒に回っていた選手が迫ってきていました。

しかしその追いつきそうな選手も2ホール後ぐらいに池ポチャをしてしまいました。
本当に世界の頂点を目指す戦い、しかもメジャー大会での勝負とはハラハラドキドキするものですね。

結局最後のホールはボギーで一打差での優勝でした。

賞金が2億3000万円だって!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


ゴルフ番組を見たのは女子全英オープンで優勝した渋野日向子の試合。しかもネットでの録画で、生で見たのはタイガーウッズが活躍し自分でもプレーしていた頃ですから、もう20年以上前のことでした。最終日2位と5打差のトップ、という記事をネットで知り見てみようと思いました。

スポーツの世界、特に日本人選手が活躍しそうなものはつい見たくなります。
まあ、スポーツそのものよりも日本人選手への身びいきなのですね。

何度も書いていますがスポーツ選手の努力や感動を呼ぶゲームそのものへの興味、称賛が大きいとは思いますが、よくよく考えますとどうも根底にはナショナリズムがあることに気づきハッとします。

高校野球でも県予選では母校を応援しますが、甲子園に行くと県代表を応援、そして優勝校がアメリカ代表と試合となると日本チームを応援する。

まあそんなに深く考えなくてもよいのかもしれません。
松山選手ににあこがれてゴルフを始める子供が増える。ゴルフ市場が元気になる。競技人口が増える。競争が激しくなり切磋琢磨することで素晴らしい技術が生まれる。ファンが増える。
いいことがいっぱいですしコロナで元気をなくした日本に一時でも明るい兆しが生まれるわけですから。

しかしできれば試合そのものを楽しむ、選手そのものを称賛する。
敵味方という視点は二の次で素晴らしい技術やフェアプレイを応援する態度が優先すれば、とふと考えてしまいます。

そうすれば、政治の世界も政党だけ見るのではなくやはり政策で見るようになると思うのですが、どうでしょう。
そういう態度、習慣を身に着ければ、いずれ国同士の争いや戦争もなくなるのかもしれないと思うのです。

やはり単なる理想論、きれいごとですかね。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 11:03| Comment(0) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

宇宙の果てしなき大きさを前に、人間社会の批判を書くむなしさよ

宇宙の果てしなき大きさを前に、人間社会の批判を書くむなしさよ


先日、暇に任せてテレビをつけたら、ディスカバリージャパンのブラックホールについてやっていたので何気なく見ていました。

宇宙なんて夜空の月を眺めるぐらいでした。もちろん中高生の物理の知識ぐらいはありましたし、アポロの月面着陸のテレビ中継に心躍らせました。しかし今では「2001年宇宙の旅」を撮ったスタンリーキューブリックが殺される前に、あれは自分が作ったものだとばらしてくれて、興味を失ってしまいました。

まあ、彼が殺されたのはトムクルーズやニコールキッドマンが出演した「アイズ ワイド シャット」を撮ってすぐでした。
殺された理由はいろいろ取りざたされていますが、いま世界中で摘発が相次いでいる幼児性愛・ペドフィリア及び恐ろしく残酷な、恐怖を与えた子供の脳が材料の若返り薬アドレノクロム取引を暗示していたため、その筋から消されたというのが有力な話です。

いずれトランプ大統領が世界にさらすと思いますが、ローマ教皇などの聖職者や英国王室、さらには世界各国の首脳などやハリウッドの映画人や音楽関係者などびっくりするような連中が主要顧客とされています。

またまた話がそれてしまいました。
ついこのテレビ番組もどこまで本当なのか、という疑いの気持ちも沸いてきたのですが、とても面白く見入ってしまいました。

宇宙とは実に想像を絶する広さと時間といいますか気が遠くなる世界でした。
無限という概念を理解するのはとてもできない、というのが実感です。

還暦過ぎていよいよコロナ禍で劇的に変化しつつある現実に振り回されこれからどのように暮らしていくか、移住を本気で考え始めたところで、何をどうしようと悩んでいたのですが、この番組で改めて宇宙の営みを知り、人間のなんと小さいことか、くだらないことにかまけていたら残りの人生がもったいないと実感したのです。

昔の記憶を総動員してもまずブラックホールが単に破壊だけでなく創造の主だというのは知らず驚きでした。

そのメカニズムなど到底理解できませんがとにかく宇宙の大きさに圧倒されました。

我々が暮らす地球は太陽(恒星)の惑星です。仲間の惑星は水金地火木土天海冥と習いましたが、最近では冥王星の扱いが変わり、準惑星に分類されていました。

我々の太陽系は銀河系(天の川)に含まれているのですが、皆さんは一体いくつの恒星がこの銀河系にあると思いますか?

なんと1000億個です!

私は二つがやっとなのに!とぷんぷん

FullSizeRender.jpg


この辺りは習ったのかもしれませんが記憶にないのでまずその数にびっくりしました。

恒星(太陽)が1000億個です。

番組では地球上にある全ての砂の数より多いと説明していました。
当然その周りには複数の惑星がありますし、月のような衛星もありますからとんでもない数です。

そして銀河系の帯状の大きさはウィキペディアによりますと、直径105,700光年、厚さ1000光年ですって!
ちなみに地球の直径は12,742 kmです。

覚えています?光は地球を1秒間に7周半する速さです。

銀河系の端から端まで光の速さで105,700年もかかる、もう想像できません!

つい行ったこともない銀河の大きさなんか本当に測れるのか?アインシュタインは光は曲がると言ってなかっけ?などなどまた悪い癖が出てきましたが、ここでは置いておきます。

しかしこれで驚いていてはいけません。なんと銀河系のような銀河(太陽が含まれる我々の銀河以外)の数にのけ反ります。

なんとこのような銀河が2兆個!!

2兆個×1000億個の太陽=??? 算数ではもう理解不能です

もう想像を絶する、気の遠くなる信じられない世界です。
なじみのあるアンドロメダ銀河の直径は220,000光年もあります。
そんな話を聞いていたら何を感じるか?

私は日々の暮らしで出くわす煩雑な事やこれまで批判してきたマスコミや政権、そしてこの世界を支配する連中を非難することになんかウンザリしてしまいました。
そんな思いの中、残りの人生の生き方はやはり晴耕雨読が一番なのではないか、とつくづく感じた次第です。

さてどこに移住するか?
天の川をはさんで夏の夜空に輝く七夕の星、織姫と彦星が見えるところが理想ですね。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 12:28| Comment(0) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

もっと光を!

もっと光を!


今日のタイトルは皆さんもよくご存じの詩人ゲーテの死に際に発したとされる言葉です。

まあ、諸説あり、単に暗いから窓を開けてくれという意味だとか、伝聞で弟子たちが勝手に作ったとかなんとか。まあそれはいいのですが、いかにも詩人らしい格調が高く、しかも鋭い言葉だと思います。しかも聞く人によっていろいろ解釈できるのでやはり名言なのですね。

なぜこんな言葉をタイトルにしたかといいますと、本当かウソか今世界は新型コロナで大変なわけです。まあその真偽のほどはいまだわかりません。
まあそれはさておき大手メディアや政府が毎日のように騒いでいますが、高齢者の犠牲が多いとされ、私もその高齢者に含まれるわけですから、ほんのたまに死を意識するようになりました。

かみさんには先に絶対死んではいけない。私をちゃんと見送るようにと言われています。


かみさんには長年連れ添ってもらい、我儘で好きなように人生を送らせてもらいましたから感謝の念しかありません。
ですから、最後ぐらいは奥さんのいう通りにしてあげたいと心底思うのです。

生きているうちに感謝を実のあるもにしたら!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0168.JPG


しかし自分の死ぬタイミングは誰でもいつなのかわかりません。長い闘病の末、死期がせまり、余命云々を医者から告げられれば、多少は気配含めてわかるのでしょうがね。

今の状況を考えますとコロナで死ぬより経済的に困窮し収入減で路頭にまよい餓死するか、絶望で死を選ぶか、持病の悪化の際コロナの影響で適切な治療を受けられず亡くなるか、どちらにしてもあまり明るい未来は描けません。

夫婦で美味い料理をいただきながらじっくり酒を飲み、酔いが回りウトウトしている最中にあの世に行く、というのが理想の死に方なのですが、そううまくいくはずもありません。

まあ、何もなければ夫婦互いに年齢順で、やはり私が先にあの世に行くはずです。
そのときせめて感謝の気持ちを込めて別れの言葉をかみさんに言いたいと思うのですが。。。

いざその時を迎えたとき、もしかすると総入れ歯になっているかもしれませんから話にくく呂律が回らない可能性があります。もっと言えばボケも入っているかもしれませんし、第一、互いに耳も聞こえなくなっているかもしれません。

下手をすれば最後の言葉の途中で絶命してしまうかもしれないとすればなかなか大変です。

「最後だからいうけど、お前の…」

「なんですか?」

「お前の他になあ…」

「私の他になんですかあ〜」

「他にぃ…」とここで絶命

「あなたっ!まさか他に女がいたの!誰なの?まったくこのスケベジジイ!」
とならないとも限りません

本当は「お前の他にこんなに愛した女はいなかった。こんな俺と最後まで一緒にいてくれて本当にありがとう!」と言いたかったかもしれないのです。

いまだにトランプ大統領の動向に一喜一憂している今日この頃ですが、もしこのまま世界に光が見えなければ、この世は息苦しくいつお迎えが来てもおかしくありません。

せめて死に際の奥さんへの感謝の言葉は今のうちに考えていたほうがよさそうだと、ふと考え込んでしまいました。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by ぷんぷん at 11:42| Comment(0) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする