2020年07月14日

第九章 江戸凱旋

第九章 江戸凱旋



『小さな角』のつぶやき…

やっと困難な旅を終えて帰ることができたようだな…、ヨカッタ、ヨカッタ。
『泡酒(ビール)をマーワセー、朝まで飲もう、……、ア、ドンドン!』と大杯(ジョッキ)をみがき始めたところなのに、また新たな難儀が始まるのか?
面倒はつきないもんだ…。

でも、もう少しで一件落着(ハッピーエンド)のめどがつくんじゃないか?
気をぬかずにな!



一 わき立つ人々!


水平線に夕日がかかってきた。
その美しさは、言葉に表すことができないほどの美しさだった。
八重根浜に打ち寄せる波がこれまでの戦いでささくれ立った皆の心を癒すのだった…。

夕日が隠れる頃、善八が行者とともに現れた。そして、江戸の状況をつたえた。

「熱田からの早文のあと、ふっつりとつなぎがなくなり心配しておりましたが、安心しました。いま頃は能勢様にも様子がつたわっておりましょう」
数日後、楽市丸は伊豆大島に向かって帆を上げた。

ひと足さきに、仕世堂(しせいどう)にもどってきた善八は、絵図の上の七つの寺社に印をつけると、七種類の護符を出入りの絵師に注文し、いくつかの文を認(したた)めた。

つぎに、江戸に待機していた紀伊国屋文左衛門にいくつか頼みごとをしたあと、南町奉行能勢頼相(よりすけ)邸をたずねて談合した。

翌日の夜半、護符と文を持った行者が夜空に飛び立っていった。
そして七つの寺社をめぐり、住職や宮司の枕元に立ち、護符をおいては夢枕囁き(マインドコントロール)の術をかけていった。

その間善八は、お伽草子を書きおろしていたが、行者が戻ってくると京に飛び立っていった…。

楽市丸は大島の波浮(はぶ)港に碇を投げた。

そこには、七福神を乗せた宝船を帆に描いた紀伊国屋の『七福丸』と、伊勢屋籐衛門の十艘ほどの押送船(おしおくりぶね)待っていた。

桃太郎奇譚 七福神.jpg


宗兵衛は清四に結び文を書かせた。

「おいらたちはひとあしさきにえどにかえります。おせわになりました。せいじ」


江戸ではすでに十日前に七夕が終わり、お盆もあと一日を残すのみだったが、今年は七つの寺社で特別の行事が予定されていた。

神隠しにあった子供たちの帰還を祈る祈祷がとり行われることになったのだ。
寺社の住職と宮司に、天啓があったということである。

朝の日ざしが堂内を満たし始める頃、結界の上から何やら舞いおりてきた。

日本橋の松島神社では大黒天、末廣(すえひろ)神社では毘沙門天、小網(こあみ)神社では弁財天の護符が…、深川の富岡八幡宮では恵比寿、心(しん)行寺(ぎょうじ)では福禄寿、深川神明宮では寿老人、深川稲荷神社では布袋の護符が…。

「オーッ、七福神のお力じゃ!」

人びとの声が寺社内に響くと、結界の白布がとり除かれ、かどわかされた子供たちが並んで寝ていた…。

それを天空で見ていた行者は、今回のミッションにおける七福神評議会からの最高評価を確信した。

一方七福神は、人びとから受ける尊敬と人気が不動のものになったと確信し、

「好業績(グッジョブ)!」
と、言いあいハイタッチを繰り返していた。

これがきっかけで七福神参りが定着した(ノカモシレナイ…)。

「お奉行、大変なことが起こりました。神隠しにあった三十人の子どもたちが帰ってきたそうです!親元の近くにある七つの寺社に今朝がた…。
それと、築地沖に宝船が…、多くの小判を積んだ宝船が参ったそうです!」

北町奉行川口宗恒(むねつね)はたたき起こされた。
今月の月番(つきばん)町奉行所は北町である。南北両奉行所は、一月ごとに現場勤務である月番と内勤を交代している。

江戸の町は、久しぶりの明るい話に『十日遅れの七夕だ!』と喜びでわきかえっていた。
全国の飢饉は絶えず、特に今年は奥羽を中心とした冷害によるすさまじい飢饉が始まっていたのである。

後に『元禄の大飢饉』と呼ばれることになる。

飢饉による物価高で、江戸の人びとは青息吐息のありさまである。
このような時だったため、江戸市中はわきにわいたのである。
人々をへたに制止しようものなら、奉行所もボコボコにされそうな熱気を帯びていた。

北町奉行川口宗恒の供をして築地に駆け付けた同心山影琢磨が、皆にただした。

「一体どういうことじゃ!誰の船じゃ!」

すると、一人の男が進み出た。

「おう紀伊国屋か。その船を質(ただ)しにお奉行が参られた」

「お信じになられないかもしれませんが、伊豆を過ぎたあたりで、船倉に突然!積み上げられた千両箱とその上に寝かされたお子らが現れたのです。
話しを聞くと神隠しにあったと聞くお子たちのようで、腹を空かせて疲れているようでした。それで、食事を与えて寝かしておいたのですが…。
昨夜再び様子をうかがいにまいりますと、この結び文を残してお子らが消えていたのです。ただいま結び文と千両箱をお奉行様におとどけしようと、荷揚げを急いでいたところでございます」
と、山車に美々(びび)しく飾って山積みした千両箱を指さした。

「ふざけたことをぬかすと、牢に叩き込むぞ!」
と、詰め寄ろうとする山影琢磨を制して、

「むむ、やはりそうであったか。この川口に対する神の深い信頼がなせる、まことに目出たい話じゃ。取り調べは終了した。山影、千両箱を奉行所に運べ」
と、宗恒はそそくさともどっていった。

「これで良いのかのう…」
と、琢磨は釈然としないまま山車を伴い、北町奉行所に帰っていった。

宗恒がこの次第を筆頭老中に報告すると、筆頭老中は疑うでもなく指示した。

「とりあえず北町が保管せよ。使い道については寺社、勘定、町の三奉行所評定で案を作り、その方が明後日の老中評定の場で報告せよ」

七福丸が運んできたお宝は、台湾から長崎に持ち帰った財宝を換金した千両箱のほんの一部である。
財宝のほとんどは、目立たないように売却するよう長崎の大黒屋小兵衛に依頼して、小判に換金してもらっていたのである。

その総額は十万両にものぼるものだった。そのうちの一万両のみを七福丸に積みこんで、残り九万両を為替(かわせ)で江戸に送金していたのである。

為替は小口にして色んな経路を複雑に経由させ、懇意の伊勢屋籐衛門方に送るように依頼していた。

九万両の小判は、行者の術でりふじん堂の中の蔵の第三の部屋にひそかに納められていた。ちなみに、九十の千両箱は相当にかさばるが、なにせ第三の部屋は伸びちぢみ自在である…。
続く
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by ぷんぷん at 10:15| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

三 髑髏(どくろ)号の最後『貧相な戦い』?

三 髑髏(どくろ)号の最後『貧相な戦い』?


その頃やっと行者が目をさました。しばらく寝ぼけていたが。

「ここはどこ?私は誰?」
「行者様しっかりして、この呪符を海賊船の物と取りかえてくるのよ!」
とのお京の大きな声に、やっと状況をつかむと、

「よし、行ってまいる!」
と、海賊と百連壇の正式の名前が書かれた予備の呪符をつかみ、疲れた身体に鞭打って髑髏号に向かった。

行者が艦長室に忍びこむと、八個の杯が乱れたまま置いてあり、卓(テーブル)の下にはふたが開いたままの、天九牌と火薬が詰まった木箱が置かれたままだった。

「この邪気が満ちている変てこな杯じゃな…」

行者はその杯に浸かっていた呪符をとり出して、代わりに、西班牙(スペイン)海賊と百連壇の幹部八人の正式な名前を記した予備の呪符を浸けた。

と…、小さな影がいくつか飛び出してきて行者にまとわりついてきた。悪鬼の僕(しもべ)ゴブリンである。

「やめろって…、ウゼーッ!」
しばらく貧相な戦いが続いていたが、疲労困憊で少々ゆるんでいた行者が、ブッとやってしまった。

ゴブリンが一瞬めまいをおこして動きをとめたところを、ねらいすました行者が絶妙に蹴っ飛ばした(ナイスシュートした)。そのゴブリンはテキーラの酒瓶を倒してしまった…。

九十度のテキーラが、テーブル下の木箱に流れこみ始めた。蹴っとばされたゴブリンがふらふらと立ちあがるはずみで、今度はローソクをたおしてしまった。

「ヤバイ!」

それを見た行者はしがみつく小鬼をふり放し、あせって船を離れた。

ややあって、『ドドーンッ、ドッカーン…』という大爆発が起こり、髑髏号があっという間もなく沈んでいった。あっけない髑髏号の轟沈である。

テキーラを伝わったローソクの火が木箱の爆薬に引火して爆発し、さらに船の火薬庫に引火したのである。
飛び散った髑髏号の破片が、楽市丸の横っ腹にも損傷を与えた…。

髑髏号が沈んだあたりから多くの黒い影がさ迷い出てきた。
海賊や百連壇の魂である。その影の中でもひときわ目だつ邪悪さの、八つの影が突然消えた。

デーモンと七匹の悪鬼が海賊と百連壇幹部の八つの魂を喰らい、契約終了ということでソソクサと姿を消したのである。


四 魂の復活…

波は静まった。

気づくと、楽市丸は明るい陽光が降りそそぐ八丈島の八重根浜に乗りあげて大きく傾き、波にゆられていたのである。
そして、船の大穴のそばに、飛来した髑髏号の破片が当たった子供、行者の友人清四が倒れていた…。

ヨハネスは持参した薬を使い、最新の西洋医学の知識を総動員して心臓手技治療(マッサージ)や人工呼吸を施したが蘇生しなかった。

行者は、船内の護符に向かってなんとかしてくれるよう訴えた。

七福神はいっせいに弥勒菩薩の顔を見た。

「わ、わかったって」
と、天上界の釈迦をたずねて清四の復活を頼みこんだ。
釈迦は東洋の冥界を支配する閻魔に確認したが…。

「清四君の魂は西洋悪鬼との戦いに巻きこまれたゆえ、届けが出ていないとのことじゃ。彼の魂はどうも西洋の冥界にとらわれたようじゃ…。よし、西洋の冥界から、清四君の魂を解き放してくれるように話してみよう。
ただし、一度冥界にとらわれてしまった魂を解き放つには、具体的な交替要員の魂が必要じゃ。誰か指名してくれんかの」

「ならば、この一連の騒動の元凶でもある、西班牙(スペイン)とかいう国の王カルロス二世はどうでしょうか。国王という大物ですから西洋の冥界の神も納得するんじゃないでしょうか」

「よしそれで交渉しよう」
と、その場からオリンポスの丘に向かい、ゼウスをたずねてブツブツ言うハーネスを二人で説得した。

清四の魂を冥界から解き放つのに成功したのである。

ただし、清四の場合は突発事項であったため、魂を開放してもらっただけではこの地上に甦ることはできない。

真っ白な顔色でピクとも動かない清四を見て、行者は右手で印を結び左手を清四の胸にあて、一心に清四の復活を祈り始めた。

しかし、変化は現われない。

それを見ていた恵比寿がやはり右手で印を結び左手を行者の肩にそえた。その恵比寿の左肩に寿老人の左手が、その寿老人の左肩には大国天の左手がというふうに、七福神が行者の後ろに連なっていった。まるで電車ごっこのように…。

真っ白であった清四の頬が、少しずつ赤みを増していった。
やおら弥勒菩薩が両目を見開くや、叫んだ。

「喝(カツッ)!」

すると、行者が手をそえていた清四の小さな胸に、うっすらと九曜紋(くようもん)に似た痣(あざ)が浮かびあがってきた。中心の大きな円に小さな角、その周りを、一番上にバナナとそれ以外に七つの宝船の模様と見える、全部で八つの小さな円が囲んでいた。

八絵図.png



そして清四の顔色が明るくなり、その痣がやっと見えるほどの薄さになると、清四が眠そうに目をあけ、
「ここどこ?おいらどうしたの」
と口を開いた。
九つの願いが一つになり、清四の魂をこの地上に呼び戻したのだった。

弥勒菩薩と七福神は人の目には見えないため、行者一人の働きに見えた。

「おおっ、行者様は神か仏か!」

「まあ、それほどでもないがの…」
と照れる行者に、弥勒菩薩が何か言いたそうに身を乗り出したが、七福神がなだめた。

「このたびはまさしく行者が頑張ったのじゃ、良いではないか」

「ま、良いか」
と、弥勒菩薩と七柱の神々はニッコリして拍手したのだった。

宗兵衛が善八を連れてくるよう行者に頼んだ。気分が極めて良好な行者は軽やかに答えた。

「応契牧場(OKぼくじょう)!」

「わしの十八番(オハコ)を…」
またまた抗議しそうな弥勒菩薩だったが、七福神になだめられて鉾をおさめた。
弥勒菩薩は天上界に、七福神は船の護符の中にもどっていった。

一生に何度もない、行者の晴れ姿であった…。

ノッた行者は、力瘤を作っては静止(ポーズ)!
その腕を背に回して、胸筋と腹筋を力んで静止(ポーズ)!
そして、満を持して、後ろを向いて振り返って大げさにニッコリ笑って静止(ポーズ)…と思ったら、皆は船に向かっていた…。

「オーイッ、置いて行かないで〜」
行者の叫びが寂しかった…。

島をはなれてしばらくしたとき、竹蔵の声に、皆が神棚の下に集まってきた。

「皆様来てください!この七福神の護符の絵柄が変わっているんですが…」
にこやかな七福神が乗る宝船という鉄板絵柄が、船べりに十四の足裏が見えるばかりになっていたのである。
行者は見えを張ってこたえた。

「あーそれ?
実は、先日の海賊との戦いで、ツーカーの仲の七福神の皆さんに加勢をお願いしたんじゃ。皆には見えなかったじゃろうが、西洋悪鬼の力を封じこめて頂いたんじゃが…、それでお疲れなのであろう。ま、わしの活躍と、正義感に共感して一段と頑張られたようじゃな、エヘンッ」

「そんなことがあったのですか…、ありがたいことです。…でも本当にツーカーの仲?」
善八が激しく疑(うたが)わしい目で見た。

「アレ?もしかして疑ってんの?しょうがないのう…。よし、わしがチョッとお願いすれば皆さんは姿勢(ポーズ)を変えてくれよう。わしが姿を消したら目をつむり

『…、…、ダッ!』と声がしたら護符を見てみよ」

と、行者は姿を消して護符の中に入っていった。皆は目をつむった。

「チョッとお付き合い願いたいのですが…」
「何じゃ?めんどうくさいのう」
と七福神はモゾモゾと起き上った。そこに行者は小さな声で、

「ダールマサンガー、コーロン…」
とささやき、今度は大声で、

「…ダッ!」
と声をかけた。反射的に七福神は動いて、止まった。
善八たちが目を開けると、先ほどとは異なったポーズの七福神が護符にいた。

やっと行者と七福神の関係を信用した善八は、

「それではお礼の意味で、七福神の皆様たちの顔が立つような工夫をいたしましょう」
と、行者とともにひと足先に江戸にもどった。
楽市丸は航海を続けた。

続く
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by ぷんぷん at 09:46| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

二 続 第三次海戦『神々の戦い』!

二 続 第三次海戦『神々の戦い』!


アメミットと戦う福禄寿にはこれといった芸はないが、それなりの戦いを展開した。

頭は鰐(わに)、鬣(ひげ)と上半身が獅子、下半身は河馬(かば)という、超チグハグな姿であることからコンプレックスを感じていた。その性格は獰猛ではあるが、かなり単純であることを見ぬいた福禄寿は優しく接した。

アメミットは、優しくされてつい福禄寿への攻撃が鈍ってしまった…。

死者の心臓をえさとして生きてきたアメミットに懇々と話しかけた。

「シーンパーイ、ないからね…」
と何度も首すじをさすると、河馬の足で立ちあがって猛り狂っていたアメミットはおだやかになり、やがて子犬のように寝息をたて始めた。

そこに福禄寿は異常に肥大した頭で頭突きをかました。

「キャインッ」
という声を発して、アメミットはゴロンとのびてしまった。

これも相当卑劣な作戦ではあったが、ともかくズノウ作戦ではあった…。

異質な戦いが別の天空で繰りひろげられていた。

剣、弓、矢、矛、鉄輪、投げ縄、大鋏と、それとなぜか鏡を、八本になった手に持つ弁財天はメドゥーサ目がけて攻撃を開始した。

行者からメドゥーサのことを聞いていた弁財天は、鏡をたくみに使ってメドゥーサの首から下のみを見ながら戦ったのである。

髪に見まがう、頭にうごめく無数の蛇から毒気を吐いて迎えうつメドゥーサは、左手に鏡の形をした石の団扇を持っている。右手の青銅の手の指をスルスルと伸ばして弁財天の髪をかきむしり、左手の石団扇で弁財天の頭を張りとばし、猪の歯で首を噛みきろうとした。

弁財天は、そうはさせじと、手に持つ剣や矛をメドゥーサの身体に突き立てると、大鋏でチョキンッ、チョキンッとメドゥーサの頭の蛇髪を切りとっていった。

なんとも言えない、クンズホグレツの戦いを展開するのだった。
ただしこの戦いは他のものとはチョッと変わっている。

互いに顔だけは攻撃しないのだった。

そして、どちらからともなく、なぜかタイミングよく化粧タイムが作られ、互いに化粧直しをすると、

「キャーッ」

「ギャーッ」
という身の毛もよだつ奇声を交わしながら、また戦いを再開するのだった。

何回かの化粧タイムが終わった時、弁財天の鏡が偶然にメドゥーサに向いた。

「しまったっ!」

思わず本能で、久しぶりの鏡をのぞきこんでほほ笑んでしまったメドゥーサが叫んだが、すでに手おくれだった。

「ギャッ」
という声を残して、石に変わって海底に沈んでいった…。

「ゼーッ、ゼーッ」
髪をふり乱し、息をはずませる壮絶な姿の弁財天には、誰も近よれなかった…。

大きな袋に唐辛子の粉を入れた布袋は、笑顔を浮かべた穏やかな顔でサイクロブスに近よっていった。

放浪の旅を愛する布袋ではあったが、みずから歩くことはまれになり、いつか太りすぎてメタボになってしまった。そこで、霊力を持つ背に負った袋を押す力をコントロールすることで、チョビッと瞬場移動する技を身につけている。

接近戦を好むサイクロブスは、三丈(約九メートル)にも及ぶ大きな体をかがめてその大きな一つの目で布袋をのぞきこんだ。そして鋭く大きな鋼の強さの爪を持つ三本指の両の手で布袋をつかもうとした。

曖昧な笑みを浮かべた布袋は、左手で背なかの袋の口をサイクロプスに向けて右手に力をこめた。

サイクロプスの両の手は空をつかみ、ついで唐辛子の粉が襲った大きな一つの目から流れ出す涙をぬぐうのみで、布袋の存在などもはや二の次になっていった。

「退散(ゲッツ)…」
という意味不明なかけ声とともに、布袋はサイクロプスが振り回す両手の外に瞬場移動していたのだ…。


さて、互いに一歩もゆずらぬ首領同士の戦いが天空の極みで展開されていた。

石松 (002).png


軽快な足拍子(フットワーク)にのせ、左胴拳(ボディ)、右の突上拳(アッパー)、そして左右の重い正面拳(ストレート)の連打を放つ弥勒菩薩。

背にはえた邪悪な大きな翼をたくみに使い、その口から地獄の炎をふきかけては上空に離れるデーモン。

一歩もゆずらぬ、互角の戦いが続けられていた。

しかし、時が移るにつれて配下の悪鬼の形勢が次々に悪くなっていくのが気がかりなデーモンは、次第に散漫な戦いを強いられていった…。

「アレッ、ヤバッ、エーッ、アイツモッ?」
とつぶやくデーモンは、弥勒菩薩との戦いに集中できなかったのである。
そしていつかプロポーズしようと思っていたメドゥーサが石になったのに目をやってしまった。

「アッ、アーッ、メドチャンが…」

メドゥーサのことを思うと頬がポッと赤らむ純情な一面を持つ、極めて複雑な性格のデーモンはガクッとしてしまった。

そこを弥勒菩薩は見逃さなかった。
たくみに左腕でデーモンの首をかかえこむと、力瘤が盛り上がった右腕でデーモンの顔と言わずボディと言わず、なさけようしゃなくボコボコに殴りつけた。

クリンチコール(消極姿勢指導)のない戦いに決着がついた…。
デーモンは、

「手拭(タオル)…」
と一声うめき、たおれていった。

目はつぶれ鼻血がふき出し、足はもつれていた。

東洋の神々と西洋悪鬼との戦いは終わった…。


桃太郎奇譚 七福神.jpg


海底から救い上げた石のメドゥーサを蘇生させて抱きかかえたデーモンたちは、まったく戦意喪失して、小さな白い手巾(ハンカチ)をふって天界の隅に小さく固まっていた…。

もともと八匹の悪鬼は、無理に旅行程(スケジュール)調整した海外旅行感覚でやってきていたので、

(こちらは、契約にそってやるべきことはやった。あとは報酬を待つのみだ…)という立場(スタンス)をつらぬいたのだ…。

デーモンとメドゥーサにいたっては、別の時空では弥勒菩薩側に立つこともあるのだが、西洋は契約社会であるためにドライに割り切って来日したのである。

楽市丸の護符に描かれた七福神は、元のおだやかな表情に戻っていた。
続く
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 09:38| Comment(0) | りふじん堂・桃太郎奇譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする