2021年01月12日

ますます分断がひどくなる、前提が異なる情報での不毛な論議

ますます分断がひどくなる、前提が異なる情報での不毛な論議


リアルメディアの流す情報になんの疑問を持たない素直な人たちはテレビが垂れ流すニュースを信じて暮らしています。

ですから今の日本人の多くはコロナへの恐怖やそれに関する不安を解決するため政権や都知事の政策、会見に注目しがちですが、何ら解決策がない状況にますます不安を掻き立てられているようです。

私などは単なるインフルエンザの一種と思っていますので、それなりに気は使いますが不安に駆られることはありません。

何せ有効な薬もなく、またPCR検査もコロナ用の検査機ではないことは有名で、開発者自体が再三否定しているのですからね。
このあたりの情報を大手メディアは全く報道しません。
なぜでしょう?

しかもPCRの検査設定数値を変えるだけで陽性反応が一気に90%も下がり、しかも陽性=感染と言われています、コロナ菌がのどなどの周りにいるだけなのでいわゆる偽陽性だと言われています。

しかし私がそう判断しているだけで真偽は全く分かりません。何せ医学的知識はまったくありませんから。

ただ、最初に触れたようにPCR検査機を開発したご本人がコロナ感染判定用の検査機ではないと明言していますから、それから先の議論は全く無意味だと思うのです。
この点をはっきりせずに政府も医学界もメディアも今日の感染者というのを既成事実化して発表するから私は信用せず、何か他の意図があるのだという視点で今回のコロナ騒動を見ざるを得ないのです。

現状ネットではコロナに関して真っ二つの意見、論議が行われています。

情報空間に信頼がなくなり、同じ理屈や事実や情報をもとに議論するということができない状態です。

つまり前提情報が違う中でいろいろな意見や指摘がなされているという、まったく不毛で建設的なアイディアや施策が検討できなくなってきている今日この頃なのです。

なんかもうおかしくてヘン!とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


トランプ大統領の件もまったく同様です。

大手メディアが流す情報はおおむね正しく、少数意見や常識では考えられない出来事や事件などは陰謀論でかたづけられてきました。

米国大統領選挙も一応これまで権威があるといわれる学者や専門家などがトランプ大統領は民主主義を壊している、バイデン氏が大統領にふさわしいと発信し続け、大手メディアもこのような意見を垂れ流しています。

まあ、今月20日には判明するでしょうから、もういちいちネットで流れる情報に一喜一憂はやめようと思います。

そんな中安倍でんでん悪徳・犯罪一味の作家の百田や橋下元大阪市長などがトランプ大統領を支援するコメントを出し続けています。

私には不愉快極まりない限りです。

一体どういうつもりなのか?

もしトランプ大統領が再選されれば、自分たちの招待がバレ危ないという考えで保険のつもりですり寄っているか、もしくは俗にいうほめ殺しをやって結果トランプ大統領を貶めているか、きっと両方なのです。

トランプ大統領とは本来全く相いれない、真反対の勢力が安倍でんでん悪徳・犯罪一味なのですから。

改めて情報の信頼性が失われている現在、より国民の論議は分断され混迷を極めています。

このことは非常に怖いことです。

CNNなど既存メディアから批判・罵倒され続け、一方ネットでは評価され続けたトランプ大統領ですが、ここにきてツイッターやフェイスブックから拒絶され締め出されてしまいました。
表向きの理由は暴力をあおる危険人物ということらしいのですが、笑ってしまいます。

私には相当の焦りに感じます。そういえばバイデンサイドのペロシ米国下院議長が急遽トランプ大統領の弾劾を議会に提出しました。これも変な話です。このままいけばもうすぐバイデンが大統領になるのに、

なぜ今なのか?

狂ったトランプが核のボタンを押しかねないということらしいのですが、いったいどこを攻撃するというのか?
もうバイデンサイドのほうが狂っていると思われます。

トランプ大統領は戦争をしなかった唯一と言っていい大統領なのですよ。

さて20日はどうなるのか?
やっぱり目が離せません!
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 11:04| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

年が改まっただけで、まだめでたい気持ちになれない・・・

年が改まっただけで、まだめでたい気持ちになれない・・・


これまでは新年を迎えるにあたり、今年こそ、と抱負なり年頭の所信を日記に書いたりしていましたが、今年はどうもそんな気分になれません。

昨年シリーズで書いてきたアメリカ大統領選挙の結果が気になって仕方ないのです。
いよいよアメリカ時間で6日、日本では7日に一応決着が正式につく予定です。

選挙人による獲得数では圧倒的にバイデンが獲り、すんなりとそれを認めればトランプ大統領の再選はなくなります。しかし副大統領が不正選挙を認め、却下すればまだまだ確定しません。

年末から副大統領のペンス氏の動向が注目され続けています。

ケネディ暗殺のあと大統領に就任したジョンソン大統領と同じ役割を担う副大統領だし、とトランプを亡き者にして大統領にするべく送り込まれた支配者側の人間だから裏切るのは当然だ。
いやそんなことはない、最後にトランプにつく。
なぜなら当初は裏切ったその足で、7日以降予定していたイスラエルなどへの旅行をキャンセルしたし。。。
とかまだまだ予断を許しませんが、ネット上ではこの大統領選がどうなるのか今も話題沸騰中です。

しかし一般社会や大手メディアでは何をばかなことをネットではさわいでいるのだ、と非常に批判的な論調やそもそもすでに終わったものとして関心がないような状況です。

情報空間に信頼がなくなると同じ地球上でこんなにも違う世界が生まれてしまう、ある種驚きというより恐怖を感じます。

私としては何度も書いてきましたが、世界に戦争がなくなり、普通の生活が遅れる世の中になるにはトランプ大統領の再選しかないと考えています。

当初は不正選挙に対抗すべく戒厳令を発布し軍隊を投入して不正を暴く、という噂が広がっていました。

いよいよアメリカは内戦勃発か?とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg



しかしどうもそんな力ずくの戦略ではないことがだんだんわかってきました。

素人目に見たら、すこしイライラしていい加減さっさと決着をつければいいのに、とか、年末あたりからどうも敗色濃厚でもう手詰まりで一貫の終わりなのではないか?という不安が募りました。
まあ、あと少しで結論は出るのですが、どうもすっきりしないのが現状です。

ただ、ここまでのトランプ陣営の戦略のすごさは実感できます。

つまり、いかに支配者層が不正選挙を行ってきたか、徹底的にその証拠を見つけ、各州政府に告発してきました。
ここできちんとこの不正に向き合っている州および州の最高裁判事とそうでない者たちをあぶりだしました。

またこの不正選挙を隠し支配者側に加担する大手メディアの正体を暴露しました。
一連の選挙不正に加担しているグーグル、フェイスブック、ツイッター、マイクロソフトの実態もさらけ出されました。

そしていよいよアメリカ時間6日にはアメリカ議会の上院・下院の議員たちの正体が世界中にさらされるわけです。

ここまで見事に世界の権威、信用機関のいかがわしい実態、実像を見せつけた人物はこの世にいません。
トランプ氏は稀代の政治家でかつ戦略家として歴史に残る偉大な大統領だと思います。

トランプ大統領が再選されるなら本当にすごい戦略だと、つくづく感心するのですが、敵は極悪非道の獣ですから何をしてくるのかドキドキです。
しかし勝つ自信がないとここまで引っ張るのは難しいのではないかとも思うのです。

ネットの世界では支配者側の人間たちの恐るべき汚点であるペドフェリア行為による悪の絆の主催者、死んだとされるエプスタインが実は生きていて6日に議会で暴露するといわれています。
そうであれば決定的な悪徳・犯罪の証拠になりトランプ大統領の再選が決まり、バイデン以下クリントン、オバマなどペドがらみの政治家は刑務所行きです。

世界は騒然とします。

日本にも同様のことが言われてきました。まあチャイナハニートラップなんかかわいいもんです。
大手芸能プロダクションの高級保養所、四国の小島がエプスタイン島と同じだとの噂があります。
三浦春馬君はこのことを世に知らしめようとして消されたと噂されていますしね。

手品に欠かせないのがトランプです。
トランプ大統領は名前のごとくミラクルマジックを最後に見せてくれるのか?

あと二日、アメリカ、いえ世界はどうなるのか。。。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ





posted by ぷんぷん at 10:56| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

今年を一言でいえば、「怒髪天を衝く」に尽きる!

今年を一言でいえば、「怒髪天を衝く」に尽きる!


今年の漢字はやはり想像通り、新型コロナ関連のものが多かったようですね。最近テレビや新聞を読まなくなり、なんとなく大晦日に発表されると思い込んでいましたが、すでに発表されていました。

1位は「密」でした。

「密」は応募総数20万8025票のうち13%余りに当たる2万8401票を集め、2位の「禍」は6.56%にあたる1万3655票、3位は「病」で4.98%の1万369票だった、ということです。

4位以下もやはり新型コロナにまつわる漢字が目白押しで、今年は日本だけでなく世界中がこのウィルスに振り回され、今も続いていて、東京ではいつ1000人台になってもおかしくない勢いで感染者が増えていますね。

私個人としては

「怒」とか「忍」とか「変」かなあ・・・

とにかく3月後半から夏ごろまでは家に閉じこもりテレビのコロナ関連の情報ばかり見ている日々で、毎日マスクを求めて薬局に行っては毎度品物がなくやばい!と感じていました。
幸い私は花粉症なので昨年のマスクが50枚程度あったので、細々と殺菌や洗濯をしながらなんとか持たせて、店頭に並び始めてほっとしたのを記憶しています。

これに関してはアベノマスクには腹が立ったのを覚えています。
小学校の給食当番のマスクじゃあるまいし、しかも1枚当たり200円ですか、バカ高いうえに汚れや虫が混入したものもありました。いまだに真相はうやむやで中間搾取が濃厚で、しかも予算が400億円以上と本当に頭に来る、無能で悪党の安倍でんでん悪徳・犯罪一味の本性を見た思いです。

どこに「怒」をぶつければいいの?

IMG_0096.JPG


国民を無視した自民・公明与党の犯罪組織と何ら変わらない政権与党は立法を無視した独裁政治、そんな政権とともに忖度はなはだしい厄人たちの悪徳行政、そしてつい先日も安倍でんでんを不起訴にした検察含めた司法

もう確実に日本は三権分立含め民主主義が機能しない、いえ崩壊した無法国家に成り下がりました。
ですから私の一言はやはり「怒髪天を衝く」なのです。

そんな無法状態を推し進める安倍でんでん悪徳・犯罪一味のバック、アメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々に真っ向から対峙するトランプ大統領の再選の吉報を心待ちにしているのですが、現状は非常に厳しい状況です。

ネットによると1月6日にペンス副大統領の裏切りにより再選が立たれるといううわさがありす。

万事休すとなってしまうのか?
今年の年末年始は悩ましい日々が続きそうです。

いやな一年でしたが、唯一個人的にポジティブなことは3月下旬から続いている朝の散歩のおかげですこぶる体の調子がいいことです。

何とかトランプ大統領に再選を勝ち取ってもらい、世界が戦争のない、当たり前の生活が一日でも早く戻ってくれることを祈りながら新年を迎えたいと思います。

皆様もどうかよいお年を!
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 13:13| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする