2021年02月02日

坂本龍馬の「今一度日本を洗濯致し候」とトランプ大統領

坂本龍馬の「今一度日本を洗濯致し候」とトランプ大統領


多くのファンがいる坂本龍馬の名言です。

私も坂本龍馬にかぶれた一人です。

しかし最近では所詮龍馬もロスチャイルドの手のひらで利用されただけ、という説もなかなか説得力があります。

しかしそんな龍馬の残した言葉にはやはり魅力的で納得できる名言が多々あります。

そんな名言のなかでも一番人気がある言葉、若者らしい理想に燃え、自分を鼓舞する言葉が
「今一度日本を洗濯致し候」ではないかと思います。

坂本龍馬が姉に送った手紙に書いていたとされるこの言葉は当時の幕府の腐敗している現状に嘆き、理想の国家を創る決意だと思います。

今だとトランプ大統領かなとぷんぷん

IMG_0046.JPG


まさに今の日本はもうめちゃくちゃな状態で、高級国民とされる官僚や政治家、それに連なる学者やメディア人、そして経団連などやりたいし放題です。

新型コロナに対応する能力は全くなく、無為無策を繰り返し、メディアは毎日恐怖だけあおるだけです。

この一年近く政府や東京都がいうのはお願いというよりも、命令です。

ただただ家でじっとしていろ、外に出るな。
人と離れろ、マスクはできれば食事中もしろ。

でも生活保証はいまだに個人に10万円だけで困窮している世帯が急増中。

経済活動は止まり、まるで中小企業を意図的につぶそうとしているとしか思えない政策。
一方で利権の源泉である業界に対しては小学生でもわかるコロナ感染拡大に貢献するGO TOキャンぺーンをやる、東京オリンピックは予定通り実施するetc.

しかしまだ国民は耐えています。ここまでくると私にはマゾとしか思えません。
文句を言わず、耐えるのが美徳なのでしょうか?

まるで戦前の「欲しがりません勝つまでは」と同じ狂気にしか思えないのですがね。

ここは一気呵成に国民一揆でも起こし、政権を倒すしか手がないようにも思いますが、龍馬の言葉に「正攻法」というのもあります。

奇策は100に一つもやるべきではない。99まで正攻法でやり、あと一押しというところで奇策をやれば、成功するのだと。

龍馬がもし現代によみがえったら一体何を感じ、考え、どう動くのか?

ところでどうもトランプ大統領のやっている戦略がもどかしいと感じていたのですが、もしかするとトランプ氏はまさに龍馬と同様の考えなのか?と彼の言動が龍馬に重なって見えてくるのです。

単なるひいき倒しなのでしょうか?

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 12:17| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

もっと光を!

もっと光を!


今日のタイトルは皆さんもよくご存じの詩人ゲーテの死に際に発したとされる言葉です。

まあ、諸説あり、単に暗いから窓を開けてくれという意味だとか、伝聞で弟子たちが勝手に作ったとかなんとか。まあそれはいいのですが、いかにも詩人らしい格調が高く、しかも鋭い言葉だと思います。しかも聞く人によっていろいろ解釈できるのでやはり名言なのですね。

なぜこんな言葉をタイトルにしたかといいますと、本当かウソか今世界は新型コロナで大変なわけです。まあその真偽のほどはいまだわかりません。
まあそれはさておき大手メディアや政府が毎日のように騒いでいますが、高齢者の犠牲が多いとされ、私もその高齢者に含まれるわけですから、ほんのたまに死を意識するようになりました。

かみさんには先に絶対死んではいけない。私をちゃんと見送るようにと言われています。


かみさんには長年連れ添ってもらい、我儘で好きなように人生を送らせてもらいましたから感謝の念しかありません。
ですから、最後ぐらいは奥さんのいう通りにしてあげたいと心底思うのです。

生きているうちに感謝を実のあるもにしたら!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0168.JPG


しかし自分の死ぬタイミングは誰でもいつなのかわかりません。長い闘病の末、死期がせまり、余命云々を医者から告げられれば、多少は気配含めてわかるのでしょうがね。

今の状況を考えますとコロナで死ぬより経済的に困窮し収入減で路頭にまよい餓死するか、絶望で死を選ぶか、持病の悪化の際コロナの影響で適切な治療を受けられず亡くなるか、どちらにしてもあまり明るい未来は描けません。

夫婦で美味い料理をいただきながらじっくり酒を飲み、酔いが回りウトウトしている最中にあの世に行く、というのが理想の死に方なのですが、そううまくいくはずもありません。

まあ、何もなければ夫婦互いに年齢順で、やはり私が先にあの世に行くはずです。
そのときせめて感謝の気持ちを込めて別れの言葉をかみさんに言いたいと思うのですが。。。

いざその時を迎えたとき、もしかすると総入れ歯になっているかもしれませんから話にくく呂律が回らない可能性があります。もっと言えばボケも入っているかもしれませんし、第一、互いに耳も聞こえなくなっているかもしれません。

下手をすれば最後の言葉の途中で絶命してしまうかもしれないとすればなかなか大変です。

「最後だからいうけど、お前の…」

「なんですか?」

「お前の他になあ…」

「私の他になんですかあ〜」

「他にぃ…」とここで絶命

「あなたっ!まさか他に女がいたの!誰なの?まったくこのスケベジジイ!」
とならないとも限りません

本当は「お前の他にこんなに愛した女はいなかった。こんな俺と最後まで一緒にいてくれて本当にありがとう!」と言いたかったかもしれないのです。

いまだにトランプ大統領の動向に一喜一憂している今日この頃ですが、もしこのまま世界に光が見えなければ、この世は息苦しくいつお迎えが来てもおかしくありません。

せめて死に際の奥さんへの感謝の言葉は今のうちに考えていたほうがよさそうだと、ふと考え込んでしまいました。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by ぷんぷん at 11:42| Comment(0) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

トラ!トラ!トラ! ワシントンDCは軍事衝突か?それともお座敷遊びで終わるのか?

トラ!トラ!トラ! ワシントンDCは軍事衝突か?それともお座敷遊びで終わるのか?


いよいよ大統領就任式まであと二日

先週からネット上ではそれこそいよいよトランプ大統領が軍を出動させアメリカ奥の院(DS・ディープステイト)およびヨーロッパのお歴々の悪事を世界に暴露し、バイデン大統領候補をはじめとする金融・軍産の連中をまとめて逮捕するのか、それとも単なる陰謀なのかでこれ以上ない盛り上がりを見せています。

大きな話題としては

・緊急事態宣言放送のテストがあり、いよいよ本放送が始まる

・ワシントンD.Cの道路封鎖

・ワシントンDCに35000人以上の州兵が集結し、議事堂を高いフェンスで囲っている

・バチカン大停電から今日までに、9人の司教(枢機卿)が死亡
・DSサイドの金融大物仏ロスチャイルド57歳が心臓まひで死去
・ヒラリーと交友があった中国大富豪の娘ルオ・リリ娘を抱え全裸で飛び降り自殺。

・アメリカに向けて移民希望の数千のホンジェラス人が移動、ガティマラ政府と衝突

・大統領補佐官 Peter Navarro氏の2020米国大統領選挙における民主党による不正についてのレポート発表
(民主党への資金提供リスト)
FacebookのCEO:マークザッカーバーグ
投資家ジョージソロス
元ヒラリー・クリントン選挙運動顧問:マーク・イライアス
CCP:中国共産党
シリコンバレーのグローバリストたちなど資金額とその流れ、具体的な不正方法を実名で公表

そしてついにオバマ元大統領のロシアゲート、今はオバマゲートの機密文書が公開されました。

それ以外にも真偽のわからぬ様々な情報が飛び交い錯綜していますが、ここに挙げたものは各国の政府やニュース、アメリカ政府による正式な発表で、ホワイトハウスのHPで見ることができます。

目が回る!とぷんぷん

OWNER-PC - punn.jpg


もうまるで映画のような展開です、そういえばオランダやほかのいくつかの国で政府が総辞職したとか、これも今回のDSサイドの動きと連動しているように思えます。

今回のアメリカ大統領選挙は単なるトランプVSバイデンではなく、世界を舞台に善VS悪の戦いです。

これまでも触れてきましたが、もしかすると私たちはとんでもない時期に生きているのかもしれません。これまで世界を牛耳ってきた金融・軍産コングロマリット、まさかというようなメンバーそうイギリス王室なども含まれているといわれます。

これまでタブー、陰謀論などとされてきた様々なことがだんだん明るみになることを私含め多くの人たちが期待しています。

しかし何といってもトランプ大統領が再選され、戦争のない平和な世界になってほしいのが最大の願いです。

ところでネットではトランプ大統領は3月ごろにアメリカ合衆国ではなくアメリカ共和国の19代目の大統領に就任するという話があります。

簡単に言うとこれまで約150年間、アメリカ合衆国はDSサイドがドルと軍事を管理・運営する株式会社であったというのです。
確かにそう考えればすっきりします。(日銀も同様ですよね。)

今回それを20日で終わりにする。

そしてフリン将軍が90日ほど軍事政権を引き、本来の民主国家として共和国を宣言しその大統領にトランプ氏が就任する、というのです。

すごい展開です。

さてあと二日世界はどうなっているのか?
続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by ぷんぷん at 12:25| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする