2020年12月22日

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?12

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?12


アメリカ大統領選挙に関して、12月18日にクリス・ミラー国防長官代行が国防総省にバイデン政権引き継ぎ業務への協力停止を命令したそうです。

また、ジョン・ラドクリフ情報長官は「米国大統領選挙における外国勢力干渉の評価報告」を発表し、大統領令が戒厳令を宣言すると見られていていました。しかし、その報告書の最終期限は12月18日だったのですが延期になった、という情報と、すでに提出済みという情報があります。何がどうなっているのか?

現在は何かしら膠着状態のようで、その影響か、トランプ支持者の中でも付和雷同的な人たちの中にはくたびれて、少々飽きてきたような気配があります。

かくいう私も何度も期待させるような情報に今日こそは、いや今度こそと期待に胸弾ませてきましたが、結局待ちぼうけを食らって、このまま待ち人来たらず、となってしまうのかとちょっと不安と残念な気持ちでいます。

まあ、長年世界を自分たちの好きなようにコントロールし、悪行の限りを尽くしてきたアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々そして下々の連中にしてみれば、本当に自分たちの正体がばれてしまってはただではすまず、まずは最低でも資産没収と市中引き回しの上、獄門磔の類でしょうから、そりゃあ必死ですよね。

まあ、マスコミの垂れ流す情報を疑いもなく受け入れてきた人たちは全くこのような事態には関心はないわけですし、明日の食べ物や理不尽なお上の仕打ちを受けない限り興味を持つことはありません。ですからバイデンサイドはそれを当て込んで着々と大統領就任への段取りを既成事実化していますし、実際のところそれ以外の手はやつらにはありません。

最も実態がばれたら本格的に反撃に出て、暴力革命を起こすことさえ視野に入れている連中でしょうから始末が負えないのも事実です。

私も怖いのはそんな無法事態が当然日本にもやって来ることです。

そのための準備を安倍でんでん悪徳・犯罪一味は着々と進めてきましたからね。

法治国家とは名ばかりで検察も結局安倍を起訴しそうにありませんし、今の政権もGO TOキャンペーンでコロナを拡散し、経済はどん底で年を越せない人たちがどんどん増えてきています。

機転の利く人は軽犯罪を年末に起こし、刑務所で正月を迎える算段をしているのではないでしょうか?


こんな時代が来るとは夢にも思っていなかったなあ!とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg



どちらにしてそろそろトランプ大統領も決断して、具体的な行動に出ないと本気でトランプ大統領を応援してきた人以外はクリスマスだ、年末だと浮かれている間に勢いはトーンダウンしてしまいそうです。

トランプ大統領はとても厳しい段階にきているように思います。

このまま強力な似非マスコミ攻勢という世論に押し切られたら、彼はアメリカを混乱に陥れた犯罪者として裁かれ、世界は元の木阿弥どころか、ますます軍産・金融コングロマリットの支配者層に管理され奴隷のごとき社会がやってきます。

またたとえ世論を背景に選挙の不正証拠を突きつけ、それ以外の悪徳や犯罪の数々を世に示し支配者層の正体を暴露したとしても、逆に開き直って、暴力によって世界中を暗黒の世にする行動をとる可能性が十分考えられます。

そうなるとギャング映画どころではない悲惨な日常が生まれます。

簡単にいえば武闘派のヤクザが支配する、ということです。
正体がばれたのですから、見栄も外聞も気にせずしたい放題の無法地帯と化すわけです。

トランプ大統領の決断は事さように非常に重大でとても厳しいものです。

よほど一気呵成にアメリカ奥の院、そしてヨーロッパのお歴々、それに連なるCIAなどの諜報機関や各国の暴力装置を一網打尽にするしか手がないのです。


行くも地獄戻るも地獄、という言葉がありますが、今回はそんなものでは言い表せないほど困難な状況だと思います。

できればトランプ大統領は凡人には思いもつかない最高の妙手を持っていると願ってやみません。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 12:04| Comment(2) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?11

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?11


「人民の、人民による、人民のための政治」
リンカーン元大統領の有名な言葉です。

たぶんトランプ大統領はこの民主主義のありようを的確に表現したリンカーン元大統領の原点に戻る、そのためにはアメリカ合衆国の憲法を一番に考える、という意味でアメリカンファーストといったのだと思います。

前も書きましたが、決してアメリカ以外の他国と敵対するとか自国しか考えないという意味ではないように思うのです。

今日、各州の選挙人による大統領選出はバイデンで決定というニュースがありました。
しかしネットでは大統領選挙はまだ終わっていない、むしろこれからだという論調があふれています。

今回のアメリカ大統領選挙の一番重要なポイントは、大統領選挙が不正に行われており、その理由はこれまでアメリカのみならず、世界中を支配してきた軍産・金融のコングロマリット、つまりロックフェラーを中心としたアメリカ奥の院やロスチャイルドや英国王室などのヨーロッパのお歴々たちによる支配構造を明らかにし、この勢力を駆逐することが目的なのだと私は理解しています。

そのため彼ら支配階級の子分である世界中の大手マスコミの行ってきた、また現在も行っている彼らの都合に合わせた世論形成に警鐘を鳴らすとともに、いかに今回の選挙で不正があるにもかかわらずニュースに取り上げないメディアの実態、正体を暴いているのだと思います。この点は大成功に終わっていますし、アメリカ以外の欧米諸国や日本でもメディアの正体に気づいた人がネットでは驚きとともに意識改革を起こしています。

確かに現代の映像技術を使用すれば、戦闘シーンや暴動、最近では新型コロナにかかった患者の悲惨な症状やコロナで死んだとされる無数の死体やお墓などは簡単にねつ造できます。

彼らは役者を雇い、死んだふりや暴動を創作するのはお手の物です。

最後は食べるためには何でもやるのが人間さ!とぷんぷん

IMG_0096.JPG


実際、証拠もたくさん挙がっていて、同じ役者が違う場所や年月に登場している新聞記事やニュース映像がネットでは指摘されています。

ただ、いまだに既存メディアしか見ない人たちは全くいま世界が注目する今回の選挙の実態や真の意味を知りません。

たぶんトランプ大統領が再選したとき、そして大手メディアが降参して初めて知り、腰を抜かすことになるのでしょう。

ところで昨日の各州の選挙人によるバイデン候補の大統領決定のニュースの前、テキサス州(同様に20州が賛意を表明)の知事が最高裁に告訴した不正選挙については退けられました。

理由は「外国が干渉した不正選挙は戦争であり裁判所の管轄ではなく軍の管轄である」と表明したとのことです。

いよいよ内戦状態に突入の予感がします。

そして先日トランプ大統領の盟友であるプーチン大統領が国内放送で、今回のアメリカ大統領選挙に関して堂々と支配者層を罵倒し、戦う用意があると述べたということです。

ヨーロパでは再ロックダウンがまた始まりました。アメリカのいくつかの州でも検討されているようですが、これはもう支配者たちの仕業であると確信しています。

今回のブログの最初にいろいろ検討してきましたが、やはり軍産・金融コングロマリットが犯人であり、アメリカ大統領選挙戦略として仕掛けた彼らの暴挙だと思います。

バイデンを大統領にすべく、コロナを利用し郵送選挙、不在者投票で不正を行う、そして経済と社会を破壊しワクチンを利用して世界を奴隷管理社会にする。まるでSF小説のようです。

しかしそれを阻止しようと、数年かかるといわれるワクチンをトランプ大統領は急きょ用意して配り始めました。

???ですが、
ビルゲーツのチップ入りワクチンが市場に出る前に無害なもの、つまりワクチンではないコーラか水みたいなものを作ったのではないでしょうか?

どちらにしても下手な映画や小説よりもダイナミックでスリリングなことこの上ありません。

ただトランプ大統領が再選されなければ・・・
考えただけでも恐怖におののくしかないのですが・・・
皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 15:33| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?10

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?10


もうすぐトランプ大統領から緊急発表が世界に向けて行われるそうです。

内容は今回のアメリカ大統領選に関する不正の大元である、世界を牛耳る軍産・金融コングロマリット(私的にはアメリカ奥の院とヨーロパのお歴々)の正体をさらし、世界中にいるその悪徳・犯罪一味の仲間たちを逮捕するということのようです。

日本でもすでに米軍が東京中心に半径150q以内で準備が進められていて、極悪犯を中心に収監するグアンタモ基地への輸送体制も整いつつあるというのです。

いい年して何をそんな与太話をこいているかなあ、と昔の私なら一笑に付したと思います。

こと左様にネットの世界ではこのような話があふれています。

また、すでにオバマやクリントン、そしてブッシュら元大統領たちは逮捕されており、バイデン大統領候補も先日足を怪我したと特製ブーツをはいているが、逃げないようにGPS付きのブーツをはかされているという話もあります。つまりすでにトランプ大統領に泣きを入れ、死刑だけは見逃してくれと。

つい先日には日本のNHKや大手メディアの元締めと言われ、トランプ大統領をとことん敵視するCNN社長の社内会議の録音テープが、トランプ大統領から集まった支援者たちの前で披露されました。内容は何が何でもトランプを貶め大統領から引きずり下ろすというものだそうです。

これは内容もすごいのですが、日本でいうと現総理の菅をひたすら庇うNHKのトップが、枝野氏を総理大臣に絶対しないよう編成局に檄を飛ばしてる様子を音声とともに暴露するということであり、日本人の常識ではありえないことです

日本人の常識は世界の非常識?!とぷんぷん

IMG_0042.JPG



またトランプ大統領の弁護士であるシドニーパウエル氏が辞めたというニュースがありましたが、実際は軍事弁護士の資格を取りバイデン民主党の不成選挙は売国行為であり、国家反逆罪として軍法会議を視野に準備しているということが真相だとわかりました。
この辺りもCNNなど大手メディアの情報を鵜呑みにするととんでもなく一連の動きを見誤ることになります。

つい二日前にはトランプ大統領が
「もうすぐワクチンを配布できるようになる」というメッセージがありました。
普通に考えればコロナワクチンという風に考えますが、どうやら世界の支配層を逮捕する準備が整った、という隠語だというのです。


まだまだいっぱいこのような情報がありますが、普通の日本人からしますとありえないような話や映像がネットの世界ではどんどん流れてきています。

アポロの月面飛行は実はスタンリーキューブリックが撮影した映像だとか、911は仕掛けられたものだとか、ケネディ大統領暗殺はCIAが黒幕だとか、日本でも天皇は明治維新の際に山口県田布施にいた在日朝鮮人の大室寅之祐にすり替わったとか、etc


どこまでが本当なのか?

中には自分のツイッターやyou tubeのカウントを稼ぐためのガセネタや噂の域を出ないものもあり玉石混交なのは確かです。

もちろんネットの世界でも反トランプサイドの情報であふれかえっていますし、陰謀論だ、と片付けられてきたけど本当の情報もたくさんあります。

日本国内だけ見ても、明らかに安倍でんでん悪徳・犯罪一味が犯してきたモリカケ事件、桜事件や行政文書の偽造、ねつ造、その実態をきちんと報道しないメディア、そして検挙すべき政治屋を野放しにしてきた検察、さらには良識ある学者やオピニオンという連中がそろって擁護して来たことを勘案しますと、私は陰謀論や噂の中にも事実があると考えるようになりました。

しかし嘘も100回つけば真実になる、という格言もありますから注意が必要ですね。

前回書きましたが、いま大きな問題は、事実が分からない中何をもって判断すればいいのかがわからなくなってきたことです。

ただ一つ言えることはどちらサイドの主張が正しいのかは現場にいないとわからないものもありますが、

どちらのほうが一般国民を幸せにするのか?
という視点で考えると自ずとわかるのではないかと思うのですが、皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 12:21| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする