2016年11月18日

「待って、マッテ!マッテ!!」の声に振り返ると

昨日はとても天気が良く、早く家に帰ることができたので、なんか歩きたくなったので、一つ前の駅で降りて、家まで、大体20分ぐらいを歩いてみたのです。

せっかくなので、2つほど公園がある緑道を季節を感じながらブラブラとあるいて行きました。

随分と木々も紅葉していて、行きかう人も気持ちよさそうにランニングをしたり、ベビーカーの子供と一緒に散歩している若いお母さんや犬を連れて散歩する人たちが行きかっていました。

途中のベンチで色づいた木立を眺めながら一服していましたら、散歩している犬同士が互いを確認するためか、お尻をかぎあったり、飼い主同士は知り合いなのかなにやらお話に夢中で、「なんか平和だなあ」と煙をふかしていました。

その道は烏山川緑道の一区間で、季節ごとにいろいろな花が咲いていて、春になると桜が美しいとても気持ちの良い緑道なのです。

10分ほどベンチで紅葉と行きかう人を眺め、ゆっくりと家のほうに向かって歩き始めたのですが、家の近くの公園に近づくと、若いお母さんと小さい子供たちがジャングルジムの近くにたくさん集まっていました。

なにかこれからあるのでしょうが、知り合いと話す人や遠回りに他の人を見ているだけのポツンと佇む人など、もう一つどのような集まりなのか分かりませんでしたが、まだまだ人が集まっているようでした。

きっと地域の子供達の交流会でもあるのだろうな、と思いながら足早にその場を通りすぎ歩いていますと、後ろから

「待って、マッテ!」という子供の声が聞こえてきました。

最初はこの辺ではそんな小さな子に知り合いはいないものですから、まさか自分を呼ぶ声だとは思いませんでした。

しかしまた、同じように「待って!マッテ!!」と息を弾ませながら声がしますので、何かあったのかと思って振り向いたら、何と3歳ぐらいの男の子が私の後ろにいるではありませんか!

と、その子は私を見た瞬間、一瞬驚いたような顔をして、一目散にジャングルジムのほうに駆け出して行きました。2,3度振り向きながら。3,40メートルはあると思いますからかなり追っかけてきたことになります。

私も一瞬のことでしたから驚いて、声もかけられずただ、その子がジャングルジムのほうへ駆け出しているのを見ていることしかできませんでした。

一声「どうしたの?」と声をかければよかったと思ったのですが、アッと言う間にその子は走って行ったのでどうしようもありませんでした。それでまた家のほうに歩き始めたのですが、きっとお父さんと勘違いして追っかけてきたのだと思いました。

しかし、ふと「あの子にとってお父さんだとすれば30歳台ぐらいだから、もしかしておじいちゃんと間違えた?!」と気づき、改めて自分の年を実感してしまい、ちょっとショックな瞬間でした。
<がっくりしたぷんぷん>

IMG_0096.JPG


ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 12:36| Comment(0) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

美人白バイ婦警さん!!

飯田さんから提供IMG_0403.JPG


前回ご紹介した大きな楠のあるフレンチレストランを出て本郷3丁目の駅に向かう途中で、
とても美人で素敵な白バイの婦警さんを見つけてしまいました。

多分地元の知り合いでしょうか、男性の方と白バイを降りて話をしている様子だったのですが、思わず声をかけてしまいました。

ヘルメットを被ったままでなにやらお話をしているところへ、ランチでワインを飲んだせいもあり、気軽にしかも大胆にお二人が話し中にも関わらず

「お綺麗いですね。お話してもいいですか?」と声をかけてしまいました。

本当にお世辞ではなくおきれいな方でした。

すかさず、お話をしていたお知り合いの男性が
「彼女結婚してるよ!」と。

いえいえ別にどうこうしようとか、何とか彼女とお知り合いになりたいとか、そんなことは毛頭考えておらず、いややはり男の本能なのでしょうか、思わず声をかけてしまったのです。

どうもこの近くに白バイの基地があるようで、そこへ帰る途中だったそうです。
何を話したかあまり覚えていないのですが、バイクがやはり大きく思わず

「ナナハンですか、大きいですね。」と話を向けたら

「いいえ1300CCです。白バイはみなそうなんですよ」と答えてくれました。

よく見るとホンダのCB1300でした。

私の世代の頃はちょうどバイクの免許は原付と自動二輪という区分しかなく、どれだけ排気量が大きくても乗ることができました。
もうずいぶんとバイクには乗っていませんが、ナナハン以上のバイクを運転していると、若い人から尊敬されたものです。

しかもその当時はノーヘルで良かった時代でしたから、映画イージーライダーを気取って髪をなびかせてツーリングするのが流行っていました。

そんなとりとめのない話をしながら、一緒に居た熊本震災支援のためのミュージックビデオに出演する俳優の飯田さん、澤村さんと一緒に記念撮影をさせてもらいました。

東京オリンピックでこんな美人で素敵な婦警さんが海外からのお客さんと触れ合う機会があったら話題になりそうですし、スピードオーバーか何かで捕まっても、男性はきっと喜んで脂下がりながら切符を切られる事うけあいだなあ、警視庁も彼女のような素敵な婦警さんを広報ウーマンに起用すれば安全運転PRに貢献できるだろうに、などと思った次第です。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:01| Comment(0) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

とても大きな楠のある、素敵なフレンチ

今日、学生時代の友人から、熊本震災支援の企画ミーティング&食事に本郷のクスノキで有名なフレンチレストランに招待されました。

熊本震災支援についてはまだもう少し先にならないとオープンにできないので、またご紹介したいと思いますが、フレンチレストランがとても素敵で、レストラン内は広くゆったりと食事ができ、またとてもおいしくリーズナブルだったのでご紹介したいと思います。

お店の名前はペジーブルといいます。
http://www.paisible.jp

東京都文京区本郷1-28-32 パークハウス楠郷壷 1F
東京メトロ丸ノ内線本郷三丁目駅から徒歩で4分ぐらい
大きな楠がレストランの前に構える素敵なフレンチレストランです。

お店の前の「クスノキ」は文京の大楠と親しまれ、樹齢六百年以上と言われているそうです。
室町時代の頃に誕生したこのクスノキは、楠木正成の末裔の方が植えられたようで、その後「楠亭」というフランス料理のレストランを経て現在のオーナーシェフが10年前からやっておられるそうです。

私を誘ってくれて友人の中学時代の同級生がオーナーシェフで、奥様はフランス文学科なんかの学芸員を以前されていたとのことで、とてもお若くまた、気持ちのいい接客をしてくだって、チャーミングな方でした。

オーナーの出してくださったランチは、写真を撮ってないのでお見せ出来ないのがとても残念ですが、見た目、味、共に素晴らしかったです。

今回は打ち合わせをしながらでしたので、改めて、庭先のクスノキを眺めながらオーナーシェフの料理をじっくり堪能したいと思いました。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 18:47| Comment(0) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする