2020年12月01日

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?9

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?9


アメリカ大統領選挙は日増しに情報が錯綜し、リアルメディアだけ見ていたら皆目わからない状態が続いています。

興味のない人たちにはバイデンが大統領で、着々と次期ホワイトハウスの新主要メンバーが決まりはじめていて、すでに興味を失っている状態だと思われます。

しかしネット上では相変わらず世界の大手メディアの流すニュースと実際の選挙にまつわる情報が乖離、というのか全く逆であったりして両陣営のつばぜり合いが激しさを増しています。

ところで昨日でしたか、バイデン陣営つまりはアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々の太鼓持ちメディアCNNが、ついにトランプ大統領が再選される可能性を報じたと話題になっています。

どうもネズミが危機を感じ逃げ出し始めた兆候ではないかというのです。
まあ彼らも決して事実とか考え方の違いで論陣をはる無垢な連中ではなく、事態を知ったうえでフェイクニュースを垂れ流してきたわけですからそろそろ自分の身が危なくなってきたと焦りだしたのかもしれません。

私としてはいい兆候だとうれしいのですが、日本のメディアは全くこの切羽詰まった、大げさに言えばこの大統領選挙でアメリカ国内を二分する内戦状態であることを一切報道しません。何を考え日々ニュースに向き合っているのでしょうかねえ?
混乱して思考停止状態なのでしょうかね。
本当は今こそ本来のジャーナリズムを発揮すればとんでもないビックニュースてんこ盛りの状態なのです。

事実は小説よりも奇なりとぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


まあメディア凋落の象徴的な出来事は先日朝日新聞が300億弱の赤字に転落したというニュースですね。
私に言わせれば自業自得です。まっとうな記者も2割ぐらいはいるのでしょうが、単なる付和雷同のぶら下がりサラリーマンの記者もどきも6割ぐらいいるでしょうから、もうすでにジャーナリズムなんか捨て去って、単なる不動産屋にでもなるのがせいぜいなのです。
本来なら起死回生のビッグチャンスがアメリカ大統領選挙で進行しているのですよ!

もうどうしようもなく、本当に、トコトン馬鹿です。

また政治も変わり映えしませんね。
与党はアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々の使いぱっしりですから当然ですが、野党からもなんのコメントも出てこないとは一体全体どういうことなのか?激動の今、何らコミットメントしないとは怒りよりも悲しさ、やるせなさが募ります。
彼らの政治家としてのセンスはゼロですね。

もちろんいま安倍の桜や森かけ事件、菅の学術会議の任命事件やパーティスキャンダルなどもありますから、まずは国内からしっかりということだと思います。

しかし今回のアメリカ大統領選挙で大きく噴出してきた問題の一つがマスコミの報道なのです。
それは日本もまったく同様なのです。

野党が本当に政権を奪還し、国民の目を覚醒させるには、大統領就任時からトランプ大統領が指摘しているフェイクニュースの実態を日本国民に知らせればいいのです。

なぜフェイクを流すのか、なぜアメリカで起こっていることをニュースにしないのか、いま行われているアメリカ大統領選挙に関して、日本メディアの偏向の常態化を徹底的に暴露するチャンスなのです。

まあ、事なかれ主義にありがちな、もしくは勝つ馬に乗るつもりなのかトランプ大統領が再選される中で世界の大手メディアのインチキをばらして欲しいという他力本願なのでしょうかね。
それとも不正選挙などに自分たちも手を染めてしまい、後ろめたさがあるためでしょうかねえ。

ああ、本当に情けない!

アメリカでは今回の選挙は大掛かりな不正選挙であり、その一つのドミニオン社の票差し替えシステムはネットではずいぶん前からニュースになっていました。日本の選挙も同様のシステムがCIAから20年ほど前から挿入されています。

つい先日このドミニオンの票の差し替えを行うシステムの決定的な証拠を押さえるために、ドイツの施設に米軍の特殊部隊が潜入し、銃撃戦で米軍に5名、抵抗するCIAに1名犠牲者が出たということです。

米軍とCIAが銃撃戦を繰り広げ死人が出たのですよ!

この事件はどこのメディアでもトップニュースのはずなのに!
なぜNHKはじめ大手テレビ局は報じないのでしょうね?

はああ・・・出るはため息ばかりです。
まあこの実態がトランプ大統領のおかげで白日の下にさらされるだけでも、今回のアメリカ大統領選挙は歴史的なことでなのですがね。。。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 16:00| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?8

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?8


日本ではGO TOの見直しが先日の3連休中に発表され混乱を極めています。
まあ、コロナ感染者の増加にさすがの世論を無視できなくなったのか、もうむちゃくちゃな政権のせいでみな疲れ果てているのではないでしょうか。
GO TOが感染を拡散拡大させる事は子供でも分かることであり、何をいまさら!とあきれるばかりです。

ところで今回、だれが新型コロナを仕掛けたか?を検証してきましたが、当初は世界の支配構造の多極化を進めるトランプ大統領やプーチン大統領たちではないか、と仮説を立てました。しかしやはりアメリカ奥の院およびヨーロッパのお歴々といった軍産・金融の連中が犯人だと考えるようになりました。

今回のコロナはきゃつらの仕掛けた世界戦略であり、単なる風邪の一種だと思うようになりました。この件はまた改めて書いてみたいと思います。

さてアメリカ大統領選挙ですが、いまだにアメリカでは混乱を極めています。
相変わらず世界中の大手メディアはバイデン大統領で決着がつき、あとは着々と政権移行に伴う作業が進行中だと報じています。

一方ネットではバイデン民主党サイドの郵送による不正や投票機械ソフトの書き換え疑惑などを理由にトランプが逆転し必ず勝つ、という見方が優勢です。

最終的には色々面倒な段階を踏むようですが、法に基づいてトランプ大統領の再選で決着がつくだろうという意見が多々見られます。

しかし今回のアメリカ大統領選挙では、私が信頼していたメディアや経済学者の真逆の評価、また似非オピニオンたちのトランプ大統領への支持声明にとても驚いています。

猿も木から落ちる?とぷんぷん

IMG_0106.JPG


いつもは権力サイドへの批判で評価しているネットメディアのリテラですが、今回は私と真逆で、大手メディアや権力筋が流す情報を鵜のみにトランプ大統領を批判しているのです。左翼的な性向が強い編集姿勢だとは思っていましたが、やはり左翼のアメリカ民主党を支持しているのでしょうか、かなり残念で失望してしまいました。

また日ごろ私が批判して顔も見たくない安倍でんでん悪徳・犯罪一味をヨイショして来た百田、橋下などの似非オピニオンたちがトランプ大統領支持論を展開しており気味が悪いのです。私とはかなり正反対の考えの持ち主たちですから、きっと何か裏があるのではないかとつい思ってしまいます。

さらにショックだったのは適切な権力批判で敬愛する経済学者の植草さんがトランプ大統領ではなくバイデン候補の支持を表明したことでした。

まあ是々非々という言葉がありますから何とも言いようがありません。
もちろんいろいろな見方があるのは事実ですし、私の仮説や考えも間違っている可能性はありますからね。

しかし今回だけは

「弘法も筆の誤り」と私の見立てが正しいと思いたいのです。

その理由は唯一戦争をしなかったトランプ大統領に再選してもらい、これまで世界を牛耳り人間を不幸にしかしない軍産・金融の元締めアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々をこの世から排除してもらいたいと願っているからです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 14:37| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?7

トランプ大統領再選で世界は劇的に変わるのか?7


今回のアメリカ大統領選挙まだまだ予断を許さない状況です。
既にバイデン候補は世界中のメディアから勝利を報道され、各国首脳から祝電をもらい、すかさず大統領首席補佐官を指名しています。素早いですね。
そして多くのメディアの論調は、トランプは慣例にならい敗北宣言をすべきだ!と非難ごうごうです。

一方、世界のネット世論は真っ二つに割れています。

私は最初に書きましたようにトランプ大統領を支持しています。
戦争をしていない大統領、という一点で尊敬さえしていますからメディアの論調は全く信じていません。

またバイデン民主党が不正をしたのかどうかは未だ分かりませんが相当疑っています。
バイデンサイドのメディア戦略や人事、各国首相への働きかけなど、あまりにも急ぎすぎていますし、既成事実化を図っているとしかみえません。
特にトランプ大統領への敗北宣言の催促はズーズーシーというよりも焦りに見えてしまいます。

しかしこれら各国主要メディアしか触れない人たちはバイデンが次の大統領なのだと認識していることでしょうね。
もちろんわが国も例にもれず、安倍でんでん悪徳・犯罪一味の菅は祝電を速攻で送りましたし、NHK含め大手テレビ局などは、バイデン大統領就任後の日本とアメリカ、中国戦略などこれまでとどう変わるのか、といった気の早い内容の番組を垂れ流しています。

しかしアメリカでは民主党の不正選挙への国民からの多くの訴訟が各地の裁判所に提出されています。
それらの訴状が受理されていないものあるのですが、米国のメディアはさもトランプ大統領の訴訟が否定されたかのように報道しています。
本当はまだ正式な訴訟は起こされておらず、これから本格的になされるのに、酷い印象操作です。
相も変わらずメディアはひどい存在で、権力者の広告機関そのもので報道機関では全くありません。

偉そうに報道と名乗るな!とぷんぷん

IMG_0038.JPG


以前も書きましたが
「報道とは人の道に報いると読む」のです。

NHK含め大手メディアは報道機関との看板を下ろすべきで、国民を不幸のどん底に落とす犯罪機関といっても過言ではありません!

また共同通信もひどい配信をしていました。
玉石混交の掲示板ではありますが、阿修羅掲示板に藤繁という方の優れた指摘がありました。

「悪質なフェイク。共同ニュースはこんなことやってるのか
(共同ニュース)
バイデン氏がアリゾナ州で勝利 11/13(金) 13:33配信
【共同報道】米大統領選で、米主要メディアは12日、民主党のバイデン前副大統領が西部アリゾナ州で勝利を確実にしたと報じた。獲得選挙人はバイデン氏が290人、トランプ氏が217人となった。

(CNN原文)
Biden carries Arizona, flipping a longtime Republican stronghold
By Dan Merica, CNN
CNN projected on Thursday that President-elect Joe Biden will carry Arizona, defeating President Donald Trump
バイデンはアリゾナをとり、共和の牙城を奪還するだろう
CNNは木曜日ジョー・バイデン次期大統領はトランプ大統領を破りアリゾナ州を獲るだろうと予測した。

共同の「米主要メディア」とは有名な「CNN」のことだった。そのCNN原文の何処にも「勝利WIN」とも「確実にした」と言っていない。「勝利を予測projected」となっている。それをWINに変えて共同はフェイク報道した。犯罪的だ。
アリゾナはまだ勝利確定していない。事実を確認しない日本のメディアはっ死んでます。せめて「CNNによると」とあれば、読まずに済むものを。・・・」

このような大手メディア、通信社の偽造、ねつ造を多くの日本人は未だ知りません。
もしかすると興味もないのかもしれません。

経済学者、マーケティングの権威ドラッカーだったと思いますが

「メディが信用されなくなるのはまだいい、深刻なのは人々のコミュニケーションが成立しなくなることだ」と。

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 12:21| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする